クライオSEM実践ワークショップを開催いたします。凍結から始まるクライオワークフローを是非ご体験ください。~ 顕微鏡の Leica Microsystems(ライカマイクロシステムズ) ~

  • ライカマイクロシステムズ 株式会社

クライオSEM法では、化学固定や脱水等の汎用的な試料作製法で失われてしまう可溶性物質なども保持したまま観察可能です。本ワークショップ/トレーニングは、凍結から始まるクライオSEM法の実践的な実習を行います。

ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:堀北 大介、東京都新宿区)は、非晶質凍結した生物組織・培養細胞、流体試料(エマルジョン、インク)などの含水試料を、未化学固定かつ水分等の流体を含んだまま観察する際に有用な、クライオSEM法の実践ワークショップを開催いたします。

今回は、兵庫県立大学大学院生命理学研究科の宮澤淳夫先生を講師にお招きし、ライカEM HPM 100を含む各種凍結装置や、ライカEM UC7 ウルトラミクロトーム、また、ライカCryo-Stage付き電子顕微鏡、高真空コーティング装置、トランスファーシステムを用いて、(1) 凍結 (2) 凍結割断/凍結切削/フリーズエッチング (3) クライオコーティング (4) クライオSEM観察 を、SEMのためのクライオトランスファーシステム(VCTシステム)でリンクさせた実践実習を行います。

電子顕微鏡の凍結技法に興味をお持ちの方、または生物系・材料系のお仕事で電子顕微鏡をお使いの方に特にお楽しみいただける実習内容です。

プレリミナリーな観察に限り、お持ち込み頂いた試料をご利用いただくことも可能です。ご希望の方は、その旨を添えてお申し込みください。

ワークショップ詳細・お申し込み
http://xlab.leica-microsystems.com/workshop/abis_em_003/

ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。

本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカマイクロシステムズ株式会社 マーケティング部
169-0075:東京都新宿区高田馬場1-29-9
TEL:03-6758-5680 FAX:03-5155-4336
E-mail:lmc@leica-microsystems.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ライカマイクロシステムズ 株式会社
ホームページ
http://www.leica-microsystems.co.jp
代表者
堀北 大介
上場
未上場
所在地
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
連絡先
03-6758-5680

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+