自動車用イメージングレーダー選定におけるベストプラクティスを紹介!幅広い用途に対応し、コスト削減に寄与

自動運転車の需要が高まる中、世界の主要なOEMは、従来型センサーテクノロジーから、より信頼性と経済性に優れたテクノロジーへと軸足を移しつつあります。そのようなテクノロジーの1つが、インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方に対応する次世代型イメージングレーダーです。

イメージングレーダーの市場は2020年に106.3億ドル*1を記録しました。さらに、年平均で 19.2% 成長*2し、2027 年までに 212 億ドル規模に達すると予測されています。Vayyar Imaging(バヤー・イメージング、以下Vayyar)の4Dイメージングレーダーを選ぶべき理由をご紹介します。

イメージングレーダーソリューション選定における課題①
用途ごとに別々のセンサーを搭載するコストの高さ
従来型のテクノロジーは、カメラ、LiDAR、従来型ToFレーダー、超音波センサーなど、特定の用途に対応します。そのため、自動車メーカーは1つの車両に対し、「用途ごとに別々のテクノロジーを搭載する」というアプローチを取る必要があります。結果として、部品点数が多くなり、コストが高くなってしまうという課題がありました。
用途ごとに異なるテクノロジーを搭載する必要がある
 
イメージングレーダーソリューション選定における課題②
複数ベンダーの参画に伴うリスクの増大
従来、イメージングレーダーを利用したソリューションを開発するには大変な労力が必要でした。複数のベンダーが参画する場合、スケジュールの遅れによって数十億ドルの損害が発生する*3リスクの増大は避けられません。ソリューションの基盤となるハードウェアについては、レーダーの IC、アンテナ設計、BOM の選定、PCB の設計、そして製造までをエンジニアが担う必要があります。

これらの課題を解決!
Vayyarの4Dイメージングレーダーを選ぶべき3つの理由
■コストパフォーマンス:高い解像度と広い視野角を併せ持つ Vayyar の 4D イメージングレーダーは、幅広い用途に活用できるよう設計しており、1個のチップで3列シート、8人分の状況を検知できます。自動車メーカーはこのレーダーを採用することで、「用途ごとに別々のセンサーを搭載する」というアプローチから、1つのセンサーで複数の用途に対応し、部品点数を減らすというアプローチに移行することができます。

高性能の 4D イメージングレーダーチップを利用することで、幼児置き去り検知(CPD)、シートベルト付け忘れ防止(SBR)、エアバック展開の最適化、侵入検知アラートなどの幅広い安全機能をサポートします。さらに、低速走行時には駐車支援、高速走行時には死角検知(BSD)、自動緊急ブレーキ(AEB)、前方/後方衝突警報(FCW/RCW)、前進時/後退時の側方衝突警報(FCTA/RCTA)、車間距離制御装置(ACC)、大きな障害物などの警報を行うことが可能です。

なお、Vayyarのセンサーを車内に1個、車外に2 ~ 4個搭載することで、自動車安全テスト「ユーロ NCAP」の5つ星評価を達成し、複数の規制の要件を満たすことが可能です。

さらに、無線ネットワークによるソフトウェアアップデートも行われ、年々改定される安全要件にも対応するため、長期間にわたって使用可能です。

■充実のサポート体制:Vayyarが提供する「プロトタイプから大量生産まで」に対応するソリューションにより、複数のコンポーネントを使用した複雑なテクノロジーに内在するリスクを減らします。経験豊かな技術者などの支援によりレーダー開発にリソースを割く必要がなくなるため、イメージングを中心に開発を進め、車内外の幅広い用途に対応する実用性の高いソリューションを実現に寄与します。

■業界最高レベルの信頼性:Vayyarのソリューションは車載用電子部品の信頼性に関するAEC-Q100の認定を取得し、自動車安全水準ASIL-Bに準拠しています。さらに、数百万件のテストサンプルを使用して徹底的に評価されており、高い信頼性を実現しています。

*1
https://www.alliedmarketresearch.com/radar-sensor-market-A06156

*2
https://www.globenewswire.com/news-release/2020/09/25/2099142/0/en/Global-Radar-Sensor-Industry.html#:~:text=Imaging%20Radar%2C%20one%20of%20the,end%20of%20the%20analysis%20period.

*3
https://www.mckinsey.com/business-functions/operations/our-insights/managing-change-and-release


Vayyar Imaging(バヤー・イメージング)について
Vayyar Imaging は4Dイメージングレーダーのリーディング・カンパニーです。生活に不可欠なデータを収集する世界最先端のレーダー・オン・チップ・プラットフォームを構築し、プライバシーの完全保護を実現しながら、高齢者介護、自動車、スマートホーム、セキュリティ、ロボティクスなどの分野で総合的ソリューションを提供しています。小型で手頃な価格、そして汎用性の高い次世代センシング技術を提供することで、より安全な世界の実現を目指します。
https://vayyar.com/jp/

<参考情報>
Vayyar Imagingのオートモーティブソリューションに関してはWebサイトをご覧ください。
https://vayyar.com/jp/auto/

「欠点がない」自動車用セーフティセンサー Vayyar Imagingの4Dイメージングレーダーを紹介(ニュースレター)
https://digitalpr.jp/r/56446

その他プレスリリースおよびニュースレターの一覧
https://digitalpr.jp/c/2287
本件に関するお問合わせ先
◆報道関係者からの問い合わせ先◆
Vayyar Imaging Japan合同会社 広報窓口
株式会社プラップジャパン(中根、桑村)
vayyar@prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
Vayyar Imaging Japan合同会社
ホームページ
https://vayyar.com/
代表者
バヤー・イメージング・リミテッド バヤー・イメージング・リミテッド
資本金
0 万円
上場
非上場
所在地
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワー7F
連絡先
00-00-00

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所