サラリーマンから農業経営者へ転身。 そんな人を、入学前の農業研修から支援する 農業経営者の養成機関があります!!

  • 一般社団法人アグリフューチャージャパン
  • 一般社団法人アグリフューチャージャパン
  • 一般社団法人アグリフューチャージャパン

「日本農業経営大学校」は、日本の農業の未来を切り拓く、農業経営者の養成機関としてこの春開校。その教育は、農業界、産業界、学界が全面的にバックアップ。農業経営にフォーカスを当てた農業版MBAです。
社会人経験を有する第1期生の松本幸子さんにお話を聞きました。

第1期生へのインタビュー
松本 幸子さん(27歳)は、福島県出身で、元証券会社に勤務していました。

・どのようにして日本農業経営大学校を知りましたか?
日本経済新聞に掲載された記事でした。農業経営者や地域リーダーを育成する大学校という発想がおもしろいな、と思いました。

・前職は何ですか?
証券会社に3年10ヶ月勤めました。実家は福島で農業を営んでいましたが、私自身、農業の経験はそれほどありませんでした。
日本農業経営大学校では、入学前に3ヶ月の農業研修(※1)が必要でしたが、早い時期の入試(※2)で合格をいただき、研修先探しでも、親身に相談にのっていただいたので、スムーズにこの4月から入学できました。
※1 自家が農業を営む者は3ヵ月以上、それ以外の者は原則6ヵ月以上の農業研修が必要。
※2 24年度は9月に第I期入試を実施。25年度は7月13日(土)に東京にて実施予定。

・将来の夢は?
会社員の頃は漠然と40歳を過ぎたら、実家に戻って農業を継ぎたいと考えていました。でも実家は、東日本大震災で被災してしまいました。
現在は、福島で農業を核とした自立したコミュニティを創れたら、と思っています。

・学校生活はいかがですか?
全寮制なので、みんなとても仲がいいですよ。年齢、経験、背景は様々ですが、同じ農業で志をもった、日本全国の友達と出会えました。
多彩な講師陣の授業を少人数で受けることができるのも、財産だと思います。

・これから応募される方へ
経歴や性別によらず、様々な人に来て欲しいですね。
「日本農業経営大学校」は、入学後はもちろん、入学前からいろいろバックアップしてくれるのが、心強いです。
この大学校での2年間は、あなたの農業の夢を実現するための、有力な選択肢だと思います



下記の日程で学校説明会を開催しております。
ぜひご参加下さい。


■学校説明会
平成25年5月22日(水) 15:30〜17:00
平成25年6月 1日(土) 13:30〜15:00 
平成25年6月12日(水) 15:30〜17:00 
※5月22日、6月12日は、授業見学ができます。

詳しくは下記URLでご確認下さい。
http://jaiam.afj.or.jp/news/exam/390/


■入学までの流れ
第I期入試    7月13日(土)
第I期合格発表  7月22日(月)
農業研修     3ヵ月~6ヵ月(必要な方のみ)
入学式      平成26年4月

※II期入試(平成25年10月~11月)・III期入試(平成26年2月)も予定しておりますが、
サラリーマンから農業経営者への転身をされる方は、最大で6ヶ月の農業研修が可能な7月入試をおすすめします。

詳しくは下記URLでご確認下さい。
http://jaiam.afj.or.jp/news/exam/440/
本件に関するお問合わせ先
日本農業経営大学校
一般社団法人 アグリフューチャージャパン
100-0006:東京都東京都千代田区有楽町 1丁目10 番1 号有楽町ビルヂング 10 階
TEL:03-3213-3253 FAX:03-3213-3251

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
一般社団法人アグリフューチャージャパン
ホームページ
http://www.afj.or.jp/
代表者
浦野 光人
上場
未上場
所在地
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング 10階
連絡先
03-3213-3252

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook