関西学院大学 AI活用人材育成プログラム 個人一人ひとり向けの販売を開始~4月1日より3科目が対象



 関西学院大学は、IT・データサイエンス・AIの知識・スキルを基礎から学べる「AI活用人材育成プログラム」を完全オンライン(オンデマンド)で学生・社会人向けに提供しています。昨秋よりすでに100を超える企業・官公庁等でご利用いただいており、2022年4月より18歳以上の一般個人向けにも展開いたします。




 デジタル変革が加速する中、AI人材不足が叫ばれています。日本政府は国の重要施策として「AI戦略2019」を掲げ、「毎年、大学生・高専生50万人、社会人100万人がAIリテラシーを身につける」ことを示しています。本学は、「AI・データサイエンス関連の知識を持ち、さらにそれを活用して、現実の諸問題を解決できる能力を有する人材」の育成を目的に、「AI活用人材育成プログラム」を開発しました。本学による学術的な知見と、日本IBMによるAIの社会実装についての先進事例を反映した実践的なプログラムです。関学生だけでなく、一般社会で活躍する皆様にも提供することで、デジタル変革の推進を担うAI人材の輩出に貢献します。

 文系・理系を問わず、初学者を念頭においた基礎から積み上げるカリキュラムで、AI活用人材として必要なスキル(AI活用スキル・ITスキル・データサイエンススキル・ビジネススキル)を網羅し、演習を行うことで「実践力」を修得します。ナレーションと字幕による説明、講師による解説、デモンストレーション動画、演習・ワーク、ランダムテスト、TAチャットボット等をすべて活用することにより、「完全オンライン」での学習効果を最大化します。さらに本プログラムを修了された方には、デジタル修了証「オープンバッジ」を発行します。一般社団法人オープンバッジ・ネットワークがブロックチェーン技術により管理しており、偽造・改ざんができない国際基準の学習・資格証明書です。

<提供開始科目>
1) AI活用入門
 本大学1年生が最初に学ぶ科目。AI活用に関わる技術、事例、ツール等を幅広く学び、基礎的知識・スキルをビジネスシーンで活用できるようになることを目指す科目。
2) AI活用アプリケーションデザイン入門
 AIの各機能(言語、画像、音声、等)の概要、使い方、事例を中心に学び、それらを実際の現場で活用できるようになることを目指す科目。
3) AI活用データサイエンス入門
 データサイエンスに関わる技術、事例、知識等を中心に学び、特に統計ソフトのRを中心に実際の現場で活用できるようになることを目指す科目

◆詳細については、下記のURLを参照ください。
 https://www.kg-vlearning.jp/ 



▼本件に関する問い合わせ先
関西学院広報室
住所:兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155
TEL:0798-54-6017
FAX:0798-54-0912


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
関西学院大学
ホームページ
https://www.kwansei.ac.jp/
代表者
村田 治
資本金
0 万円
上場
非上場
所在地
〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
連絡先
0798-54-6100

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所