《クリンスイ CP025》を1月22日(水)より新発売

  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ

使いやすさを追求、片手で給水できるポット型浄水器が登場 大容量ながら冷蔵庫のドアポケットに収納可能

 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁)のグループ会社で、浄水器、医療用水処理装置を販売する三菱レイヨン・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:島田勝彦 以下、当社)では、ポット型浄水器の新商品として、片手でも給水・注水がしやすい実用性と大容量ながら高い収納性を兼ね備えた《クリンスイ※1CP025》を1月22日(水)より全国で発売します。

 《クリンスイ CP025》は、水を多く使う料理シーンでの使用を想定し、蓋を外さず片手での給水を可能にするため、蓋にワンプッシュで簡単に開閉できる注水フラップを採用したポット型浄水器です。また水受け部を浄水器本体と一体化し余分なスペースを無くすことで、浄水容量も確保しつつ冷蔵庫のドアポケットで冷蔵できる、収納性の高い製品となっています。

 これまでの料理シーンでは、ポット型浄水器を使用する際、注水時に蓋を付け外しする手間や製品によっては蓋が外れて落ちてしまうといった声も聞かれていました。当社調べ※2によると、ポット型浄水器を料理時に使用する方が多く、また購入時のポイントとして「蓋が落ちないこと」を重視するという方が6割強いたことも踏まえ、片手で蓋を外さず注水・給水できるといったより使いやすさ・機能性を追求した製品の開発に至りました。春の新生活の時期には、料理を新しく始められる方も多いため、これからの季節にご活用いただけます。

 さらにクリンスイポット型浄水器最大の特長である、独自の中空糸膜技術により赤サビや雑菌など家庭用品品質表示法対象13物質の除去が可能で、業界トップクラス※3の浄水能力を持つ製品となっています。

 クリンスイでは、水を多量に使用する料理時に最適な容量が大きいポット型浄水器市場へ、新たに製品投入してバリエーションを追加することにより、料理をする機会の多い主婦層を中心に訴求して参ります。

※1 「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱レイヨン株式会社の登録商標です。
※2全国の20~69歳の生活者の方1030人を対象に実施した調査。
(調査実査期間:2013年12月4日~5日)
※3 2014年1月現在 家庭用品品質表示法に定められた13物質に限る。

■《クリンスイ CP025》製品特長
(1)片手でも給水がしやすい「注水フラップ」を蓋に採用
(2)大容量でも冷蔵庫のドアポケットに納まるスリムなシルエット
(3)中空糸膜を使用した、除菌フィルター(13+2物質除去)搭載
(4)注水時にフタが落ちにくい「スライドトップ」を採用
(5)どこでも握りやすい「ラウンドハンドル」を採用
(6)カートリッジ交換時期がひと目で分かる「カレンダーダイヤル」

■《クリンスイ CP025》製品概要
1.製品名、浄水部容量、希望小売価格
《クリンスイ CP025》浄水部容量:1.3リットル オープン価格
※共にカートリッジ1個付

・交換用カートリッジ
《ポットシリーズCPC5W-NW》(2個入) オープン価格
※取替え時期の目安は3ヶ月(1日2リットル使用の場合)

2.販売展開
<発売日> 2014年1月22日(水)
<販売ルート> 全国のスーパー、カメラ・家電量販店、ホームセンター、
        当社ホームページ(http://www.cleansui.com/shop/)など
<販売計画> 初年度7万台

浄水器/医療用具の販売を中心に高機能水処理技術・製品関連市場で事業を展開しています。1984年に世界初の中空糸膜使用の家庭用浄水器として発売以来、市場拡大を続ける「クリンスイ」を中心に、拡大・多様化する浄水器および高機能水処理技術・製品関連市場におけるグローバルブランドの地位を確立していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
未上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所