JPRSの堀田博文が第69回ICANN会合の年次総会でICANNから表彰



株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、同社取締役副社長の堀田博文が2020年10月22日、第69回ICANN会合におけるセッション「ICANN 22nd Annual General Meeting」でICANNから表彰を受けたことを発表しました。

ICANN 22nd Annual General Meetingは、第69回ICANN会合の会期中に開催された年次総会です。本セッションでは、ICANNが形成するマルチステークホルダーモデルの発展に多大な貢献をしたコミュニティリーダー45名が表彰されました。

堀田は、ccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)[*1]におけるコミュニティリーダーの一人として表彰されました。JPRSは2004年にccNSOが設立された時からのメンバーであり、堀田は設立当初からccNSO評議委員会の委員として活動し、2020年第67回ICANN会合において評議委員を退任するまで、ccNSOの先駆的な活動に貢献してきました。その16年間にわたるccNSOへの貢献が称えられ、この度の表彰に至りました。

JPRSは、日本に割り当てられたccTLDである「.jp」の登録管理組織として、2004年のccNSO設立に向けた準備段階から、その活動に大きく貢献しています。ccTLDコミュニティにおいて、さまざまな場面でJPRSがその存在感を発揮し、先導してきたことは、これまでのJPRSの活動実績にも表れています。

例えばJPRSは、ccTLDの登録管理におけるccTLDレジストリの責任とICANNの責任、そして政府の役割を明確化するccTLDスポンサ契約を世界で2番目に結び、当時未整備であったICANNとccTLDレジストリとの正式な関係構築を他のccTLDに先駆けて実践してきました。

また、JPRSは、JPドメイン名サービスに国際化ドメイン名(IDN)をいち早く導入しました。IDNは、英数字(ASCII)以外の文字を含むドメイン名、また、そのようなドメイン名を使用可能にするための技術仕様です。更に、.jpは、2004年に世界で初めてIPv6に完全対応したTLDの一つとなり、JPRSは世界におけるインターネットのIPv6化の前進に大きく貢献しました。
このような先鋭的な取り組みから得られた教訓を他のccTLDレジストリに共有することで、JPRSは、ccTLDコミュニティはもちろん、インターネットコミュニティに対して大きく寄与してきており、堀田は、グローバルな舞台でその先頭に立ち、精力的に活動してきました。

表彰を受け、堀田は次のように述べています。「この表彰は、当社、日本そして世界の同胞と共に作り上げてきたインターネットへの貢献を、私が代表して受けさせていただいたものと思っています。これからも、貢献を続けていく所存です。」

JPRSは、今後もマルチステークホルダーのICANNのプロセスを支援し、将来のインターネットの健全な発展に寄与してまいります。

------------------------------------------------------------------------
■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
https://jprs.co.jp/
ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を中心としたサービスを行う会社。2000年12月26日設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

------------------------------------------------------------------------
■用語解説

*1. ccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)
ICANNの活動を支える支持組織の一つです。国や地域に割り当てられたccTLDの連合体として、ICANNの他の支持組織や委員会などと協調しながら、ccTLD全体にまたがるグローバルな課題についてccTLDコミュニティ間の合意を形成し、ICANN理事会に対してポリシーの勧告を行うという重要な役割を担っています。

------------------------------------------------------------------------
■参考URL

1. Recognizing ICANN Community Contributions in 2020 - ICANN
 https://www.icann.org/news/blog/recognizing-icann-community-contributions-in-2020

2. ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)
 https://www.icann.org/

3. ccNSO(Country Code Names Supporting Organisation)
 https://ccnso.icann.org/en

4. JPRSの堀田博文がICANN Root Server System Governance Working Group(GWG)のメンバーに選任
 https://jprs.co.jp/topics/2020/200127.html

5. JPRSの堀田博文がICANNから「the ICANN 2017 Multistakeholder Ethos Award」を受賞
 https://jprs.co.jp/press/2017/170627.html

------------------------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
TEL: 03-5215-8451 FAX: 03-5215-8452
E-mail: press@jprs.co.jp
https://jprs.co.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

------------------------------------------------------------------------

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社日本レジストリサービス
ホームページ
https://jprs.co.jp/
代表者
東田 幸樹
資本金
34,414 万円
上場
未上場
所在地
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13F
連絡先
03-5215-8451

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所