芸能人ブログへのブロガー意識、ステマや業界健全化のニュースに強く反応

  • 株式会社ブログウォッチャー

~Digital PR Platform ソーシャル調査  Vo.7~

デジタル時代の新たなPRを提供する総合プレスリリース配信サービス、Digital PR Platformでは、ソーシャルメディア上での口コミ動向調査を行っています。

今回のテーマは、「芸能人ブログとステマ/やらせ」です。
年明け早々に起きた、「食べログ」や「2ちゃんねる」周りをはじめとする「ステマ」騒動を受け、今月6日、各種メディアが広告業界周辺では健全化に乗り出す動きも出てきていると報じました。このことについて、ソーシャルメディア上ではどのように口コミされているのでしょうか。調査をまとめてみました。

<調査方法>
ソーシャルリスニングツールShooti※を利用し、「芸能人ブログ and ステマ/やらせ」に言及したブログを抽出・解析。
※月間のブログ総エントリ数3,000万を網羅する、ブログウォッチャー社の解析ツール。楽天ブログ、ライブドアブログ他、国内主要ブログプロバイダー約100社の記事をカバー。

<調査期間>
2011.11.19~2012.02.09(12週間分)

<調査結果>
1. 期間中、「芸能人ブログとステマ/やらせ」に言及したブログ数は706件
1月前半に盛り上がっていた件数は、1月中旬から2月頭にかけては週間で106件、89件、61件とやや収束傾向ににあったものの、2月6日にIT mediaが広告業界の動きを報道したタイミングでWeb上にニュースが広まり、調査最後の1週間で128件に急増しました。また報道があれば、再び盛り返す可能性があると考えられます。

2. 「芸能人ブログとステマ/やらせ」に言及したエントリの属性は、男性:68.83%、女性:31.16%
男女別では、男性のほうが多いという結果が出ました。年代別にみると、10代:7.91%、20代:50.28%、30代:33.90%、40代以上:7.91%と、20代が最多で半数強を占めており、次いで30代が多くなっています。ブログやマーケティングというテーマに親しみの強い層が興味を持っているようです。

<どのような言葉がよく使われている?記事内頻出語トップ10>
2月6日にIT mediaが報じた、広告業界の健全化に関する記事を引用・転載したブロガーが多く、それらの記事本文に登場するワードが上位を占めているようです。

1位 商品
2位 宣伝
3位 口コミ
4位 問題
5位 仕事
6位 テレビ
7位 好き
8位 消費者
8位 言葉
8位 健全化


<どのような言葉と共に語られている? 記事内頻出の組合わせ語トップ10>
論調では、「昔からあったことで、わざわざ騒ぐほどでない」「記事を読む側のリテラシー次第」といったものから、「ステマかどうかの判断基準が曖昧」「全部ステマに思えてしまう」などといったものまで、様々な観点から活発に議論されているようです。

1位 健全化-動いた
2位 商品-紹介した
3位 宣伝-気づかれなかった
4位 クチコミ-好意的だった
5位 消費者-気づかれなかった
6位 記事中-書いた
6位 炎上-恐れた
8位 直接-依頼した
8位 タレント事務所-推奨した
8位 ランク-分けた
8位 明示-推奨した
8位 掲載-炎上した


~Digital PR Platform ソーシャル調査とは~

Digital PR Platform ソーシャル調査は、株式会社 ブログウォッチャーの提供する様々な解析ツールを使い、リアルタイムで時事性の高い話題について、一定期間のソーシャルメディア上の動向を抽出・解析する調査です。

調査結果は、最新のソーシャルメディア動向情報として、宣伝・マーケティング・広報ご担当者をはじめとする様々な方面でご活用いただく情報源となることを目指し、順次公開していく予定です。

【この調査に関するお問合せ先】
Digital PR Platform インフォメーション係 e-mail: info@digitalpr.jp

■Digital PR Platform
http://digitalpr.jp/

■株式会社ブログウォッチャー
http://www.blogwatcher.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ブログウォッチャー
ホームページ
http://blogwatcher.co.jp
代表者
羽野 仁彦
資本金
5,000 万円
上場
未上場
所在地
〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-6 アネックスビル 5階
連絡先
03-3575-7731

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所