ローソン、マルチクラウドの活用でITインフラの最適化により運用管理コストを大幅削減 既存システムをマネージド・クラウドサービス「absonne」(アブソンヌ)へ移行



新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下NSSOL)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増 貞信、以下 ローソン)のEC系システムや情報系システムを中心とする既存システム群(「ローソンフレッシュ」、ローソンコーポレートサイト、社内ポータルシステム等)を、マネージド・クラウドサービス「absonne」(アブソンヌ)に移行しました。ローソンはAmazon Web Services(以下AWS)とabsonneのマルチクラウドの活用によりITインフラを最適化し、クラウド化の移行コストとITシステムの運用コストを大幅に削減しました。

ローソンはコンビニエンスストアの大手フランチャイザーとして、「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」を企業理念に全国約1万4000店舗を展開しています。店舗形態の多様化や新商品・新サービスの拡充に向けて情報システムの構築にはさらなるスピードアップが求められていました。そこで、2014年にシステムのインフラをクラウドに順次移行する方針を掲げました。新規開発するシステムについてはAWSでの構築・運用を開始した一方で、既存の業務システムをAWS上に移行するにはアプリケーションの改修や移行後のテストにコストと時間を要するため、国内3か所のデータセンターにオンプレミスで保有する既存システムのクラウド化は見送られていました。そのためデータセンターの維持や、ハードウェアの保守期限切れに伴うITインフラ更改の負荷等、既存システムの運用管理コストが大きな課題となっていました。

上記の課題を解決するために、既存システムと親和性が高いNSSOLのマネージド・クラウドサービス「absonne」を採用しました。absonneには豊富な移行実績があり、既存のアプリケーションをそのまま継続して利用できます。また、「L2ネットワーク延伸機能」により既存環境と同一のネットワークセグメントを持ち、IPアドレスの変更やネットワークの再設計を不要とすることで、スムーズなクラウド移行を実現します。2018年4月時点でEC系システムや情報系システムを中心に260OSをabsonneに移行し、安定稼働しています。これにより、クラウド移行とITインフラ更改の負荷を削減するとともに、一部データセンターの閉鎖を含め、運用管理コストを大幅に削減しました。今後もオンプレミスで所有しているシステムのabsonneへの移行を拡大し、AWSとabsonneを使い分けるマルチクラウド化を進める方針です。

NSSOLはこれからもお客様のITパートナーとして企業価値向上に貢献するべく、時代の変化に対応した最適なソリューションを提供して参ります。



【本記事に関するお問い合わせ先】
ITインフラソリューション事業本部 営業本部 営業企画部
TEL: 0120-42-1255 E-mail: iii-market@jp.nssol.nssmc.com

【報道関係お問い合わせ先】
総務部 広報・IR室 鹿島 TEL:03-5117-5532 E-mail:press@jp.nssol.nssmc.com


・NSSOL、NS Solutions、NS(ロゴ)、absonne、absonne Enterprise Cloud Serviceは、新日鉄住金ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、製鉄業で培った豊富な経験と高度なIT力を活かし、製造・消費財、流通・サービス、通信、金融、社会公共など幅広い業種向けに、お客さまの立場に立ったITソリューションを提供しています。
■売上高 : 2,324億円(連結)[2017年3月期]
■従業員数: 5,931名(連結) [2017年3月31日現在]

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ホームページ
http://www.nssol.nssmc.com/
代表者
謝敷 宗敬
資本金
1,295,276 万円
上場
東証1部
所在地
〒104-8280 東京都中央区新川2丁目20番15号
連絡先
03-5117-4111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+