調査

北里大学

利己的DNA(トランスポゾン)を介したメス誘導性の性決定遺伝子の誕生! -- 北里大学

北里大学大学院理学研究科の 林舜 大学院生、伊藤道彦 准教授らの研究グループは、ツメガエル性決定遺伝子dm-Wが、dmrt1遺伝子と利己的DNA(トランスポゾン)とのキメラ遺伝子であることを発見しました。機能解析からトランスポゾンの非コード領域がコード配列に分子機能進化したことがわかり、性...

Herbalife Nutrition

ハーバライフ・ニュートリションによる調査結果:アジア・パシフィック地域の消費者の8割が気候変動の影響を実感しており、栄養に関する決定を行う際に環境サステナビリティを重視

気候変動対策のためにハーバライフ・ニュートリションの一致団結した行動を促す 「Asia Pacific Simply Recycle Challenge(アジア・パシフィック シンプリーリサイクル・チャレンジ」をスタート
香港 - Media OutReach - 2022年6月29日 - 業界トップのグローバルニュートリションカンパニーであるハーバライフ・ニュートリションは、本日、「アジア・パシフィック ニュートリション・サステナビリティ調査(Asia Pacific Nutrition Sustainabi...

日本イーライリリー株式会社

片頭痛患者さんと家族、医師対象の意識調査結果を発表 患者さん・家族が選ぶ“片頭痛とともに生きていくつらさ”のTOP3は完全一致 一方、痛みや日常生活への影響の程度理解には最大2割のギャップ

~片頭痛の正しい理解促進に向け、日本イーライリリーと第一三共が新たに疾患啓発キャンペーンを開始~ ♯片頭痛のあたりまえを変えていこう。 ♯片頭痛はみんなで向き合う病気です。
日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:シモーネ・トムセン、以下「日本イーライリリー」)と第一三共株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞鍋 淳、以下「第一三共」)は、片頭痛の正しい理解促進に向け、片頭痛患者さんと家族、医師を対象に実施した片頭痛に関する意識調査...

Coface

アジア企業支払い動向調査 2022: アジア企業は支払い遅延が短いにもかかわらず信用リスクは高まっている

東京,日本 - Media OutReach - 2022年6月29日 – コファスのアジア企業支払動向調査2022年が、2021年11月から2022年2月の間に実施され、改めてコロナ禍の状況下におけるアジア・パシフィック地域の約2,800の企業の支払動向と与信管理慣行のインサイト...

  • 12:50
デロイト トーマツ グループ

デロイト調査: LGBT+に関する取り組みは職場にポジティブな影響をもたらしているが、課題もまだ多い

・LGBT+の当事者を対象とした調査で、回答者の大多数がLGBT+に関する取り組みを職場が強化しており、ポジティブな影響を与えていると考えている ・10人中4人以上がインクルーシブでない言動を職場において経験している ・企業がLGBT+のインクルージョンをさらに進めるための施策を導入してい...

デロイト トーマツ グループ

デロイト トーマツ ウェルビーイング財団、子どもの教育分野におけるコレクティブ・インパクト実証実験を開始

KUMONとの協働を通じ、子どもの支援に携わるNPO法人との学習機会創出を目指す
デロイト トーマツ グループの一般財団法人デロイト トーマツ ウェルビーイング財団(東京都千代田区、代表理事:吉川玄徳、以下DTWB)は、人とひとの相互の信頼と共感に基づく「Well-being(ウェルビーイング)社会」の構築を目指すと共に、複数の団体による協働を最大化させる「...

アクサ損害保険株式会社

アクサダイレクト「第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査」

子どもを乗せた運転中に69.6%がヒヤリとする体験を経験 主な対策は「時間の余裕を持つ」「事前にトイレに行く」 夏場の車内熱中症リスクを37.7%が体験、バック時の死角によるヒヤリ体験45.1%
アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:佐伯美奈子、以下「アクサダイレクト」)は、子育て世帯ならではのリスクへの意識を高めることで、子どもと一緒のドライブにおける安全運転を支援することを目的に、0~12歳の子どもを乗せて月に2回以上運転する20~40代の全国のド...

成城大学

成城大学 「キャリア教育にデザイン思考を」

成城大学キャリアセンター×IDEO TOKYO 世界の見方を変えるデザイン思考ワークショップを実施   成城大学(東京都世田谷区 学長: 杉本 義行)は、キャリアセンターが展開する「就業力育成・認定プログラム」において、デザイン思考のワークショップ「DESIGN THINKING ...

酪農学園大学

[北海道大学、弘前大学、酪農学園大学]タマネギの糖質分解に関わる新規酵素遺伝子を同定 -- タマネギの生産性向上や機能性タマネギの育成への貢献に期待

北海道大学大学院農学院博士後期課程の奥聡史氏(研究当時、現所属:農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター)、同大大学院農学研究院の志村華子講師、酪農学園大学農食環境学群食と健康学類の上野敬司准教授、弘前大学農学生命科学部の前田智雄教授らによる研究グループは、タマネギで初めてとなる...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所