日商エレ、「デジタルレイバーアカデミー」開設~Blue PrismとABBYYのトレーニングでRPAエンジニアの育成・人材派遣~

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)は、企業におけるデジタルレイバー活用を推進するため、RPAやOCRのトレーニングを行う「デジタルレイバーアカデミー」を2019年1月18日に開設し、またエンジニアの派遣サービスを開始します。

日商エレは、BluePrism社の公認トレーニングパートナー(ATP)として、同社のRPA製品を利用するためのトレーニングコースを開発しました。実務経験を積んだ講師によるトレーニングとBluePrism社の公式デベロッパー試験の資格取得をサポートします。また、同時にABBYYジャパン株式会社が展開するOCR製品である「ABBYY® FlexiCapture」のトレーニングコースも開設します。

人手不足が深刻さを増す中、RPAをはじめとするデジタルレイバーへの期待が高まっていますが、関連するスキルを有した要員確保が困難なために、RPAやOCRがその真価を発揮できないケースが散見されます。このため、日商エレでは企業におけるデジタルレイバーの要員不足の解消を目的に実践的なトレーニングコースを用意しました。

「デジタルアカデミー」では、RPAエンジニアを目指す求職者も対象としています。受講者はトレーニング後、日商エレのグループ会社で人材派遣サービスを展開するエヌビーアイ株式会社(以下、NBI、許可No.:派13-306686)に登録していただき、デジタルレイバーの即戦力として各企業で活躍していただくことができます。


┃「デジタルレイバーアカデミー」概要
- 対象者: 企業におけるRPA担当者、RPAエンジニアとして働きたい求職者 ※未経験者受講可
- 内容 Blue Prism社のRPAツールの概要およびベストプラクティスの理解
     Blue Prism社の製品を利用したロボット開発
     Blue Prism社の公式デベロッパー認定資格の取得支援
- 価格 20万円(税別)~ ※求職者についてはNBIへの登録後返金
- 申込 https://www.nissho-ele.co.jp/solution/dlacademy/index.html


┃「デジタルレイバーアカデミー」のコース概要




発表にあたりABBYYジャパン株式会社よりコメントをいただいております。
ABBYYジャパン株式会社
この度日商エレが当社のAI-OCR製品である「ABBYY® FlexiCapture」のエントリ向け教育メニューをリリースされたことを歓迎いたします。
日商エレは、「ABBYY® FlexiCapture」の経験豊富な認定販売パートナーであり、OCRやRPAに代表されるデジタルレイバーコンサルティングの提案、導入支援能力を保持しています。
本教育サービスにより、OCRソリューション検討ならびに導入が容易になり、日本市場においてOCRの実践的な活用が広がるきっかけとなることを期待しています。


┃日商エレのデジタルレイバーサービスについて
日商エレは、RPAの先駆者であるBlue Prism社、AI-OCRのグローバル・リーディングカンパニーであるABBYYジャパン社とそれぞれ協業をしています。RPAとAI-OCRにより産み出されるソフトウエアのロボットを労働力(デジタルレイバー)として安全に戦力化させるサービスを提供します。
https://www.nissho-ele.co.jp/solution/digital_labor/index.html

*記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。
本件に関するお問合わせ先
[本アカデミーやサービスについて]
ビジネス・プラットフォーム部門
デジタライゼーション事業本部
デジタルレイバー推進室 青木
TEL: 03-6272-3022
E-mail: rpa-sales@nissho-ele.co.jp

[ニュースリリースについて]
コーポレート本部
経営企画部 広報担当 田中(知)
TEL: 03-6272-5014
E-mail: pr-info@nissho-ele.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日商エレクトロニクス株式会社
ホームページ
https://www.nissho-ele.co.jp/
代表者
岡村  昌一
資本金
1,433,687 万円
上場
未上場
所在地
〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5麹町三葉ビル

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+