大妻女子大学食物学科が若田光一宇宙飛行士の栄養管理業務に協力



2022年10月、若田光一宇宙飛行士はスペースX社クルードラゴン5号機に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を行います。大妻女子大学家政学部食物学科は、若田光一宇宙飛行士の長期滞在ミッションにおいて、健康管理運用業務のうち栄養管理業務に参加しています。




■若田光一宇宙飛行士ミッションで協力するビジネスパートナーとその役割
 有人宇宙システム株式会社:宇宙飛行士の健康管理運用業務の実施・とりまとめ
 大妻女子大学:宇宙飛行士の栄養指導を担当
 エームサービス株式会社:宇宙飛行士の栄養評価を担当
 セントラルスポーツ株式会社:宇宙飛行士の最大酸素摂取量測定を担当
 特定非営利活動法人メンタルレスキュー協会:宇宙飛行士の精神心理面談を担当
 エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社:宇宙放射線による被ばく管理運用を担当
 宇宙技術開発株式会社:宇宙食・生活用品関連業務、精神心理支援を担当

■日本人宇宙飛行士ミッションの健康管理運用業務概要
 ミッション任命後の宇宙飛行士に対しては、各種訓練・ミッションを無事遂行するための健康管理が行われています。ISS長期滞在中は、微小重力、閉鎖隔離、宇宙放射線被ばくなどによる健康影響リスクを最小化するため、地上から健康状態のモニタや評価および対策が行われます。帰還後は、日常生活への早期復帰と飛行前の体力水準への回復を目的としたリハビリテーションが計画的に行われます。

■本業務における役割
 栄養管理業務に携わるのは、本学家政学部食物学科の小清水孝子教授、小林実夏教授、上杉宰世准教授、清原康介准教授。今回は小清水孝子教授が中心となり、若田光一宇宙飛行士の飛行前と飛行中の栄養管理に携わります。飛行前は、国際宇宙ステーション(ISS)への打ち上げ直前の各種訓練に万全の体調で臨めるよう、地上での栄養指導を実施。ISSでの長期滞在中は、アメリカ航空宇宙局(NASA)から毎週送られてくる食事の情報を分析して、エネルギー・栄養素摂取量に関しての検討を若田光一宇宙飛行士専任の航空宇宙医師(フライトサージャン)と連携して行い、健康を適切に維持しISSミッションを無事完遂できるよう支援します。
 大妻女子大学(学長:伊藤正直)は、2021年4月~2024年3月までの期間、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)が国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)から受注した契約業務「ISS日本人宇宙飛行士健康管理運用業務」のうち、栄養管理業務に参加しています。

■大妻女子大学について
 東京都千代田区と多摩市にキャンパスを設置。家政学部、文学部、社会情報学部、人間関係学部、比較文化学部および短期大学部、大学院人間文化研究科からなる女子総合大学。「学び働き続ける自立自存の女性の育成」を使命に掲げ、社会のあらゆる分野で主体的に参画貢献できる自立した女性の育成を目指しています。


▼本件に関する問い合わせ先
大妻女子大学 広報・入試センター 広報・募集グループ 
住所:東京都千代田区三番町12
TEL:03-5275-6011
FAX:03-3261-8119


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大妻女子大学
ホームページ
http://www.otsuma.ac.jp/
代表者
伊藤 正直
上場
非上場
所在地
〒102-8357 東京都千代田区三番町12

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所