公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのリリース一覧

【プレスリリースのご案内】応募受付中 セーブ・ザ・チルドレン「ハロー!ベビーボックス」

妊娠22週目~出産前の方を対象に育児用品を提供(応募条件あり)
子ども支援の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、誕生時から「健康に、安心、安全な環境で育つ」といった子どもの権利を保障するため、経済的困難を抱える低所得世帯やその他さまざまな困難を抱える妊婦とそ...

気候変動と経済的不平等に関する子どもアンケート調査-国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

約4人に3人の子どもたちが、気候変動と経済的不平等の両方、もしくはどちらかが自分の周りや日本に影響を与えていると考えている
子ども支援専門の国際NGO公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区)は、気候変動と経済的不平等に関して子どもたちの声を聴くために、2022年7月に実施したインターネット調査「気候変動と経済的不平等に関する子どもアンケート調査」の結果を発表しました。...

子ども・ユースキャラバン 2022 in 松山市 開催決定ー国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

こども家庭庁発足に向け、子どもたちと政策決定者が意見交換する場を提供
子ども支援専門の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、2023年4月のこども家庭庁発足を視野に入れ、子どもからの意見表明の機会の提供として、子どもと政策決定者である国会議員や地方議員と子どもが意見交換するための「子...

第8回アフリカ開発会議(TICAD8)公式サイドイベント:「アフリカの角」の飢餓を考える-ソマリア飢饉から10年後の現実と解決への糸口

アフリカ東部「アフリカの角」地域のソマリアやエチオピア、ケニアでは、気候危機や紛争、新型コロナウイルス感染症、さらにウクライナでの紛争の影響によって極度の食料不足に陥り、48秒に1人の命が犠牲になっていると推定されています。約10年前の2011年、ソマリアでは飢饉により26万人以上が死亡し、そ...

企業団体との連携による子育て家庭への食支援 「子どもの食 応援ボックス」の提供について:国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

子ども支援専門の国際 NGO 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区)は、「ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム日本サステナビリティ・ローカル・グループ(以下、ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラムJSLG)」、「WRI(World Resou...

子ども・ユースキャラバン 2022 in 青森市、名古屋市開催ー国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

子ども支援専門の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、本部:東京都千代田区、以下セーブ・ザ・チルドレン)は、2023年4月のこども家庭庁発足を視野に入れ、子どもへの意見表明の機会の提供として、子どもと政策決定者が議論するための「子ども・ユースキャラバン」を青森県青森市...

国内外の子どもの権利に関する参院選政党アンケート  高校生向けに発表ー国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

参議院議員選挙(2022年6月22日公示、7月10日投開票)に向けて、セーブ・ザ・チルドレンは国内外の子どもの権利・政府開発援助(ODA)に関する各政党の意向や重点政策に関する政党アンケートを実施しました。 6月20日現在、自由民主党(自民)、立憲民主党(立憲)、公明党(公明)、日本共産党(...

損害保険ジャパンと共同で子どもの安心・安全・健康を守る取組みを開始~佐賀県で第一弾の放課後児童クラブ支援員向け研修を実施~

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:井田純一郎、以下「セーブ・ザ・チルドレン」)は、子どもの安心・安全・健康を守る取組みとして、損害保険ジャパン株式会社(取締役社長:白川 儀一、以下「損保ジャパン」)と協働で、「国内災害時の子ども支援者のレジリエンス強化及び子どものための心理...

【声明】G7首脳は、かつてない飢餓の危機への対応に今すぐ大規模な資金拠出を-国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

2022年6月26日から28日にかけてドイツのエルマウで開催されるG7サミットを前に、セーブ・ザ・チルドレンはG7首脳に対し、次の声明を発信します。 「世界は、21世紀最大の飢餓の危機に直面しています。この数十年で初めて、飢餓と栄養不良に陥る子どもたちが増加しました。数百万もの世帯が、子ども...

こども家庭庁紹介特設ページ公開と子どもアンケート実施ー国際NGOセーブ・ザ・チルドレン

2022年6月15日、子ども政策の総合調整・司令塔機能を担うこども家庭庁の設置法案が、あらゆる子ども施策の基盤となる基本理念を定めたこども基本法案とともに、参議院本会議にて可決されました。これにより、2023年4月を目指して、こども家庭庁の創設準備が進められることになります。 ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所