テクノロジー・IT

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社

日本TI、ロボットのための超音波式検出に関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「洗練されたロボットのための超音波式検出の利用」に関する新しい技術記事を公開しました。現在、人間が行っている作業の多くをロボットが行うようになる日は、遠い先のことではありません。私たちはすでに、ロボット掃除機に部屋の掃除をさせたり、ロボット芝刈...

玉川大学

教育施設では日本初!国内最大級 玉川大学・玉川学園 中高層純木造耐火建築の学生寮建設に着手!2022年竣功予定 -- 最新技術を実証実験し、低コストかつ安全な中高層純木造建築の普及に貢献 --

玉川大学・玉川学園(東京都町田市/理事長:小原芳明)は、同敷地内に9階建ての中高層純木造学生寮を建設するプロジェクトに着手しました。1~9階の構造体(柱・梁・筋交)は全て日本の伝統的な木造軸組工法※1です。教育施設では、日本初となる木造9階建て、木造としては国内最大級の学生寮となる見込みで...

OPPO Japan株式会社

OPPO、ゲーム体験を最適化する「ゲームカラープラス」と「デュアルWi-Fi」をChinaJoyで発表

【2019年8月2日、上海】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは上海で開催中のゲーム業界の展示会ChinaJoyにおいて、極めてリアルな拡張イメージング機能を提供する「ゲームカラープラス」と、ネットワーク速度を増幅する「デュアルWi-Fi」という...

千葉工業大学

千葉工業大学 夏休み特別イベント 惑星探査研究センター講演会【「はやぶさ2」最新情報!】を開催します

7月11日、小惑星「リュウグウ」へ2回目のタッチダウンに成功した小惑星探査機「はやぶさ2」。 千葉工業大学惑星探査研究センターは「はやぶさ2」のほぼ全ての科学観測機器に携わっています。 今、大注目の「はやぶさ2」最新情報を、「はやぶさ2」実物大模型を使って担当研究員がご紹介します! ...

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍に

Association of Certified Fraud ExaminersがSASとのパートナーシップにより実施した調査で、アドバンスド・アナリティクスと生体認証が不正対策プログラムの中心になることが明らかに
アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とAssociation of Certified Fraud Examiners(ACFE)が実施した多業種グローバル調査によると、不正検知と阻止に人工知能(AI)と機械学習を利用してい...

東京都市大学

【取材可】東京都市大学が8月24日に中・高校生による手作り電気自動車コンテスト「エコ1チャレンジカップ2019」を開催

東京都市大学(学長:三木千壽)は、8月24日(土)に「エコ1チャレンジカップ2019 ~中・高校生による手作り電気自動車コンテスト~」を東急自動車学校(東京都多摩市)で開催する。この大会は、中高生が自作した電気自動車に規定のバッテリーを搭載し、走行タイムを競うもので、今年は全20チームが参...

「U18 IT夢コンテスト2019」最終審査会結果発表

221応募作品のNo.1が決定! 明治大学付属明治高等学校が2年ぶり4度目の最優秀賞を受賞 神奈川工科大学が主催するIT夢コンテストは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテス...

株式会社寺岡精工

日本初(※1)!ペットボトル減容物をリサイクル材として意匠登録

廃プラスチック問題に対し、ペットボトルが適切に循環される社会の実現に貢献 減容されたペットボトルは「ゴミ」ではなく、価値ある「資源」  ※1 当社調べによる  ※2 「ボトルスカッシュ」は株式会社寺岡精工の商標または登録商標です  精密機械メーカーの株式会社寺岡精工(本社:東京...

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社

日本TI、カー・アクセス・システムであるPEPS技術に関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「カー・アクセス・システムの進化を切り拓くPEPS技術」に関する新しい技術記事を公開しました。他の用途で幅広く使用されている技術を設計エンジニアが活用することにより、カー・アクセスはさらに利便性の高いものとなっています。自動車業界は、車両のロッ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所