湘南工科大学のリリース一覧

湘南工科大学が2年目となる「マッチングワークショップ(MWS)」を実施 -- 大学での学修スタイルをつかみ、入学後のミスマッチを減らす

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)は、2018年から取り組んでいる「マッチングワークショップ(以下、MWS)」を今年も実施する。これは、同大への進学を考えている高校2・3年生と既卒生を対象としたもので、アクティブラーニングの体験を通じて大学4年間の学びと成長について具体的なイメージをつかんでも...

湘南工科大学の新学長に渡辺重佳教授が就任

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)では松本信雄前学長の退任に伴い、2019年4月1日付で渡辺重佳(わたなべ しげよし)教授が新学長に就任した。翌4月2日には学長所信表明として「近未来の方針:現在進行中の教育改革に継続して注力」「数十年後を向け:将来構想を企画立案」等を発表した。 ■渡辺...

湘南工科大学(総長理事長:糸山英太郎)で「学科横断型学修プログラム」を実施 -- ロボティクス、XRメディア、IoT、AIなど、注目の技術について複合的に学修する

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)で2018年度からスタートした「学科横断型学修プログラム」は、所属している学科の専門科目だけでなく、他学科の関連科目も横断的に学修することができるもの。「いま興味をもっていること」「今後、期待される技術分野」をキーワードに、広く深く学修することができ、1年次の...

湘南工科大学が学外の市民団体や施設などで「社会貢献活動」を展開 -- 豊かな人間性や発想力の涵養に注力

湘南工科大学(神奈川県藤沢市/総長・理事長:糸山英太郎)では、授業科目「社会貢献活動」を開講している。これは、「社会の中で貢献できる力」を身に付ける科目群「社会人基礎科目」に含まれ、学外のNPOや市民団体、施設などで50時間以上の実習を行うもの。学生らは実習を通して自分自身の可能性に気づき...

湘南工科大学が「産学交流フォーラム2018」を開催 -- 社会に貢献する技術と研究を紹介し、大学と企業の産学連携強化を目指す

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)は11月9日、第14回目となる産学交流フォーラム「湘南工科大学産学交流フォーラム2018」(主催:湘南工科大学、湘南工科大学産学交流推進協議会)を開催した。これは、産業・経済界を対象に同大の教員や大学院生の研究活動を展示や講演で紹介することにより、企業との連携...

湘南工科大学が株式会社熊谷組と協同でグループワークによるPBL型産学連携授業を実施 -- 学生は工学的技術への興味関心を拡げ、「学び方」のスキル修得を目指す

湘南工科大学(神奈川県藤沢市/総長・理事長:糸山英太郎)では、2年次の必修科目として「共通基盤ワークショップ2B」を開講している。これは、同大のカリキュラムの中心的な科目の1つで、学びに向き合う姿勢を固め、大学での学修をより有意義なものにするもの。このたび、同科目のテーマ「つながるプロジェ...

【湘南工科大学】「湘南ブレックファスト -- 0円朝食 -- 」、糸山英太郎育英基金の支援で提供開始から5年。利用者の授業出席率高く、GPA平均が大幅に上昇。

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)では「朝食をとれ そして学べ!」を合言葉として、2014年から同大の学生を対象に「湘南ブレックファスト―0円朝食―」を提供している。このたび同大の大学情報室(IR室)は、データを分析して朝食参加回数と成績(GPA)、出席率との相関係数を算出。その結果、一定の相...

湘南工科大学が10月に「平成30年度湘南工科大学市民公開講座~IoTで未来の社会を切り拓く~」を開催(全4回) -- 市民のリカレント教育を推進

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)は、10月6日~27日の毎週土曜日に「平成30年度湘南工科大学市民公開講座」を開催する。同大の市民公開講座は今年で30年を迎え、第50回となる今回は「IoTで未来の社会を切り拓く」をテーマとして開講。同大電気電子工学科の教員が、ワイヤレスセンサーや次世代携帯電...

湘南工科大学が、学力の3要素を多面的・総合的に評価する「マッチングワークショップ(MWS)」を導入 -- 入学後のミスマッチを減らす効果を期待

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)は、同大への進学を考えている高校2・3年生と既卒生を対象とした「マッチングワークショップ」(以下、MWS)を実施している。これは、同大での学修の基盤となるアクティブラーニングの体験を通じて、大学4年間の学びと成長についての具体的なイメージをつかみ、進学の意思を...

湘南工科大学の長澤可也教授らが開発した「VR永福寺(ようふくじ)」が9月15日から鎌倉歴史文化交流館で常設公開 -- 鎌倉市との協働事業

湘南工科大学(神奈川県藤沢市)コンピュータ応用学科の長澤可也(かや)教授の研究室が開発した「VR永福寺(ようふくじ)」が、このたび鎌倉歴史文化交流館(神奈川県鎌倉市)で常設公開されることとなった。これは、VRヘッドマウントディスプレイを利用した3DCG映像で源頼朝が建てた永福寺の幻の大伽藍...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所