大妻女子大学が「大妻さくらフェスティバル2023」パンフレットの表紙デザイン画を募集 -- 2023年1月6日まで



大妻女子大学(東京都千代田区)では、2023年3月18日(土)に4年ぶりに対面で開催される「大妻さくらフェスティバル2023」のパンフレット表紙デザイン画を募集している。1位のデザイン画がパンフレットの表紙を飾り、2~5位の4作品は裏表紙に掲載される。募集の対象となるのは小・中・高・大学生で、応募期間は2023年1月6日(金)まで。




 「大妻さくらフェスティバル」は、大妻女子大学が地域活性化や地域文化の内外への発信を目的として毎年開催しているイベント。2023年は4年ぶりに対面で開催される。
 同大では毎回パンフレットの表紙デザイン画を募集しており、多くの魅力的なイラストが寄せられている。
 今回の募集要項は以下のとおり。

◆「大妻さくらフェスティバル2023」パンフレット表紙デザイン画 募集要項
【審査・掲載方法】
 大妻さくらフェスティバル2023実行委員会が審査を行い、上位5作品を入選作品とし、1位が表紙1面、2位~5位の4作品が裏表紙1/4面に掲載となります。

【賞品】
・1位:賞状、図書カード5千円分
・2位~5位:賞状、図書カード各3千円分

【応募方法】
<応募期間>
 2022年11月1日(火)から2023年1月6日(金)(17時必着)まで。
<応募方法>
1.作品は折らずに郵送(必着)で、ご応募ください。
 ※封筒の表に「表紙デザイン在中」と明記してください。
2.作品の裏に「郵便番号」「住所」「氏名」「電話番号」「Eメールアドレス」「学校名」「学年」を明記してください。
<応募上の注意事項>
1.小・中・高・大学生であること。
2.応募作品は本人が創作した未公表のものに限ります。
3.A4サイズで作成してください。
4.作品の任意の場所に「大妻さくらフェスティバル2023」と入れてください。
5.応募作品は一人1点とし、2点以上の応募があった場合、すべての作品を無効とします。
6.応募作品は返却しません。
7.入選作品の発表や出版に関する著作権は学校法人大妻学院に帰属するものとします。
 ※二重出展や著しい類似作品が判明した場合、入選を取り消す場合があります。

<個人情報の取り扱いについて>
 応募いただいた方の個人情報は、作品の選考に関わる連絡及び賞品発送に使用します。 入選作品につきましては、学校名・学年・作者名を公表させていただきます。

【応募宛先】
「大妻さくらフェスティバル2023」実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
 ※応募等の詳細は大学ホームページ「地域連携推進センター主催イベント」を参照してください。
 https://www.otsuma.ac.jp/society/extension_lecture/society_center/events/#anchor-2022-02

【発表】
 入選作品は、「大妻さくらフェスティバル2023」開催パンフレット、大妻女子大学ホームページに掲載・発表します。

【賞品授与・発送】
「大妻さくらフェスティバル2023」開催日(2023年3月18日)から順次発送予定。

【主催】
 大妻女子大学

■大妻さくらフェスティバル2023
【日 時】2023年3月18日(土) 対面で開催
 大妻さくらフェスティバル
 https://www.otsuma.ac.jp/society/cooperation/efforts/sakura_festival/

(関連記事)
・大妻女子大学が地域貢献・学術交流イベント「大妻さくらフェスティバル2022」をオンラインで開催 -- イベント動画をホームページで公開、「俳句大賞」「表紙デザイン画」の受賞作品も発表(2022.03.31)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-47886.html

▼記事に関する問い合わせ先
「大妻さくらフェスティバル2023」実行委員会(大妻女子大学地域連携推進センター内)
 〒102-8357 東京都千代田区三番町12番地
 TEL:03-5275-6877
 FAX:03-5275-6800
 9:00~17:00(土日祝日を除く)


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大妻女子大学
ホームページ
http://www.otsuma.ac.jp/
代表者
伊藤 正直
上場
非上場
所在地
〒102-8357 東京都千代田区三番町12

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所