シリコンバレー銀行の破綻は市場と経済にとって何を意味するのか

カリフォルニアのハイテクスタートアップ企業の間で人気があった銀行の破綻は、市場の信頼を揺るがしています。当レポートにおいて市場の懸念点についてシュローダーの見解を述べます。

エマ・スティーブンソン
株式担当インベストメント・ライター

シリコンバレー銀行(SVB)は3月10日(金)に破綻しました。市場は大混乱に陥り、銀行セクターは危機感を募らせ、特に米国の地方銀行の株価は大きく下落しました。


何が起こったのか
カリフォルニアに本社を置くこの銀行の顧客層はテクノロジー系のスタートアップ企業に偏っており、2020年と2021年に資金が潤沢になったことを背景に、多額の資金を預けていました。
SVBはこれらの預金の大部分をトレジャリーノートやその他の準国債に投資していました。米国連邦準備制度理事会(FRB)が金利を大幅に引き上げたため、これらの証券の価値は下落し、同時に、金利の上昇によってスタートアップ企業への資金供給が滞り始め、これらの企業がSVBから預金を引き揚げるようになりました。
SVBは比較的小規模な地方銀行であったため、システム上重要な大きな銀行に比べて資本や流動性の基準が緩やかでした。また、金利上昇のリスクを管理するためのヘッジも行っていませんでした。
顧客の資金需要に応えるため、SVBは3月8日に210億ドルの証券を売却し、18億ドルの損失を被りました。このニュースは急速に広まり、他の顧客もSVBから預金を引き出そうとしたため、銀行への駆け込みが起こりました。
米国財務省とFRBは3月12日、連邦預金保険公社がSVBの預金者、および問題を抱えたシグネチャー銀行の預金者を保護するために緊急で資金を提供することを発表しました。英国では、財務省がSVBの英国部門をHSBCに1ポンドで売却することを発表しました。
当局によるこの迅速な措置は、預金者が損をすることがないことを意味します。しかし、銀行部門の健全性、スタートアップ企業への影響、米国の金利の動向など、より広範な問題を提起しています。


なぜ、SVBの破綻リスクはもっと早く見抜かれなかったのか
2018年に成立した法律で、米国の中小規模の銀行に対する規制が緩和されており、規制の監視を強化していれば、危機になる前にリスクの一部を食い止めることができた可能性があります。
また、SVBの急成長も一因となりました。
金融セクターのアナリストであるアンドレ・ライヘルは、次のように述べています。「SVBの経営陣や規制当局が、なぜSVBの潜在的なリスクを見抜けなかったのか、当然ながら疑問があります。」
「その答えのひとつは、SVBの急成長です。3年前、SVBは比較的小さな銀行でした。しかし、新型コロナウイルスのパンデミック時にハイテク企業やベンチャーキャピタルに資金が流れ込んだ結果、バランスシートはあっという間に3倍になりました。しかし、経営陣の考え方は、銀行が短期間でまったく異なる、はるかに大きなビジネスになったという事実に追いついていなかったのです。」


危機は収束したのか
米国の中小規模の銀行に対する規制当局の監視が不十分であることから、他の銀行もSVBと同様の問題に直面する可能性があると懸念されています。
シュローダー米国の債券プロダクトマネジメントチーム・ヘッドであるデビッド・ナットソンは、次のように述べています。「他の米国の銀行がリスクを抱えているのかどうかという疑問は残ります。預金残高が集中している小規模なコミュニティ・バンクは脆弱かもしれません。」
「私たちは、FRBによる債券買い入れプログラムの縮小といった量的引き締めと金利の急上昇が、システムを通じて預金の流れに与える影響を注視しています。米国の大手銀行の流動性については非常に安心感があると評価しています。特に信用供与の可用性と需要という観点から、状況を監視し続けています。」
米国当局が導入したファシリティは、銀行システムを補強するとともに、SVBの預金者を保護するためのものです。
アンドレ・ライヘルは次のように述べています。「危機が去ったかどうかを判断するのは早計です。一部の銀行はまだ脆弱かもしれませんが、重要なのは、現在、緊急対策が取られていることです。たとえ別の小さな銀行が破綻しても、より広いシステムが保護されるのです。」
「今後予想されるのは、同様の事態が発生するリスクを軽減するために、一部の中小規模の銀行がビジネスモデルを再編成することです。」


欧州やアジアの銀行への影響について
SVBの破綻のニュースは、欧州の取引時間に間に合わない金曜日の深夜に報じられました。欧州の銀行株は、3月13日に市場が再開された時点で急落しています。
欧州の銀行アナリストのジャスティン・ビセカーは次のように述べています。「週末に事態が収束した後、月曜日に欧州の銀行の株価が下落したことは、市場の緊張の度合いを物語っています。」
「米国の規制強化が必要なのは事実で、銀行の利益や株主還元に影響を与える可能性があります。しかし、それは米国の地方銀行や中小規模の銀行の問題であり、欧州の問題ではありません。欧州や英国の銀行は、世界金融危機以前よりもはるかに厳しい規制を現在受けています。」
「英国の規制を緩和しようという声は、もう出てこないはずですが、そもそも、イングランド銀行も銀行自体も、そのようなことを求めてはいませんでした。」
アジアの銀行にとっても、規制やビジネスモデルの違いから、直接的な影響は小さいとみています。
アジアの金融セクターのクレジットアナリストであるユスティナ・クエックは次のように述べています。「アジアの銀行は規制が厳しく、流動性や資金調達の要件も厳しくなっています。また、アジアの銀行はかなり伝統的なビジネスモデルで、貸出残高が投資残高よりもはるかに多く、その一部はすでに資本に反映されていました。その結果、高金利環境による純利息収入の増加は、投資の時価評価損を吸収する以上の効果が期待できます。」
「また、アジアの銀行の貸出は分散されている傾向があります。ハイテク分野のスタートアップ企業やベンチャーキャピタルが預金を引き出すという動きは、これらの銀行には関係ないことであるとみています。」


投資家は預金の集中にもっと注意を払うべきか
SVB自体は米国で16番目に大きい銀行に過ぎませんが、テクノロジー系スタートアップ企業にとっては最も重要な貸し手でした。
Schroders Capitalの最高投資責任者であるニルス・ロードは、次のように述べています。「この銀行は、全体から見れば小さな銀行でしたが、シリコンバレーや米国のベンチャーキャピタル業界にとっては、大きな銀行でした。」
「この銀行とベンチャーキャピタル業界のつながりは非常に強く、スタートアップ企業の50%以上がこの銀行と取引していました。この問題は、明らかに多くの人の目に留まりませんでしたが、これからはそうなるでしょう。」
ハイテク分野のスタートアップ企業やアーリーステージ企業は、米国経済にとって将来の重要な成長ドライバーです。もしこれらの企業が預金にアクセスできなければ、倒産する危険性がありました。
ニルス・ロードはまた、次のようにも述べています。「もし、このような事態が迅速に解決されていなければ、多くのスタートアップ企業が閉鎖されていた可能性があります。多くの従業員が職を失っていたでしょう。そして、そのようなシナリオは、企業の評価や資金調達にも影響を与えたことでしょう。」
当局の迅速な対応は、SVBの英国のクライアントにとっても良いニュースでした。
ジャスティン・ビセカーは次のように述べています。「HSBCから見れば、SVBの英国部門の買収は、貸借対照表上、重要でないほど小さなものです。しかし、SVBの英国ハイテク企業の顧客にとっては、絶対に欠かせない取引です。」


スタートアップ企業は今後どこにお金を預けるのか
多くのスタートアップ企業がSVBを利用していた理由は、大手銀行より幅広いビジネスサービスを利用できたからです。
しかし、その預金をスタートアップ企業がどうするかについては不確かです。フィンテック企業の中には、SVBの混乱を受けて、最近、預金が増加したところもあるようです。
Schroders Capitalのプライベート・エクイティ投資ヘッドであるティム・クリードは、次のように述べています。「先週の不透明な状況の中、多くの企業がSVBからデジタルに対応しているフィンテックに資本を移したことが広く報道されています。この移動スピードは、優れたユーザー・インターフェースを持つハイテク企業が、24時間365日体制で新規口座開設を行えるため、いかに効率的であるかを示しています」
しかし、今後、スタートアップ企業は従来の金融機関が提供する安全性を求めるようになるかもしれません。
ジャスティン・ビセカーは次のように述べています。「SVBの破綻は、預金者が銀行を選ぶ際に、他の要素よりも安全性を優先することを意味するかもしれません。これは、大手金融機関にとって有利になる傾向があります。そして同時に、預金獲得競争が和らぐことは、銀行が基準金利の上昇を預金者に全て転嫁する必要性が低下し、銀行の収益性にプラスになることを意味するかもしれません。」
SVBの破綻がさらなる金融イノベーションのきっかけとなれば、フィンテック、暗号通貨、その他の分散型金融が長期的な恩恵を受ける可能性があります。
ニルス・ローデはこう述べます。「シリコンバレーの何千人もの人々が、非常にナーバスな週末を過ごしました。少なくともそのうちの何人かは、伝統的な銀行をフィンテックで代替する方法について、さらに真剣に考える気になるでしょう。」


SVBのエピソードは、金利の見通しを変えたか
SVBの破綻は、急激な金利上昇が、これまで低金利環境に隠れていた弱点をあぶり出していることを実証しています。
FRBの次の会合は3月21・22日です。インフレ率がまだ高い中、50ベーシスポイントの引き上げが予定されていましたが、SVBの破綻でそれが変わるかもしれません。
チーフエコノミスト兼ストラテジストのキース・ウェードは、次のように述べています。「FRBは現在の状況をこれ以上悪化させたくないと考えるでしょうから、大幅な引き締めを撤回する可能性があります。しかし、今回の件と世界金融危機の違いは、現在インフレが問題になっていることです。そのため、インフレを目標値に戻すことが重要な焦点となるため、FRBにできることは限られています。」



【本資料に関するご留意事項】
  • 本資料は、情報提供を目的として、シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッド(以下、「作成者」といいます。)が作成した資料を、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が和訳および編集したものであり、いかなる有価証券の売買の申し込み、その他勧誘を目的とするものではありません。英語原文と本資料の内容に相違がある場合には、原文が優先します。
  • 本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。
  • 本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、弊社はその内容の正確性あるいは完全性について、これを保証するものではありません。
  • 本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。
  • 本資料中に個別銘柄についての言及がある場合は例示を目的とするものであり、当該個別銘柄等の購入、売却などいかなる投資推奨を目的とするものではありません。また当該銘柄の株価の上昇または下落等を示唆するものでもありません。
  • 本資料に記載された予測値は、様々な仮定を元にした統計モデルにより導出された結果です。予測値は将来の経済や市場の要因に関する高い不確実性により変動し、将来の投資成果に影響を与える可能性があります。これらの予測値は、本資料使用時点における情報提供を目的とするものです。今後、経済や市場の状況が変化するのに伴い、予測値の前提となっている仮定が変わり、その結果予測値が大きく変動する場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。
  • 本資料中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本資料の作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。
  • シュローダー/Schroders とは、シュローダー plcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。
  • 本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社
ホームページ
https://www.schroders.com/ja-jp/jp/asset-management/
代表者
黒瀬 憲昭
資本金
49,000 万円
上場
非上場
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番3号丸の内トラストタワー本館21 階
連絡先
03-5293-1500

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所