成城大学 日本生まれのノーベル文学賞作家 カズオ・イシグロ氏の作品を紐解く



成城大学大学院 文学研究科主催 学術講演会
日本を舞台にした小説2作品などを参照して考えていきます
「 カズオ・イシグロと〈始まり〉の探求 」
 講 師: 秦 邦生 氏(東京大学大学院准教授)
 2021年12月2日(木)15:00~16:30 オンライン開催(無料)




 成城大学(東京都世田谷区 学長:戸部 順一)は、成城大学大学院 文学研究所が主催の学術講演会「カズオ・イシグロと<始まり>の探究」を、2021年12月2日(木)に開催いたします。
 本講演会は、東京大学大学院准教授・秦 邦生氏をお迎えし、2017年にノーベル文学賞を受賞した小説家 カズオ・イシグロ氏の小説をテーマに、作品を考察・紐解いていきます。
 故郷としての日本や誕生の瞬間をも含意する〈始まり〉という多義的なテーマがイシグロのキャリアの始まりの時期にどう表れていたのかを、初期の短編や日本を舞台とした小説二作品、 アーカイヴ資料などを参照しつつ考えていきます。
  
 成城大学大学院 文学研究科では、成城大学の教員、大学院生の啓発を目的として、様々なテーマを掲げた講演会を定期的に開催しています。それは同時に、学外の学生、社会人の知的要請に応じようとするものでもあります。
 学外の方も奮ってご参加下さい。

<講師プロフィール>
 秦 邦生(しん・くにお)氏
 1976年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は英文学。編著書に『ジョージ・オーウェル『一九八四年』を
 読む――ディストピアからポスト・トゥルースまで』(編著、水声社、2021年)、『カズオ・イシグロと日本――幽霊から
 戦争責任まで』(共編著、水声社、2020年)、『イギリス文学と映画』(共編著、三修社、2019年)、訳書にフレドリッ
 ク・ジェイムソン『未来の考古学I・II』(共訳、作品社、2011−2012年)など。

<開催概要>
 日   時:2021年12月2日(木)15:00~16:30
 タイトル:「カズオ・イシグロと<始まり>の探究」
 講演者 :秦 邦生氏(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
 開催方法:Zoomミーティング
 参加費:無料
 申込方法:11月29日(月)までにお申込みフォーム https://forms.gle/XbBdcaVcykdkveWS8 にお申込み下ください。
 参加申し込みをされた方には、講演会の前日までにオンライン講演会URL情報をメールでお送りします。
 お問い合わせ:成城大学大学院文学研究科(平日9:00-16:00)
 E-mail:bungei55@seijo.jp


▼本件に関する問い合わせ先
成城学園企画広報部 企画広報課
住所:東京都世田谷区成城6-1-20
TEL:03-3482-1092
メール:kikaku@seijo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
成城大学
ホームページ
http://www.seijo.ac.jp/
代表者
戸部 順一
上場
未上場
所在地
〒157-8511 東京都世田谷区成城6丁目1-20
連絡先
03-3482-2101

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所