ジョンソンコントロールズ、国際女性デーに向けて公正性に関する社内勉強会を開催

女性のエンパワーメントを後押しし、誰もが輝く職場づくり推進へ

 ビルテクノロジーとソリューションのグローバルリーダー、ジョンソンコントロールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉田 浩 以下:ジョンソンコントロールズ)は、3月8日の国際女性デーに先立ち、2月17日と3月1日に職場における公平性と公正性(EqualityとEquity)をテーマに社内勉強会を開催しました。本勉強会は、女性活躍推進に取り組む有志の従業員グループが、ダイバーシティ推進を通じて、誰もが輝く職場環境の整備を目的に企画、実施したものです。


画像:2月17日に行われた勉強会で、参加者による今年の国際女性デーのキャンペーンテーマ「Embrace Equity」のポーズで公平な職場作りの意思表明

 ジョンソンコントロールズの女性活躍推進に取り組む従業員グループ「ウィメンズ・ネットワーク(WN)」は2月17日、今年の国際女性デーのキャンペーンテーマである「Embrace Equity」を念頭に、WNのメンバー向けに、公平性と公正性について理解を深める勉強会を開催し、参加者は自身の経験の共有のほか、社員が必要な支援や成長機会を得られる職場に不可欠な「公平性」と「公正性」の違いに関する意見交換を行いました。3月1日にはWNが、全従業員を対象に、公平性と公正性について学ぶランチタイム勉強会を主催し、一人ひとりが能力を最大限発揮できる職場環境づくりに主体的に取り組めるよう理解を深めました。

 WNは、共通の関心事や経歴を持つ従業員のコミュニティグループ「ビジネスリソースグループ(BRG)」の1つです。当社はDEIを成長戦略基盤の1つとして位置づけ、DEI文化醸成の重要な役割を担う BRGの活動を、リソースの活用や財務面から積極的に支援しています。

 当社では、9つのBRGが世界中で70以上の支部(チャプター)で展開され、日本では、WNのほか、サスティナビリティ関連の活動を推進する「Global Sustainability Network Japan (GSN Japan)」、ワークライフバランスやリーダーシップ育成に取り組む「イクボスアカデミー」の計3団体が主体的に活動しています。WNには、現在日本全国の拠点から計27人が推進メンバーとして参画しています。

 当社では、サスティナビリティをあらゆる事業の中核に据え、ジェンダー平等を含む国連の持続可能な開発目標(SGDs)の実現に向けた取り組みを戦略的に進めています。日本法人でも昨年、任意団体work with Prideによる、職場でのセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標「PRIDE指標2022」で、シルバーの評価を獲得するなど、DEI文化の醸成と職場環境整備に継続的に取り組んでいます。

 さらにジョンソンコントロールズ インターナショナルは、2021年に、ESG(環境・社会・企業統治)に関するコミットメントとして、グローバル全社の女性管理職比率、米国のマイノリティー管理職比率をそれぞれ5年以内に2倍にする目標を公表し、2023年2月には、米誌ニューズウィークの「多様性のある最高の職場(米国)」の1つに選ばれています。

 国際女性デーを迎えるにあたり、ジョンソンコントロールズでは、このようなイベントを世界中で実施し、従業員一人ひとりが女性活躍推進やDEIについて考える機会を設けることで、誰もが活きいきと自分らしく働くことができる職場環境実現を推進します。


ジョンソンコントロールズ インターナショナルについて
ジョンソンコントロールズは、建物のパフォーマンスを最適化するだけでなく安全性を向上し、快適性を高め、最も重要な成果に結びつけることで人々の生活空間や職場、文教施設からエンタメ施設まであらゆる環境を変革しています。このような当社のソリューションはヘルスケア、教育、データセンター、製造など多様な業界に導入されています。130年以上にわたるイノベーションの歴史とともに、全世界150ヵ国以上、10万人のエキスパートで構成されるグローバルチームがお客様のミッション達成をサポートします。当社の業界をリードするビルテクノロジーとソリューションは、Tyco®、York®、Metasys®、Ruskin®、Titus®、Frick®、Penn®、Sabroe®、Simplex®、 Ansul®、Grinnell®といったブランド名でも認知され信頼を得ています。

ジョンソンコントロールズ日本法人について
ジョンソンコントロールズ株式会社は、ジョンソンコントロールズ インターナショナル(Johnson Controls International, Plc.)の日本法人(本社: 東京都渋谷区、 代表取締役社長:吉田 浩)です。建物のライフサイクルを通じた効率化を促進する中央監視、自動制御機器、空調冷熱機器、冷凍機、セキュリティシステムの設計、施工、保守、ならびに運用コンサルティングを提供しています。国内での導入業種はオフィスビル、商業施設、医療機関、教育機関、スポーツ施設、交通機関など多岐にわたり、数多くのランドマーク的存在の建物における施工実績があります。1971年6月設立。国内45事業拠点。詳細はhttps://www.johnsoncontrols.co.jp をご覧いただくか、Facebookで https://www.facebook.com/johnsoncontrols.jp.be/ もしくはTwitterで@JCI_jpをフォローしてください。
本件に関するお問合わせ先
≪報道関係の方々からのお問い合わせ先≫
ジョンソンコントロールズ広報代理 (APCO Worldwide内)
担当:杁山(いりやま)、上村
TEL: 03-6457-9702 FAX:03-6457-9703
E-MAIL: jci_japan@apcoworldwide.com

ジョンソンコントロールズ株式会社
広報室:村井、平野
TEL: 03-5738-6054 FAX: 03-5738-6508
E-MAIL: jp.pr@jci.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ジョンソンコントロールズ株式会社
ホームページ
https://www.johnsoncontrols.com
代表者
吉田 浩
資本金
10,000 万円
上場
海外市場
所在地
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-50-1
連絡先
03-5738-6054