横浜市立大学のリリース一覧

「私たちが大好きなヨコハマ」の街並みを投影 -- 学生が学園祭でプロジェクションマッピングを企画

11月3日(金)~5日(日)に行われる学園祭「浜大祭」にて、キャンパス内では初となるプロジェクションマッピングを実施します。これは、浜大祭実行委員会の学生が主体となって実施しているもので、浜大祭のテーマ『「 」-space-』に込められた「さまざまな星が輝く宇宙のように、学園祭に出展する各...

江戸時代の古地図から読み解く ロシアの南下政策の発想と世界認識

横浜市立大学学術情報センターは、11月25日(土)に「『鎖国』時代に写された異国の世界」と題した市民講座を開催します。この講座では、文化4年(1807年)、漂流民の大黒屋光太夫らが、ロシアから持ち帰ったとされる「莫斯哥亜・魯斉亜地理図(モスクワ・ロシアチリズ)」を題材とした特別講演を行いま...

細胞固有の性質が遺伝する仕組みを解明~DNAメチル化酵素の正確な配置と活性化を制御する仕組み~~『Molecular Cell』に掲載(米国東時間10月19日正午付:日本時間10月20日午前1時付)~

横浜市立大学 大学院生命医科学研究科 構造生物学研究室 有田恭平准教授、石山 怜(博士前期課程)、東京大学医科学研究所 中西 真教授、西山敦哉講師らの研究グループは、DNAメチル化の維持に関与するDNAメチル化酵素DNMT1が、ユビキチン化されたヒストンH3を認識する機構を解明しました。 ...

データサイエンスシンポジウム~これからのデータサイエンスを考える~

10月28日(土)に一般社団法人データサイエンティスト協会と共催で「データサイエンスシンポジウム~これからのデータサイエンスを考える~」と題したシンポジウムを開催します。本シンポジウムでは、大学教育におけるデータサイエンス教育のいまと今後について、滋賀大学と本学の講演により、多面的な情報共...

合同クリーンキャンペーンを実施~地域貢献活動の普及を目指して~

横浜市立大学附属病院、日産自動車株式会社、東洋電機製造株式会社は、10 月17 日(火)、金沢区福浦地区の海に面した遊歩道周辺(横浜ヘリポート付近)にて、横浜市金沢区役所等と協力し、合同クリーンキャンペーンを実施します。本キャンペーンは、参加する企業や団体の交流を図りながら、「ごみのないき...

学生と企業が金沢産業団地の魅力発信 産官学連携の体験型イベントを開催 -- 横浜市立大学

10月14日(土)に横浜市金沢産業振興センターで開催される「PIA フェスタ」内において、横浜市立大学経営学コース芦澤美智子ゼミの学生および横浜金沢臨海部産業団地の企業が連携して、当エリアの魅力を発信する体験型イベント「Aozora Factory 2017」を開催する。本イベントは「作る...

南三陸町での被災地復興フィールドワークを通じて、学生が「超高齢化社会」におけるまちづくりを提案 -- 横浜市立大学

横浜市立大学の「地域まちづくり実習」では、東日本大震災後6年半を経過した宮城県南三陸町の現地調査と地域活性化に取り組む被災地復興フィールドワークを実施し、その成果を「超高齢化社会のまちづくり」に生かすことを目的に、10月6日(金)に成果発表会を開催する。  学生たちは、9月7日(木)~12...

神経再生促進物質LOTUSが脊髄損傷や視神経障害に効果~再生医療技術への臨床応用に期待~英科学誌『Scientific Reports』に掲載(英国9月21日10:00:日本時間9月21日午後6時付)~横浜市立大学

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 竹居光太郎教授と米国エール大学医学部神経学Strittmatter教授を主体とする研究グループは、中枢神経系の再生を阻む主要因に挙げられるNogo受容体-1(以後、NgR1)の機能を制御する神経回路形成因子LOTUSが、脊髄損傷や視神経障害の動物モデルにおい...

横浜市立大学 CRAY XC50 スーパーコンピュータを導入 -- 生命医科学研究をさらに推進

横浜市立大学 大学院 生命医科学研究科は、「CRAY XC50 スーパーコンピュータ」を新たに導入し、原子レベルでのタンパク質、核酸などの生体分子のシミュレーション等の大規模計算をさらに加速することで、創薬に関わる生命医科学研究を推進していく。 <導入により推進が期待される研究>  今回...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+