2023年4月データサイエンス研究科ヘルスデータサイエンス専攻博士後期課程を開設予定 ~ヘルス分野で新たな価値を創造できる専門人材を育成~

 横浜市立大学は、2023年4月に大学院データサイエンス研究科「ヘルスデータサイエンス専攻 博士後期課程」開設に向け、本日、文部科学省に設置届出を行いました。
 本学は、2020年4月にデータサイエンス研究科を開設し、医学部とデータサイエンス学部を併せ持つ国内唯一の大学として、日本で初めてヘルス分野に特化した「ヘルスデータサイエンス専攻」を設置し、実践的な学びを提供し、データサイエンス人材の育成をリードしてきました。
 近年の新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大とともに、データに基づきヘルスサイエンス分野の事象を分析・検討し、科学的知見を発信できるより高度な専門性を有する人材養成の需要が高まっている状況をうけ、「ヘルスデータサイエンス専攻 博士後期課程」を開設します。
 疾病予防・医療・介護等(以下、ヘルス分野)の知見をベースに、データを解析して新たな価値を創造できる専門人材の育成が急務である今、ヘルスデータサイエンスをより深く探求し、高度なヘルスデータサイエンス力を身につけるための教育・研究を目指します。




◆ヘルスデータサイエンス専攻 博士後期課程 概要
・名   称:データサイエンス研究科 ヘルスデータサイエンス専攻 博士後期課程
・学   位:博士(ヘルスデータサイエンス)
・入 学 定 員:3名
・キャンパス:金沢八景キャンパス (神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2)


◆育成する人材
 ヘルスサイエンス分野の高度な学術的知見を背景に、健康、医療の社会的・学術的意義の大きい課題を発見でき、データサイエンスの手法を駆使して課題解決策を提示・実行するとともに、幅広い領域で活躍できる国際社会に通用する人材を育成します。

◆ヘルスデータサイエンス専攻の特色
 本専攻では、近年特に注目されているヘルス分野に関わる様々な問題を、データサイエンスの幅広い理論と技術を駆使してデータ分析し、新たな事実を発見して解決策を導く、さらには将来の課題を予測する研究と教育活動を行っています。ヘルス分野の膨大なデータを基に最適・効率的なヘルスサービスの提供や、根拠に基づく保健医療政策の立案・実施を可能とする社会的・学術的意義の大きい課題をテーマとして研究することができます。
 臨床研究、疫学研究、プライマリ・ケア研究、ヘルスサービス研究、医療経済、医療経営、医療技術評価などヘルス領域の幅広い分野で豊富な研究実績のある教員が直接指導します。



◆想定される就職先
・行政機関(自治体、国立研究開発法人等)
・医療機関(医師・看護師・薬剤師等)
・大学・研究機関
・ヘルス産業(製薬企業、予防・介護関連企業等)
・関連企業研究機関 等










本件に関するお問合わせ先
横浜市立大学 広報課
E-mail:koho@yokohama-cu.ac.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
横浜市立大学
ホームページ
https://www.yokohama-cu.ac.jp/
代表者
小山内 いづ美
所在地
〒236-0027 神奈川県神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2
連絡先
045-787-2311

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所