アバゴ・テクノロジー、100Gbps対応の小型TOSA/ROSAを発表

  • アバゴ・テクノロジー株式会社

CFP4トランシーバのフォーム・ファクタに対応する業界初の光エンジン

アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周) は、本日、100GbE-LR4に準拠したTOSA(トランスミット・オプティカル・サブアセンブリ)とROSA(レシーブ・オプティカル・サブアセンブリ)の新シリーズを発表しました。新製品であるTOSAの「AFCP-T4X25EL」とROSAの「AFCP-R4X25PL」は、いずれも最長10kmのファイバ・リンクでキャリア・グレードの伝送品質を実現する新たなCFP4光トランシーバのフォーム・ファクタで設計されています。これまでもアバゴは、次世代の高密度ルータ/スイッチ・アプリケーションを実現するためのものとして、モノリシック/ハイブリッドの光集積回路技術を利用した光コンポーネントのソリューションを提供してきました。その製品ラインアップが、新たなTOSA/ROSAデバイスによって拡充されたことになります。

AFCP-T4X25EL(TOSA)は、1つの光出力で1300nm帯のLAN-WDM方式における4波長に対応します。そのために、4個の高性能な28Gbps EML(電界吸収型変調レーザ)と、レーザ波長の多重化に使用する光合波器(マルチプレクサ)を内蔵しています。一方、AFCP-R4X25PL(ROSA)は、入力された4本のLAN-WDM波を分波するための光分波器(デマルチプレクサ)と、4個の高性能な28Gbps PIN光ディテクタ、4個のトランス・インピーダンス・アンプを備えています。


製品の特徴

・小型
 ・TOSA:フットプリント=23.7mm×6.0mm、高さ=6.7mm
・ROSA:フットプリント=24.0mm×5.9mm、高さ=5.6mm
・CFP4/CFP2トランシーバに最適な形状

・低消費電力
・TOSA(TEC消費電力):最大1.5W
・ROSA:最大0.5W

・OMA(光変調振幅)で見た出力パワーPoutはチャンネル当たり-1.3dBm以上
・OMAで見た受信感度はチャンネル当たり-8.6dBm以下
・IEEE 802.3ba 100GBASE-LR4(伝送距離10km)に準拠
・気密型/平面型のパッケージ。光インタフェース用のLCレセプタクルと電気インタフェース用の2個のFlexコネクタを備える


アバゴで光コンポーネント製品のマーケティング担当ディレクタを務めるステファン・ロクスは、「当社は、次世代ネットワークに向けて、システムの低消費電力化と高密度リンク用トランシーバの小型化を実現する高度な光コンポーネントのソリューション開発に取り組んできました。新たな光エンジンであるTOSA/ROSAデバイスは、そうした当社の取り組みをさらに強化するものです。いずれも、100GbE-LR4インタフェースとして業界で幅広く採用されている新たなCFP4光トランシーバに最適です」と述べています。

アバゴは、これらのTOSA/ROSAデバイスを、3月11日~13日に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される展示会『OFC 2014』に出展します。アバゴのブース番号は3160です。


価格と供給

AFCP-T4X25ELとAFCP-R4X25PLのサンプルはすでに提供されています。通常の量産出荷は2014年8月に開始する予定です。価格については、アバゴ・テクノロジーの正規販売代理店までお問い合わせください。

AFCP-T4X25ELとAFCP-R4X25PLの詳細については、以下の各ページをご覧ください。
http://www.avagotech.co.jp/pages/en/fiber_optics/optical_components/photonic_ic_components/afcpt4x25pl/
http://www.avagotech.co.jp/pages/en/fiber_optics/optical_components/photonic_ic_components/afcpr4x25el/

アバゴ・テクノロジー社
日本法人: アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周)
アバゴ・テクノロジーは、通信、産業、民生向けアナログ・インターフェース機器のグローバルリーディング・サプライヤです。当社の主力製品は、アナログ、ミクスドシグナル、オプトエレクトロニクスの部品やサブシステムなど多岐にわたっています。ターゲット市場は、インダストリアル / 自動車、情報通信 / エンタープライズ・ネットワーク、そして携帯電話/ワイヤレス・コミュニケーションの3 つの主要マーケットに、高機能そして高品質製品を提供しています。また、世界中に技術サポートおよびカスタマーサービス拠点を有し、お客様をサポートしています。アバゴ・テクノロジー技術革新の伝統は、50 年前のヒューレット・パッカードに遡り、そしてアジレントの時代から受け継がれてきたものです。詳しくは当社のウェブサイトwww.avagotech.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先
アバゴ・テクノロジー株式会社
株式会社中外 松田 尚
101-0041:東京都千代田区神田須田町2-5-2須田町佐志田ビル
TEL:03-3255-8411 FAX:03-3255-8412
E-mail:matsuda@chugai-ad.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アバゴ・テクノロジー株式会社
ホームページ
www.avagotech.co.jp
代表者
米山 周
資本金
28,500 万円
上場
海外市場
所在地
〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-7青葉台ヒルズ7階
連絡先
03-6407-2727

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook