乃村工藝社のソーシャルグッド活動: シャープ八尾事業所「八尾第一食堂Isshoku」の事例

“想い”を“カタチ”にするパートナーとして、企画・デザイン・設計・施工を担当

株式会社乃村工藝社は、2021年11月1日シャープ株式会社(以下:シャープ)八尾事業所にオープンした、社員食堂「八尾第一食堂 Isshoku」の、企画・デザイン・設計・施工を担当いたしました。
 約65年にわたり、白物家電の生産拠点として歴史を紡いだ八尾事業所の「食堂REBORN」プロジェクトとして計画され、コンペでのご提案を経て“想い”を“カタチ”にするパートナーとしてご発注をいただきました。


コーポレートブランディング×コミュニケーション ハブ

コンペにあたりいただいたテーマは、シャープの経営信条“誠意”と“”創意”、そして「自社をもっと好きになってもらうための、繋がりが生まれる食堂」でした。
 当社と長くお付き合いのあるシャープの大切な開発拠点であった場所でのプロジェクトですから、おしゃれなだけの食堂提案ではなく“乃村だからこそできる提案”を意識し、組織の垣根や世代を超えて「SHARPらしさ」を発見できるインナーブランディングの場であると同時に、来社される取引先や関連会社の方々にも触れていただけるアウターブランディングの場としての食堂をご提案しました。
lunch、work、salon の3つでゾーニングし、社員食堂としてだけでなく、くつろいだり、社内外のゲストと打ち合わせに使ったり、人びとが繋がりコミュニケーションが生まれる場となるよう工夫しました。⾷堂の中を貫く、⼀筋の⾚いライン(シャープレッド)でシャープのこれまでの歴史とこれからの未来を表現しています。


左からメインホール、ミーティングルーム、サロン


SHARP History Line ~SHARPの過去と未来を繋ぐ場所~

社員食堂「八尾第一食堂 Isshoku」の場所は元々エアコンの生産ラインでした。今回の「食堂REBORN」プロジェクトではその特徴を残しつつ衛生面も担保できるデザインを考えました。
 生産製品のストック用に使用していた中2階部分を、SHARPを象徴する歴代製品の展示スペースとして活用することにより、廃棄物や撤去コストを低減する、SDGsに沿った取り組みができました。


























本件に関するお問合わせ先
乃村工藝社 広報部 e-mail: prs@nomura-g.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社乃村工藝社
ホームページ
http://www.nomurakougei.co.jp/
代表者
榎本 修次
資本金
649,700 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒135-8622 東京都港区台場2丁目3番4号
連絡先
03-5962-1171

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所