Confluent、Stream Governance Advancedをリリース、ストリーム処理の活用をビジネス全般に拡大


特定時点のストリーム系列に関するインサイト、リッチコンテキストなカタログおよび
グローバルで利用可能な品質管理を通じて、エンタープライズ規模のガバナンスを実現

2022年第4四半期の新製品発表では、
Private Service Connect for Google Cloudの提供も開始

米国テキサス州オースティン - 2022年10月4日 - Data in Motion(動き続けるデータ)のリアルタイム活用を実現するためのデータストリーミングプラットフォームを提供するConfluent(本社:マウンテンビュー、NASDAQ:CFLT、以下Confluent)は、本日、Apache Kafka®を活用したData in Motionを推進する、業界唯一の完全マネージド型ガバナンス製品スイートであるStream Governanceに新しい機能群を追加したと発表しました。 強化されたStream Governance Advancedでは、企業内の複雑なパイプラインで発生する問題を、特定の時間にさかのぼりデータ系列から解析し、メタデータを活用してビジネスにおいて留意すべき点を発見、解釈します。さらに、一元的なスキーマ管理機能を提供するSchema Registryの活用により、グローバルな品質管理を実現します。より多くのユーザーグループが、安心して、安全なデータストリームへアクセス可能となり、企業はより重要なアプリケーションを迅速に開発できるようになります。

ConfluentのEngineering担当Senior Vice PresidentであるChad Verbowskiは次のように述べています。「精度の高い意思決定を迅速に下すべく、企業は正確なリアルタイムデータを必要としています。そのためには、しかるべきチームが信頼性の高いデータに素早くアクセスできなくてはなりません。Stream Governanceを用いることで、企業は社内のあらゆる部門に流れ込むデータストリームのすべてを把握でき、データの迅速な活用によって、いかなる事態にも対応可能となります。」

Stream Governance Advanced:特定時点にさかのぼりデータ系列を解析、高精度なカタログおよびグローバル対応の品質管理を提供

Security ScorecardのData Platform担当Senior Staff Software EngineerであるBrandon Brown氏は次のように述べています。「SecurityScorecardなら、1週間に1,800億以上のシグナルを観測し、360度のセキュリティ対策をユーザーにリアルタイムで提供します。Stream Governanceの導入は、あらゆるデータの可視化を徹底させ、データの生成場所や内容、時系列での変更履歴を明らかにしてくれました。私たちは、データストリーミングの活用が組織全体に普及するに伴い、高品質なデータがビジネスを強化してくれていることを強く実感します。データストリームを活用するチームは増え続け、オブジェクトのタグ付けやカスタムのメタデータ情報によって他チームとのプロジェクト連携は拡大しています。お客様のために何ができるのか、私たちの可能性は信じられないほど広がり続けています。」

リアルタイムデータ活用の増加に伴い、ストリーム処理のユースケースは急速に拡大します。そこから大量のデータが生成され、データを組織全体で安心して共有できるようになれば、ビジネスの価値は無限に広がります。Stream Governance Essentialsの機能をベースに構築されたStream Governance Advancedは、Data in Motionを実現する方法をより容易に特定、解析し、リアルタイムなデータ連携の実現に向けた確信を与えてくれます。さらに、品質管理におけるスケーラビリティが加わることで、企業はデータストリームへのアクセスを広範囲に開放しても、流入し続けるデータの整合性や規制遵守を維持することが可能です。

主な新機能:
  • Stream系列における特定時点でのプレイバック: データストリームがいつ、どこで、どのように変更されたかが時系列で明らかになれば、複雑なデータストリームのトラブルシューティングをより迅速かつ容易に対応できるようになります。ストリーム系列では、24時間内いつでも、または1時間単位なら7日分までさかのぼってデータストリームの履歴を確認可能です。例えば、サポートチケットが使用された木曜日の午後5時に何が起こったのか、チームで確認できます。時点の特定が可能なデータ系列では、さらに系列グラフ全体を通じて、クライアントIDやトピックスなど特定のオブジェクトを検索可能な新機能と組み合わせることで、問題特定と解決を早期に実行、ミッションクリティカルなサービスの維持や、新規プロジェクトの推進を支援します。
  • ストリームカタログのビジネスに関するメタデータ: データストリームから読み取れる内容を、より詳細にカタログで示すことができれば、データを通じた発見を得られる可能性は高まります。各ユーザーは従来提供されていたオブジェクトのタグ付け機能に加え、ビジネスメタデータとして、各情報項目に自由な書式で情報を付記し、要点や重要性ごとにトピックとして分かり易く分類し、明示可能となりました。こうした詳細情報の紐づけは、大規模の組織において、プラットフォームを熟知したユーザー自身がデータに直接アクセス可能となる点において必要不可欠です。タグ付け機能では、トピックスに「センシティブ(機密情報)」等のフラグを付けることができますが、ビジネスメタデータにはより多くのコンテクストを追加可能です。例えば、特定のトピックのオーナーはどこの部門か、データはどのように使われているか、同データに関する問い合わせ先はどこか、など多様な内容が追記可能です。カタログ検索をさらに容易にするのが、GraphQL APIです。シンプルな宣言型の手法で必要なデータを正確に指定でき、プラットフォーム上での相関関係を確認しながらデータが抽出可能です。
  • ストリーム品質確保のためのグローバル対応Schema Registry: Schema Registryの対応地域は全世界28地域となり、従来の倍以上に拡大しました。スキーマ管理の範囲と共に対象に指定できるKafkaクラスタ数も拡大し、厳しいコンプライアンス規定やデータ主権確保の幅が広がりました。加えて、Schema Registryの連続稼働時間に関するサービス品質保証(SLA)は99.95%に高められ、障害回復力もさらに向上、本テクノロジーのユーザーが大きく増加したとしても、Kafkaに求められる品質管理への安心感は決して揺らぎません。

2022年第4四半期製品発表でPrivate Networkingのサポート拡大を発表
Confluentの四半期製品発表では、新たに提供を開始する製品や利用可能となる機能を分かり易くまとめています。今回の発表には、Stream Governance Advancedの他に、下記発表も含まれます:

Private Service Connect for Google Cloudは、Google Cloudの仮想プライベートクラウド(VPC)からConfluent Cloudへのシンプルで安全な接続を提供します。パブリッククラウドを手動で仮想ネットワークに接続する複雑な手順を最小限としながら、安全性が極めて高いプライベートネットワーキング設定を確立。同時に、顧客のネットワーク情報の詳細をすべて非公開に留めることができます。今回の対応拡大により、Confluent CloudはAWS Private LinkやAzure Private Linkを含む、3大クラウドサービスプロバイダーのプライベートエンドポイントすべてのサポートが可能となりました。

参考リンク

Confluentについて
Confluentは、Data in Motion(動き続けるデータ)の処理に特化した新しいデータインフラストラクチャーのパイオニアです。クラウドネイティブなプラットフォームであるConfluentは、複数ソースからのリアルタイムデータを組織全体への継続的な提供と処理を実現するインテリジェントなソリューションです。このプラットフォームを活用することで、リッチなデジタルフロントエンドの顧客体験を提供すると同時に、洗練されたリアルタイムのソフトウェアドリブンのバックエンド運用を実現するといった新たなビジネス要件への対応を可能にします。詳細については、https://www.confluent.io/ja-jp/ をご確認下さい。

本リリース内容は、当社の一般的な製品の方向性を示すものであり、いかなる素材、コード、機能の提供を約束するものではありません。また、リリースに記載の開発状況、リリース、時期、あらゆる特徴や機能に関する価格などは変更される可能性があります。お客様におかれましては、現在利用可能なサービス、特徴および機能に基づいて購入を決定する必要があります。

Confluentおよび関連名称は、Confluent, Inc.の商標または登録商標です。

Apache®および Apache Kafka®は、米国および/またはその他の諸国における Apache Software Foundation の登録商標または商標です。これらの使用は、Apache Software Foundation による承認を示唆するものではありません。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

【報道関係者からのお問合せ先】
Confluent PR Office(プラップジャパン)
担当:マートライ、沖山
Confluent@prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Confluent Japan
ホームページ
https://www.confluent.io/ja-jp/
代表者
勝俣 正起
上場
海外市場

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所