【芝浦工業大学】最先端の環境技術を全館導入した『新菱神城ビル』 世界規模の環境建築技術賞においてアジア最優秀賞を受賞



新菱冷熱工業株式会社、株式会社三菱地所設計、学校法人芝浦工業大学は、3者が設計・施工・検証に携わった『新菱神城ビル』(東京都千代田区)が、空気調和・冷暖房に関する世界最大の国際学会、米国暖房冷凍空調学会(ASHRAE)※ が開催する「ASHRAE Technology awards 2023」の地域カンファレンスASHRAE Region XIII 25th Chapters Regional Conferenceで最高得点を獲得し、アジア地域最優秀賞を受賞したことをお知らせします(賞発表:2022年8月19日)。




※米国暖房冷凍空調学会(ASHRAE/American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers)は、132カ国・5万人以上の会員を擁する、空気調和・冷暖房に関する世界最大の国際的学会。1894年創設、本部:米国アトランタ。https://www.ashrae.org/

■世界規模の環境建築技術賞・ASHRAE Technology awards
「ASHRAE Technology awards」(1999年~、毎年開催)は、省エネ・快適性やユーザの健康などを兼ね備えた、革新的な環境建築に対する世界最大規模の技術賞です。審査には実際の運用データによる裏付けが要求され、建築・設備関係者からも高い信頼を集めています。『新菱神城ビル』は既に日本国内で最優秀賞を受賞しており、今回の受賞は、世界を15地域に分け各地域の最優秀賞を選ぶもので、シンガポール、韓国、台湾などを含む「Region XIII」(アジア地域)において「First Place」(最優秀賞)の評価となりました。これにより本年10月の全世界最優秀選考に地域代表として選出されました。日本、そしてアジアの代表として「世界一の環境建築」に臨みます。

■80.25点/100点の高得点をマークしてアジア最優秀賞を受賞
『新菱神城ビル』は、審査員による選考において100点満点中、80.25点という高得点を獲得し、最優秀賞に選ばれました。本賞における審査カテゴリと評価項目は図表の通りです。

■『新菱神城ビル』の開発・導入技術について
-『変風量コアンダ空調システム』で、83%もの省エネと「+1階分」の床を生み出す-
『変風量コアンダ空調システム』とは、(1)「コアンダ効果」(空気が天井を這うように流れる現象)を利用した送風に、(2)風の強弱を問わず、空気を部屋の奥まで送り出せる「自律式風速一定吹出口※」を組み合わせたシステムです。従来のコアンダ空調では空気を遠くに届けるには常に大風量が必要でしたが、本システムでは弱風でも部屋の奥まで均一に空気を送り届けることを可能とし、83%もの送風動力の省エネ化を実現しました。

天井内の空調機器設置スペースが不要となり、天井高(2,800mm)を確保しつつも550mm/階を削減。これにより高さ制限下にある都心の中小オフィスビルでも「+1フロア」分の高さを創出でき、通常8階建てとなる本敷地で9階建てのビルが実現しました。
※ここで開発した自律式風速一定吹出口は『Air-Soarer』として特許及び商標取得済(特許第6453951号)。

-初夏・晩夏の外気温でも冷凍機を使わずに空調用の冷水をつくる-
本ビルには『変風量コアンダ空調システム』に加えて『ダイナミックレンジ放射空調システム』が導入され、同じくダクトレス空調として、天井高さを効率的に確保できます。
この放射空調システムは、制御方法の工夫や独自の防食技術(Corro-Guard(R))の採用により、外気温度が30℃近い日でも、打ち水のような効果を用いて終日にわたり冷凍機を使用せず、外気冷却だけで冷房用の冷水をつくり出すこと(フリークーリング)を可能にしました。年間では全冷房期間中の70%に自然エネルギーを活用して冷房空調に利用しています。

-オールシーズンで省エネに寄与するファサードのデザイン-
『新菱神城ビル』前面のガラス張りのファサードは、オフィスユーザの昇降やコミュニケーションに寄与する階段室であると同時に、屋内外のバッファゾーンとして、オフィスの空調負荷の低減に寄与。オフィスの空気を吸い上げる自然換気用のチムニーや、夏期のダブルスキンとして機能します。


■技術開発と今後の展開について
今回、国際的な機関から高評価を獲得した『新菱神城ビル』で導入した技術の多くは、新菱冷熱工業、三菱地所設計、芝浦工業大学秋元研究室の3者の共同研究による長年の実証実験などによって、より高水準の技術として確立してきたものです。建物運用後も表計算ソフト(Excel)と連携した最適熱源制御の開発に取り組むなど、導入技術の性能検証や応用技術開発を継続しています。ここで実証された技術を今後の設計・施工に広く展開し、脱炭素化に向けた技術を社会に発信してまいります。

■これまでの『新菱神城ビル』の評価について
『新菱神城ビル』は、これまでに多くの賞を受賞しています(導入した各種要素技術の受賞を含む)。


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
芝浦工業大学
ホームページ
http://www.shibaura-it.ac.jp/
代表者
山田 純
資本金
0 万円
上場
非上場
所在地
〒135-8548 東京都江東区豊洲3丁目7-5
連絡先
03-5859-7000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所