脱炭素社会の実現に向けて、トリプルガラスの窓で住宅の高性能化を推進 美しい日本の四季をスリムフレームで切り取るパノラマウィンドウ「TW」新発売

新色ダスクグレーを追加するなど、住まいに溶け込み開放感溢れるデザインを追求

株式会社LIXIL(以下 LIXIL)は、美しい日本の四季をスリムフレームで切り取るパノラマウィンドウ(R)、トリプルガラスの高性能ハイブリッド窓「TW」(トリプルガラス仕様・複層ガラス仕様)を、2022年2月より西日本、2022年4月より東日本で発売します。
また、国土交通大臣認定防火設備の高性能ハイブリッド窓「TW防火戸」も同時発売します。

※商品ページ:https://www.lixil.co.jp/lineup/window/tw-fgtw/

 

2050 年カーボンニュートラルの達成に向けて、世界各国や日本では脱炭素化の取り組みが加速してい
ます。環境省によると住宅を含む家庭部門のCO2削減目標は66%(2013年度比)と他の部門に比べて最も高い数値が設定され、住宅の高性能化による省エネルギー化は重要な施策の一つと位置付けられています。住まいの中でも、特に窓や玄関ドアなど開口部からの熱の流出はおよそ6割と大きく、開口部を高性能化することで、CO2削減に大きく貢献できます。

そこで、LIXILは2022年3月期にすべての窓シリーズを刷新し、住宅の高性能化を牽引していきます。アルミ窓「サーモスA」(2021年5月発売)、樹脂窓「EW」(2021年8月発売)、ハイブリッド窓「サーモスⅡ-H/L(2021年11月発売)」に続き、高性能ハイブリッド窓「TW」が登場します。

一般的に、開口部を広く確保することは光や景色を多く採り込めるため理想とされていますが、一方で開口部を広くすればするほど寒さや暑さは室内に侵入しやすくなります。特に南北に長い日本列島では、地域や季節よって気温や湿度が大きく異なり、断熱対策が不可欠となります。
そこでLIXILは、この相反する課題を解決する新しい窓として、日本の四季を美しく切り取るパノラマウィンドウ(R)、高性能ハイブリッド窓「TW」を開発しました。

ハイブリッド窓は、アルミの良さと樹脂の良さを融合させた窓で、室外側に強度・耐久性に優れたアルミを採用することで雨、風、日差しによる劣化を防止し、室内側には断熱性に優れた樹脂を採用することで熱の出入りを抑制します。「TW」は、この優れたハイブリッド構造と、一般複層ガラスの約4.8倍の断熱性能を誇るトリプルガラスを掛け合わせた高性能窓です。

「TW」の特長は、あらゆる面での性能の高さはさることながら、極細のフレームで美しい日本の四季を切り取る、シンプルを極め、洗練されたデザインです。フレームをスリム化しガラス面積を約30%拡大することで、住宅にさりげなく溶け込み、内と外をつなぎ開放感溢れる空間を演出します。引違い4枚建には、新構造のスレンダーマリオンを採用することで、より多くの光や景色を採り入れることが可能になりました。
そして、15年ぶりとなる新色ダスクグレーを追加。ダスクグレー色は、薄暮の時間帯をコンセプトにしたごくわずかに青みを感じる低彩度のカラーで、住宅に美しく馴染みます。形材のトップ層に高耐候型アクリル塗料を適用したテクスガードを採用することで、高い耐候性と耐食性で長期に渡り美しい風合いを維持します。ダスクグレー色は今後、エクステリアなど他の製品にも展開していきます。
ダスクグレー Webサイト https://www.lixil.co.jp/lineup/window/s/duskgray/index.html

また、厳しい自然から暮らしを守る国内最高水準の窓性能を保持しています。HEAT20 G2レベルにも対応する圧倒的な断熱性能(熱貫流率0.98W/㎡・K※1)だけでなく、台風や大雨に配慮した最高レベルの耐風圧性能・水密性能、加えて長期使用を考慮し高い耐久性も実現しています。

さらに、生活者の視点に立って使いやすさを追求し、引違い窓フラットタイプでは下枠の段差をなくすことで、つまずきや転倒を未然に防止し、お掃除もラクになります。この他にも、家の建材や家電がトータルでつながるIoTホームリンク「Life Assist2」と連携することで、手が届かない高窓や電動シャッターが、リモコンやスマホで簡単に操作できます。

LIXILは、今後もTOSTEMブランドを通じて、住宅の高性能化を推進し、人々の暮らし、ひいては社会全体が豊かで快適になるよう貢献していきます。

----------
※1 縦すべり出し窓(グレモン)TFトリプルガラス(クリプトンガス入り)内外Low-Eクリア(3-10-1.3-10-3)JIS A 4710に基づく代表試験体による社内試験値

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社 LIXIL
ホームページ
https://www.lixil.co.jp/
代表者
瀬戸 欣哉
資本金
68,418,000 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒136-8535 東京都江東区大島2-1-1
連絡先
03-6706-7020

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所