キュナード、新ホリスティック・スパ・コンセプト『マレール ウェルネス&ビューティ』を発表

イギリスのラグジュアリー・クルーズ・ライン、キュナードは、新ホリスティック・スパ・コンセプト『マレール ウェルネス&ビューティ』を発表しました。
『マレール ウェルネス&ビューティ』は、キュナードとウェルネスの先駆者であるキャニオン・ランチが提携、共同で開発し、今月クイーン・エリザベスで新サービスを開始いたしました。ゲストはスパトリートメントの他、瞑想、ヨガなど様々なプログラムをお楽しみいただけます。
さらに今月下旬には、クイーン・ビクトリアにて、そして2020年11月にはクイーン・メリー2でサービスを開始いたします。
クイーン・エリザベス新設『マレール ウェルネス&ビューティ』
メディテーションルームのオーディオ機器とリラクシングシート

クイーン・エリザベス新設『マレール ウェルネス&ビューティ』
タラソテラピーの施術ルーム


“マレール“は、古ノルド語で、“海に輝く青い光”という意味を持ち、キュナードが目指す新たなウェルネスが、海からインスピレーションを得て、ゲストへ内面からの美しさを届けることを表しています。

『マレール ウェルネス&ビューティ』では、ブルー、グリーン、淡いサンゴカラーに色どられた空間が広がり、ゲストが海のパワーに浸れるような、静寂な時間が流れる贅沢なひと時をお過ごしいただけます。

クイーン・エリザベスの新設『マレール ウェルネス&ビューティ』の特長:
  • カップルで利用できるタラソテラピーの施術ルーム
  • オーディオ機器およびリラクシングシートを取り揃えたメディテーションルーム
  • リニューアルされた多目的フィットネスジムとスタジオ
  • 全トリートメントルームに音響セラピーを完備

キュナードとキャニオン・ランチが提携した『マレール ウェルネス&ビューティ』のスパでは、新しく充実したサービスを提供し、ミネラルに富む海水や海洋ベース経験を取り入れた新スパトリートメントメニューは、ゲストに癒しの時間をもたらします。

また、スパでは、自然環境に配慮し、自然の恵みを生かす、サステイナブルなものづくりを追及した最高級品を使用し、最高で贅沢なオーガニックトリートメントを提供しています。

スパの代表的なトリートメントメニュー、「オーシャン ディスカバリー」では、最大5つの施術を組み合わせることが出来るメニューと個別の30分トリートメントメニューからお選びいただけます。 「オーシャン ディスカバリー」は、海の恵みを生かした西アイルランドのブランドVOYAの製品を使用し、お客様を心身ともに健康な状態へと導きます。

スパ以外にも、客室TVでのストレッチや瞑想のビデオ放送、また船内のデイリーアクティビティプログラムでは、ウェルネスセミナー、デッキでのダンスやオープンエアーヨガなど、様々なウェルネス体験もご用意しています。

新しい『マレール ウェルネス&ビューティ』は、フランス ブレストで2週間の改装工事を終えたクイーン・エリザベスの新しい施設の1つとなりました。その他にもクイーン・エリザベスでは、パブリックエリアの多くも改装し、グリル・スイートとブリタニアの客室も新たなカーペットと温かみのある家具で揃えました。ロイヤル・コート・シアターでは音響の設備を最新機器に全面改修、パブリックルーム、バー、ラウンジも新しいカーペットに取り替えています。 また、デッキにも新たな家具が設置され、後方サンデッキもレイアウトを変更。ロイヤル・アーケードも改装し、新たなショッピング体験もお楽しみいただけます。

キュナード、マーケティング副社長のアンガス・ストラザーズは、次のように述べています。
「この度キュナードより、今までにない独自のスパ・コンセプト『マレール ウェルネス&ビューティ』をご紹介できることを大変嬉しく思います。心身共に健康であることは、人生の鍵であり、心身のリラックスは、どんな休日にも重要です。私たちは、船上でこのような贅沢なスパをゲストにご提供出来ることに興奮しています。」

2019年は、クイーン・エリザベスにとって重要な年です。1月3日、サウサンプトンから南アフリカのケープタウンを経由しオーストラリアへ出航、3月30日までオーストラリアをベースに運航します。その後、日本へ出航、横浜発着の日本周遊クルーズを2本運航します。5月5日には、太平洋を横断し、アラスカへ向かい、2019年6月30日までアラスカクルーズに就航。その後、クイーン・エリザベスは、パナマ運河を経由してサウサンプトンへ戻ります。
  • キュナード関連サイト:
日本語ホームページ: http://www.cunard.jp/
Instagram: http://www.instagram.com/cunardline
Facebook: http://www.facebook.com/cunard
Twitter: http://www.twitter.com/cunardline
  • キャニオン・ランチについて
1979年の設立以来、ホリスティックなウェルネスライフを提案し、ヘルスリゾートの先駆けとしてブランドを運営し、最も愛され続けてきたキャニオン・ランチ。約40年に渡り、ゲストに特別な体験を提供してきた同社は、これまで高級ホテルなどで100万人以上、豪華客船などで130万人以上、さらに機内で65万人以上のお客様にご利用いただいております。
キャニオン・ランチはツーソン、アリゾナ、レノックス、マサチューセッツにスパリゾートを持ち、その他にも、ラスベガスにある世界最大のデイスパ、【The Venetian® & The Palazzo®】を運営。また、キュナード・クルーズ・ライン、オーシャニアクルーズ、リージェント・セブンシーズ・クルーズ、セレブリティクルーズにて、22のスパ施設を運営しています。キャニオン・ランチはこれまで13回、Travel + Leisure's Best Spa Award を受賞。その他にも、Condé Nast Traveler Best Destination Spa Awardを11回、Town & CountryによるBest Luxury Spas in the World、‘Best Wellness Program’ by Virtuoso’s ‘Best of the Best 2017’も受賞をしている。
  • キュナードについて
キュナードは、いつまでも心に残る体験を提供することで知られている、イギリスのラグジ
ュアリー・クルーズ・ラインです。1840 年以来、北大西洋での客船運航において常にリー
ドし、2015年には記念すべき 175 周年を祝いました。約2世紀に渡り、大西洋航路のパイオニアであり続けるキュナードは、まさに世界的なクルーズラインです。

キュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテイメント、優れたサービスなどを
体験していただけます。5 ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーに
よる講演、ライブラリー、映画に至るまで、ゲストの皆さまにいつまでも心に残る体験をし
ていただけるよう、きめ細やかなサービスを提供しています。

キュナードは現在、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの 3 隻を保有し、ヨーロッパ、カリブ海、アジア、オーストラリア方面に就航しています。2017 年には、4 隻目の客船が 2022 年に就航することを発表しました。この投資により、キュナードはさらなる世界戦略を強化、2000 年以来の 4 隻同時就航を予定しています。
キュナードは、イギリス・サウサンプトンにあるカーニバル・ハウスに拠点を置き、1998 年よりカーニバル・コーポレーションの傘下に入っています。

本件に関するお問合わせ先
<報道関係者のお問い合わせ先>
キュナード・ライン ジャパンオフィス 広報業務代行
株式会社プラップ ジャパン 担当:福田・滝田・野村
TEL:03-4580-9103  E-mail:cunard_pr@prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社カーニバル・ジャパン
ホームページ
https://www.princesscruises.jp/
代表者
堀川 悟
資本金
4,400 万円
上場
未上場
所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1Daiwa銀座ビル6階
連絡先
03-3573-3610

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook