サノフィ株式会社のリリース一覧

ムコ多糖症患者さんのご両親の日々の想いや気持ち、悩みを聞く定量・定性調査を実施

0歳で症状が現れている患者さんが31%と最多でありながら 確定診断までに平均1年以上の時間差* ムコ多糖症の診断に至るまでのアンメットニーズが浮き彫りに - ご両親の声を受け、医師に症状をまとめて提示できる“早期診断チェックリスト”を新たに公開 -
    サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩屋孝彦、以下「サノフィ」)は、希少疾患である「ムコ多糖症」の患者さんとご家族の、同疾患に関するこれまでの行動・心理について確認することを目的として、ムコ多糖症(I型もしくはII型)患者さんの母親または父親を対象に、アンケ...

サノフィとナビタイムジャパン 連携2年目、ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォーク「RDD Support Run & Walk Project 2020」実施

- 2月29日は「世界希少・難治性疾患の日(RDD)」、参加者全員のラン&ウォーク距離に応じた金額を難病患者団体の活動支援に -
    サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩屋孝彦、以下「サノフィ」)と株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西啓介、以下「ナビタイムジャパン」)は、本年2月29 日に開催される「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日、以...

糖尿病の専門医・先輩患者が“先生”として教育機関を訪問 糖尿病患児のよりよい学校環境づくりを支援する教職員向け訪問プログラム「KiDS Project」を実施中

2018年3月の始動から11回実施、参加者約480名の9割以上が高い満足度
公益社団法人 日本糖尿病協会(所在地:東京都千代田区、理事長:清野裕、以下「日本糖尿病協会」)とサノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)は、糖尿病患児を受け入れる学校でのよりよい環境づくりを目的として、糖尿病の専門医と、糖尿病の&ldq...

サノフィジェンザイムとナビタイムジャパン、ウォーキングアプリで全国各地から参加できるチャリティラン&ウォーク「RDD Support Run & Walk Project」を2月28日まで実施

2月28日は世界希少・難治性疾患の日、参加者全員のラン&ウォーク距離の合計2,280km達成で計200,000円を患者支援団体に寄付
    サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)のスペシャルティケア事業部門のサノフィジェンザイムは、本年2月28日に開催される「Rare Disease Day(世界希少・難治性疾患の日、以下「RDD」)」のサポートプロジェクト...

サノフィジェンザイム、ライソゾーム病※の患者さんおよびご家族向け 電話&メール問い合わせサービス 「てとての窓口」 開設

サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)は、サノフィのスペシャルティケアビジネスユニットのサノフィジェンザイムによる希少疾患の患者サポートプログラムの一環として、本年7月18日、希少疾患であるライソゾーム病(ファブリー病、ゴーシェ病、ポ...

日本糖尿病協会とサノフィ 糖尿病患児のよりよい学校環境作りを支援 教職員向け訪問プログラム「KiDS Project」本格始動

~教育現場における「子どもの糖尿病」に関する調査で疾患啓発のニーズが明らかに~ - 糖尿病患児に対して、「適切な対応が出来る」と回答した教職員は約7人に1人(15.3%) - 過去に「子どもの糖尿病」について学ぶ機会があったのは約5人に1人(21.3%)
公益社団法人 日本糖尿病協会(所在地:東京都千代田区、以下「日本糖尿病協会」)とサノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)は、糖尿病患児のよりよい学校環境作りの支援を目的とした、教職員向け訪問プログラム「KiDS Project」を本格始...

希少疾患「ポンペ病」の早期診断・治療を支援するコールセンター開設

~「国際ポンペ病の日」の4月15日オープン~
サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)は、4月15日の「国際ポンペ病の日」に合わせて、同日から5月12日まで、希少疾患「ポンペ病」の症状が疑われる方向けに診断や治療が可能な専門の医療機関を紹介するコールセンターを開設することをお知らせします。...

約7割の糖尿病患者は合併症、約5割は低血糖、約4割は血糖変動に不安感

- 糖尿病患者と医療従事者のインスリン治療に対する認識の相違に着目した「インスリン-ライフ・バランス調査2」実施 -
サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャック・ナトン、以下「サノフィ」)は、このたび「インスリン-ライフ・バランス調査2」を実施しました。本調査は、インスリン-ライフ・バランス(インスリン治療と日常生活の調和)の実現へ向けて医療ニーズを探る2回目のインターネット調査です。 ...

ランタスXR サポートプログラム 「らしく」を提供開始

~患者さん1人ひとりにあわせて選べる、これまでにない患者サポートプログラム~
サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ファブリス・バスキエラ、以下「サノフィ」)は、持効型溶解インスリンアナログ製剤「ランタス(R)XR注ソロスター(R)」(インスリン グラルギン[遺伝子組換え]注射剤、300U/mL、以下「ランタス(R)XR」)の発売に伴い、ランタス(R)X...

糖尿病患者の“治療と日常生活”に着目した「インスリン-ライフ・バランス調査」を実施

・インスリン使用者の約3分の1が直近3ヵ月以内に、“日中・夜間を問わず”低血糖を経験 ・低血糖への不安がQOLに悪影響、血糖改善と長期の安全性を両立した将来のインスリン治療に期待
サノフィ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ファブリス・バスキエラ)は、糖尿病患者707名を対象にインターネット調査を実施しました。本調査では、インスリン治療における低血糖リスクと血糖コントロールの2点に着目、患者さんの日常におけるインサイトを明らかにし、「インスリン-ライフ・バラン...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所