《クリンスイ 定期宅配水》、500ミリリットルサイズを8月上旬から新発売 持ち運びに便利な使い切りサイズをラインアップ、使用シーンが想起できるパッケージデザインを採用

  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ

浄水技術で製造した硬度ゼロ「超軟水」をボトリングした小型ペットボトル飲料水 

 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁)のグループ会社である、浄水器、医療用水処理装置の販売を行う三菱レイヨン・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:島田勝彦 以下、当社)では、当社の浄水技術を用いてミネラルや不純物を徹底除去したペットボトル飲料水の《クリンスイ※1 定期宅配水》(以下 定期宅配水)サービスより持ち運びに便利な、《クリンスイ超軟水 BTL2-5N 500ミリリットル》(以下 超軟水500ミリリットル)の宅配を、8月上旬より開始します。

 当社では、多様化する消費者の水に対するニーズに対応すべく、2013年2月より定期宅配水サービスにおいて2リットルサイズの販売を開始しました。本製品は、谷川山系の天然水に逆浸透膜(RO膜)を使用し、ミネラルや不純物を徹底的に取り除いた“硬度0(ゼロ)”の『超軟水』です。料理や幼児の調乳水・離乳食用、また口当たりがよく、飲みやすいため、日常の水分補給にもご活用いただけます。

 2リットルサイズの販売開始後、乳幼児との外出時や、スポーツ時の手軽な水分補給用として、多くの消費者から持ち運びに便利なサイズを求める声を受け、この度、超軟水500ミリリットルを製品化し、パッケージには、硬度0の「超軟水」という特長と使用シーンを一目見て想起いただけるよう、乳児(調乳)、ランニング(スポーツ)、調理シーン(料理)の3つのイラストをアイコン化しました。

 一般社団法人日本宅配水協会の調べ※2によると、定期宅配水市場は年々拡大をしており、2012年には前年比128.6%の成長を遂げています。この動きに呼応し、定期宅配水サービスに持ち運びしやすい500ミリリットルサイズを追加することで販売拡大を目指します。

 今後も当社では、「浄水器メーカー」から「あらゆる方法で消費者へ安心で美味しい飲料水を提供する水ソリューション企業」を目指して、利用目的に応じて浄水器の水と本製品を使い分けるという新たなライフスタイルの創出を推進していきます。

※1 「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱レイヨン株式会社の登録商標です。
※2日本市場の宅配水業界推定規模(一般社団法人日本宅配水協会調べ:2013年4月発表)

・《クリンスイ 定期宅配水》特長
(1)配送料無料でご自宅までお届け(沖縄・一部離島を除く)
(2)毎月定期配送、追加注文も可能(契約数は変更されない)
(3)かんたん決済(クレジットカード自動決済)
(4)群馬県谷川山系の天然水を逆浸透膜(RO膜)でろ過した“硬度0(ゼロ)”の『超軟水』
(5)乳幼児向けの調乳水・離乳食用に最適
(6)“硬度0(ゼロ)”で雑味がないため、出汁など素材本来の繊細な味が楽しめる

・《クリンスイ 定期宅配水》サービス概要
1.名称、内容量、販売価格
《クリンスイ 超軟水 BTL2-5N 500ミリリットル》
1ケース(500ミリリットルボトル×24本)2,400円(税込)より
※お申し込みは毎月1ケース以上から。1ケース追加ごとに2,400円(税込)が追加。
お支払方法はクレジットカード決済で、毎月該当料金を自動口座引き落とし。

2.販売展開
<サービス開始日> 2013年8月上旬
<販売ルート> 《クリンスイ 定期宅配水》ホームページ(http://nansui-water.com)からのお申し込み
<販売計画> 初年度50,000ケース



浄水器/医療用具の販売を中心に高機能水処理技術・製品関連市場で事業を展開しています。1984年に世界初の中空糸膜使用の家庭用浄水器として発売以来、市場拡大を続ける「クリンスイ」を中心に、拡大・多様化する浄水器および高機能水処理技術・製品関連市場におけるグローバルブランドの地位を確立していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
未上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所