ラグビーワールドカップ2019まで1年。日本ラグビーのレジェンドを振り返る 坂田 好弘 氏(東洋初のラグビー殿堂入りした“空飛ぶウイング”)インタビュー

笹川スポーツ財団 『スポーツ歴史の検証』第73回
オールブラックス入りを切望された“空飛ぶウイング”坂田 好弘氏が語る
「ニュージーランドを震撼させた大番狂わせの快挙」や指導者としての転機。
「やれ」から「自分たちでやろう!頑張ろう」へ、チームが劇的に変わった指導とは。

 「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進する笹川スポーツ財団(所在地:東京都港区赤坂 理事長:渡邉一利 以下:SSF)は、日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々にお話を伺い、スポーツの価値や意義を検証、あるべきスポーツの未来について考えるスペシャルサイト「スポーツ歴史の検証」を連載しております。

ラグビーワールドカップ2019を来年に控えた本年度は日本のラグビーを支えてきた人びとをテーマに、ラグビー元日本代表で「空飛ぶウイング・サカタ」として世界に名を轟かせ、2012年には東洋人で初となる国際ラグビー殿堂入りを果たした坂田好弘さんにご登場いただきます。


▲日本代表英仏遠征でイングランドU23代表と対戦

坂田さんには、高校入学とともにスタートした17年間の選手としての現役時代、36年間に及ぶ指導者時代、そして今後の日本のラグビーについてお話を伺いました。

インタビュアーには、産経新聞特別記者兼論説委員の佐野慎輔氏をお迎えし、意義深いお話を引き出していただきました。

詳細URL:http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/270/Default.aspx

 
▲カンタベリー大対全同志社大の試合後、カンタベリー大の選手に肩車される

 SSFでは、スポーツの価値や意義を検証し、あるべきスポーツの未来について考える機会として、鈴木大地氏、吉田沙保里氏、室伏広治氏など日本のスポーツの歴史を築かれてきた方々へのインタビュー記事『スポーツ歴史の検証』 を連載しています。
http://www.ssf.or.jp/history/tabid/811/Default.aspx


▲京都の自宅のミニラグビー博物館で思い出の品と


▲単身でニュージーランドに渡り、カンタベリー州代表としてプレー


▲ニュージーランドで「1969年度年間最優秀5選手」に選出される


▲IRB(国際ラグビーボード)の「ラグビー殿堂」に日本人初、世界で51人目に選出される

--------------------------------------------------------------------------------------------------
笹川スポーツ財団 スペシャルサイト『スポーツ歴史の検証』

第73回 『世界が認めた東洋一のレジェンド』

坂田 好弘 氏
スポーツ歴史の検証 で検索ください!)
 http://www.ssf.or.jp/ssf/tabid/813/pdid/270/Default.aspx

【主な内容】
始まりは合格発表の日の運命的な出合い
入部1週間での初試合初トライ
「イン・アンド・アウト」習得のカギとなった恩師の訓え
決勝での戦いに備えられた夏合宿
ニュージーランドを震撼させた大番狂わせの快挙
オールブラックス入りを切望された実力
就任5年目に訪れた指導者としての転機
最重要課題は子どものやる気に応える環境づくり
--------------------------------------------------------------------------------------------------

坂田好弘(さかた よしひろ)

1942年生まれ。高校からラグビーをはじめ、19歳で日本代表に初選出。1968年、日本代表として参加したニュージーランド遠征でオールブラックス・ジュニア相手に4トライをきめて大金星をあげる。引退後は大阪体育大学ラグビー部監督に就任。2012年、ラグビー殿堂入りを果たす。現在は関西ラグビーフットボール協会会長を務める。


インタビュアー 佐野 慎輔(さの しんすけ)

1954年生まれ。産業経済新聞社特別記者兼論説委員、SSF理事。スポーツ記者を30年以上経験し、日本オリンピックアカデミー理事、野球殿堂競技者表彰委員を務める。


<スポーツ歴史の検証>概要
【企画制作】公益財団法人 笹川スポーツ財団
【後 援】スポーツ庁、東京都、公益財団法人日本スポーツ協会、
 公益財団法人日本オリンピック委員会ほか
【特別協力】株式会社アシックス 
※本事業は『平成29年度スポーツ振興くじ助成』を受けて行われます。

【笹川スポーツ財団】
公益財団法人 笹川スポーツ財団は、「スポーツ・フォー・エブリワン」を推進するスポーツ分野専門のシンクタンクです。国、自治体のスポーツ政策に対する提言策定や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行い、「誰でも・どこでも・いつまでも」スポーツに親しむことができる社会づくりを目指しています。

■公益財団法人 笹川スポーツ財団について

名称  : 公益財団法人 笹川スポーツ財団
代表者 : 理事長 渡邉 一利
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階
設立  : 1991年3月
目的  : スポーツ・フォー・エブリワンの推進
事業内容: ・生涯スポーツ振興のための研究調査
      ・生涯スポーツ振興のための研究支援
      ・生涯スポーツ振興機関との連携事業
      ・生涯スポーツ振興のための広報活動
URL   : http://www.ssf.or.jp/

本件に関するお問合わせ先
笹川スポーツ財団 経営企画グループ:古坂(ふるさか)
TEL:03-6229-5300 info@ssf.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人 笹川スポーツ財団
ホームページ
http://www.ssf.or.jp/
代表者
渡邉 一利
上場
未上場
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル3階
連絡先
03-6229-5300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+