ヤマハ発動機株式会社のリリース一覧

【ニュースレター】子どもたちに「体験」を促す絵画コンテスト

国土交通大臣賞受賞の「海上保安船を見送るアジサシたち」 「自然体験」を促す絵画コンテスト  「いつもの年であれば、子どもたちが海や川に出かけて家族や友だちと一緒にできたはずの体験が、今年はあまりできなかったということでしょう。そこに残念な思いがあります」。10月下旬に開かれた「全国...

【ニュースレター】大切な人を自らの手で守りたい ♯防災ライダー

「FIST-AID」は、ライダーと防災の可能性を広げるプロジェクト 災害時に力を発揮するライダーたち  「機動力の高いオートバイは災害発生時に有効」という認識が広がったのは、1995年に発生した阪神・淡路大震災の時でした。この災害を機に発足した静岡市オフロードバイク隊では、毎年秋、...

ヤマハ発動機のクラフトマンシップ「ヤマハの手」を伝えるウェブサイト開設

ヤマハ発動機は、当社の製造・生産現場が内包する匠の技をまとめたウェブサイト「Yamaha Motor Craftsmanship ヤマハの手」を12月1日に公開しました。 お客様に最高の一台をお届けするために積み重ねられる、「ヤマハの手」の数々を紹介しています。たとえば、ロボット...

キャンプ漫画『ゆるキャン△』とヤマハ発動機のコラボグッズ第一弾がオンラインショップで発売!

ヤマハ発動機株式会社は、ほのぼのキャンプ漫画『ゆるキャン△』とのコラボグッズを、11月30日(月)よりヤマハ発動機オンラインショップ「コラボストア」にて販売開始します。 今回、コラボグッズ第一弾として、Tシャツ、クリーニングクロス、リップクリームを発売します。『ゆるキャン△』大好きな...

【ニュースレター】ヤマハラグビーの応援文化「大漁旗」展示中!

ヤマハラグビーの応援スタイルと言えば「大漁旗」 新シーズンは1月中旬に開幕  ジャパンラグビートップリーグの昨シーズンは、ワールドカップ2019での日本チーム躍進の追い風を受けて大勢のファンがスタンドを埋め、華やかな雰囲気の中で開幕しました。しかし、コロナウイルスの感染がひろが...

「AI Experience Virtual Conference」での基調講演について ~「劇的な変化の今、AIでビジネスの現場が加速する」と題したオンラインセミナーに協力~

 ヤマハ発動機株式会社は、12月9日(水)~12月10日(木)の2日間にかけてオンライン形式で開催される「AI Experience Virtual Conference」(主催:DataRobot Japan)において基調講演を行います。 当社からは2名が登壇予定 (画像提...

【ニュースレター】泥と笑顔が交錯する「エンデューロ」の魅力

近年、女性クラスを設ける大会も広がっている 自然の中でもがき、笑う  「マラソンを思い浮かべていただくとイメージしやすいかもしれませんね。優勝を目指すトップランナーもいれば、走ることをエンジョイする市民ランナーもいる。いずれにしても非常に懐が深く、また裾野も広い、いま最もアツいバイ...

【ニュースレター】レース応援の新しい文化を目指す草の根活動

YRFCメンバーのご家族と(後列中央が岡田さん) コロナ禍でスタートした新たな取り組み  11月1日、国内最高峰の二輪車レース、全日本ロードレースの最終戦が鈴鹿サーキットで開催され、わずか3か月間弱という短い2020年シーズンが終了しました。その異例のシーズンでJSB1000クラス...

ヤマハ発動機の二輪レース史を振り返る「2021ヤマハレーシングカレンダー」をオンラインショップで発売!

ヤマハ発動機株式会社は、歴代の二輪レースから感動のシーンを厳選した「2021ヤマハレーシングカレンダー」を、本日オープンの「ヤマハ発動機オンラインショップ」などで発売します。 1955年7月10日。当社にとって最初の二輪レースは、7月1日の創立日からわずか10日後のことでした。こ...

【ニュースレター】スポーツの力で実感する「共生社会」の姿

「手づくりボールでもいい。誰とでも、どこでもできるのがボッチャの魅力」と濱北さん 共生社会の実現にスポーツで貢献  「ボッチャはもともと重度の障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目の一つです。その一方、近年では子どもたちからお年寄りまで、また障がい者も健...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所