追手門学院大学がカナダのラヴァル大学と包括連携協定を締結 -- 文理融合の心理学部人工知能・認知科学専攻で共同研究を加速



追手門学院大学(略称:追大、大阪府茨木市、学長:真銅正宏)は12月23日、ラヴァル大学(カナダ・ケベック州、学長:ソフィー・ダムール)と包括連携協定を締結した。追大は2021年、人の知能メカニズムと人工知能(AI)をつなぐ新たな理工系分野として心理学部心理学科に人工知能・認知科学専攻を開設しており、今回の協定はさらなる教育・研究の高度化を目指して締結するもの。AI認知科学や神経・人間工学、心理学などの分野において、共同研究や教員・学生の交流などを進めていく。




【ポイント】
○人工知能・認知科学専攻を中心に教育研究の高度化を目指しラヴァル大学と包括連携協定
○AI認知科学や神経・人間工学、心理学の分野で、共同研究や教員・学生の交流などを推進
○メタバースと実世界をつなぐヒューマンインターフェースの研究・開発を推進

 カナダ・ケベック州にあるラヴァル大学は、1663年に創設された神学校を源流とするカナダ最古の総合大学。理工学部や社会科学、医学部など17の学部で約47,000人以上の学生が学んでおり、近年では、IoTやロボットなどの最新技術を活用した人間工学や都市工学などの研究や社会実験を積極的に推進している。

 今回の包括協定では、ラヴァル大学の研究と追大のAI認知科学やスポーツ科学などの研究との融合により、新たな価値創出を目指す。
 最初の共同研究テーマとしては、メタバース上であたかも実世界にいるかのように「見たり、聞いたり、動いたり、触って感じる」ことを可能にするヒューマンインターフェースの研究・開発を、ラヴァル大学が進める「遠隔介護」や「遠隔リハビリ」の分野を候補に進めていく。
 また、ケベック州政府が日本の産業界と進める国際共同研究の推進施策の一環で、研究成果の社会実装に向けた州政府からの支援も予定されている。

 11月9日には、ラヴァル大学とケベック州政府在日事務所の職員らが追大を訪問。包括協定締結後の取り組みの検討と視察を行った。

【連携事項】
(1)教員の交流
(2)学生の交換や派遣
(3)共同研究活動
(4)セミナーへの参加
(5)教育学的および科学的文書の交換
(6)共同トレーニングプログラム
(7)共同出版


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:koho@otemon.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
追手門学院大学
ホームページ
https://www.otemon.ac.jp/
代表者
真銅 正宏
上場
非上場
所在地
〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15