調査

東京工芸大学

東京工芸大学がウェブアクセシビリティ向上に向けた取り組みを開始 -- W3C勧告及び日本産業規格適合レベルAA対応を目指す --

東京工芸大学(学長:吉野弘章、所在地:東京都中野区、以下「同大」)は、創立100周年の取り組みとして、同大公式ウェブサイトにおけるウェブアクセシビリティ向上に向けた取り組みを開始した。 同大では心身の機能や利用する環境に関係なく、誰もが快適に利用できるサイト作りを率先して目指していく。 ...

株式会社 経営者JP

【経営者JPエグゼクティブに聞く”リファレンスチェック”の実態調査】

エグゼクティブの7割以上が“リファレンスチェック”に前向きと回答!日本で普及するための”解決すべき課題”も浮き彫りに
エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者JP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長・CEO 井上和幸)は、日ごろお付き合いのあるエグゼクティブ男女約2,000 名(有効回答数 115名)を対象に、リファレンスチェックについてどう思っているのか、リア...

近畿大学

室温で円偏光りん光を発する液体材料の開発に成功 ~次世代セキュリティインクへの応用に期待~

日本大学生産工学部応用分子化学科の池下 雅広助手、津野 孝教授と、近畿大学理工学部応用化学科の今井 喜胤准教授らの研究グループは、強い円偏光りん光(CPP: Circularly Polarized Phosphorescence)※1 を示す液状化白金錯体※2 の開発に成功しました。CP...

シエンプレ株式会社

2月の炎上分析データ公開!炎上件数、178件、1月から39件増加 (調査対象期間:2023年2月1日~2023年2月28日)

デジタル・クライシス総合研究所による最新の炎上事案分析
 シエンプレ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐々木 寿郎、以下、「シエンプレ」)は、ネット炎上や情報漏えいなどのデジタル上で発生したクライシス(危機や重大なトラブル)を研究する、日本初の研究機関、一般社団法人 デジタル・クライシス総合研究所(所長:佐々木 寿郎、住...

武田薬品工業株式会社

日本橋ニューロダイバーシティプロジェクト「職場における脳・神経の多様性に関する意識調査」の結果について

-オフィスワーカーの約5%は、発達障害に見られる特性を持つグレーゾーンに該当 -ニューロダイバーシティの認知度は、さまざまな多様性の中で最も低い -ニューロダイバーシティ人材も一緒に働く周りの人も発達障害の特性のために仕事に同程度支障を感じているが、その対応に対して異なる認識
武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)は、「日本橋ニューロダイバーシティプロジェクト」(以下「本プロジェクト」)の一環として、職場環境におけるニューロダイバーシティ※1の現状と課題を把握することを目的に、18歳から65歳の全国のオフィスワーカー2600人※2を対象とする調...

株式会社ワンノブアカインド

「マンションレビュー」2023年2月 全国主要エリア/47都道府県 中古マンション相場推移を発表

―価格上昇率全国トップは「群馬県」、首都圏では「千葉県」が引き続き好調―
      「不動産×WEB×ビッグデータ」の領域で、さまざまな不動産テックサービスを展開する株式会社ワンノブアカインド(本社:東京都港区、代表取締役社長:川島 直也、以下当社)は、当社が運営しているマンション情報サイト「マンションレビュー」の保有デ...

株式会社さとふる

【ふるさと納税に関するアンケート調査】ワンストップ特例制度の申請がオンラインで完結する「さとふるアプリdeワンストップ申請」99%以上の利用者が「リピートしたい」と回答

~ 9割以上の利用者が「使いやすかった」と回答し、約8割が6分以内に申請完了 ~
ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、20代以上9,343人を対象に、2022年9月26日にサービス提供を開始した「さとふるアプリdeワンストップ申請」に関するア...

近畿大学

下水処理水を液体肥料としてサツマイモの大量生産に成功 サツマイモによるバイオ燃料で化石燃料の代替をめざす

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)生物工学科教授 鈴木 高広、日本下水道事業団東海総合事務所(愛知県名古屋市)、株式会社ウォーターエージェンシー(静岡県浜松市)の研究グループは、下水処理水を液体肥料として利用し、サツマイモを大量生産する方法を開発しました。生物理工学部では、サツマイモ...

メディカル・データ・ビジョン株式会社

医師の働き方改革アンケート 勤務医の院外での労働・バイト把握は6割弱

 メディカル・データ・ビジョン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下 MDV)が、来年2024年4月から勤務医の時間外労働の上限が原則960時間となる、いわゆる「医師の働き方改革」がスタートするのを踏まえてアンケート調査をしたところ、4割強の病院が勤務医の院外での労働・アルバ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所