ギリアド・サイエンシズ株式会社のリリース一覧

ギリアド・サイエンシズ 抗HIV治療薬「ビクタルビ(R)配合錠」 (ビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩配合剤)を新発売

HIV-1感染症の成人患者において1日1回1錠の投与で高いウイルス抑制
ギリアド・サイエンシズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス、以下「ギリアド」)は、HIV-1感染症成人患者の治療に対する1日1回1錠投与の抗HIV治療薬「ビクタルビ®配合錠」(以下、ビクタルビ)(一般名:ビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビン・テノホビ...

ギリアド・サイエンシズ、 抗HIV-1薬ビクタルビ(R)配合錠(ビクテグラビルナトリウム・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩配合剤)の日本での製造販売承認を取得

第3相試験において、ビクタルビ(R)配合錠は48週間にわたり、高い有効性と他剤に影響する相互作用の低さ、耐性に対する高いバリアを示す
ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、本日、抗HIV-1薬である「ビクタルビ® 配合錠」(以下、「ビクタルビ」)(ビクテグラビル50 mg・エムトリシタビン200 mg・テノホビル アラフェナミド25 mg(B...

ギリアド・サイエンシズ C 型慢性肝炎ウイルス感染症の治療薬 「エプクルーサ(R)配合錠」(ソホスブビル/ベルパタスビル)を新発売

日本における非代償性肝硬変を伴うC型慢性肝炎ウイルス感染症の成人患者に対する最初の治療薬
ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、非代償性肝硬変を伴うC型肝炎ウイルス感染症の成人患者、および直接作用型抗ウイルス療法(DAA)の前治療歴を有する慢性肝炎又は代償性肝硬変を伴うC型肝炎ウイルス感染症の患者に対する1...

“自分”らしく笑顔で過ごす日常 写真・絵画コンテスト2018 グランプリに、写真:神田様(東京都)、絵画:平賀様(愛知県) 受賞決定

「肝炎」治療の道のりと想いを表した“ペイシェントアート”で B型/C型肝炎の治療と向き合い、写真と絵画で“自分”らしい笑顔の日常を表現
ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、肝炎ウイルスの啓発や、感染者への社会的支援の輪を広げることを目指して、近年写真・絵画コンテストを開催しています。第2回となる今回のテーマは、「“自分”らしく笑...

ギリアド・サイエンシズ 「エプクルーサ(R)配合錠」(ソホスブビル/ベルパタスビル)の日本での製造販売承認を取得

日本における非代償性肝硬変を伴う慢性C型肝炎ウイルス感染症の成人患者に対する最初の治療薬
ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、本日、非代償性肝硬変を伴うC型肝炎ウイルス感染症の成人患者、および直接作用型抗ウイルス療法(DAA)の前治療歴を有する慢性肝炎又は代償性肝硬変を伴うC型肝炎ウイルス感染症の患者に対...

ギリアド・サイエンシズ 抗HIV薬ビクテグラビル、エムトリシタビン およびテノホビル アラフェナミド配合剤の日本での承認申請を実施

併せてギリアドによる抗HIV薬6製品の情報提供活動を2019年1月より開始
ギリアド・サイエンシズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス、以下「ギリアド」)は、本日、HIV-1に感染した成人患者の治療に対する新規インテグラーゼ阻害剤(INSTI)ビクテグラビル(BIC)(50mg)とエムトリシタビン / テノホビル アラフェナミド(FTC ...

ギリアド・サイエンシズ、 アジア・レインボー・寄付プログラム 初年度の支援先を発表

アジア10市場の27組織を支援
ギリアド・サイエンシズ・インク(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダッ ク:GILD、以下「ギリアド社」)は本日、ギリアド・アジア・レインボー・寄付プログラムの初年度の支援先を発表しました。アジア10市場で活躍する27組織が、2019年に立ち上げるHIV/AIDS関連プロジェクトに...

ギリアド・サイエンシズ株式会社、 日本たばこ産業とのライセンス契約の終了に伴い 日本での抗HIV薬の商業化にむけた活動を開始

ギリアド・サイエンシズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス、以下「Gilead K.K.」)は、本日、本社であるギリアド・サイエンシズ・インク(以下「ギリアド社」と日本たばこ産業株式会社(以下「JT」)との独占的ライセンス契約の終了に伴い、日本で販売されている抗H...

2018年米国リウマチ学会議(ACR/ARHP)において、生物学的製剤の使用経験のある関節リウマチ患者におけるFILGOTINIBの第III相臨床試験のデータを発表

FINCH 2試験の結果より、関節リウマチの症状・徴候と健康関連QOLの 有意な改善を立証
ギリアド・サイエンシズ(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダッ ク:GILD、以下「ギリアド」)とガラパゴスNV(ユーロネクストおよびナスダ ッ ク:GLPG)は、本日、生物学的製剤が無効か不耐の中等度から重度の関節リウマチの成人患者を対象とした選択的JAK1阻害剤 filgoti...

乾癬性関節炎と強直性脊椎炎におけるfilgotinibの ポジティブな臨床試験結果をLancet誌に発表

乾癬性関節炎における有効性を示した第II相EQUATOR試験データは、2018年米国リウマチ学会議(ACR/ARHP)のPlenaryにおいても発表
ギリアド・サイエンシズ(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダッ ク:GILD、以下「ギリアド」)とガラパゴスNV(ユーロネクストおよびナスダッ ク:GLPG)は、本日、乾癬性関節炎と強直性脊椎炎の患者を対象とした現在開発中の選択的JAK1阻害剤 filgotinibの2件の臨床試験...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所