東京大学コミュニケーションセンターより発売 古代蓮に思いをはせて New 「蓮香」オードパルファムとハンドクリーム



国立大学法人東京大学(総長:藤井輝夫、本部:東京都文京区)は、2007年4月の発売以来、多くの方々に愛されてきた「蓮香」(れんか)のオードパルファムと同シリーズのハンドクリームをリニューアルし、東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)限定で発売いたしました。
また、このたびUTCCでは、オンラインストアのサイトをリニューアルし、東京大学の研究成果から生まれた商品や大学の記念となるオリジナルグッズを、より多くオンラインストアでもご購入いただけるようにいたしました。
New「蓮香」のシリーズはオンラインストアで8月16日より発売開始いたしました。




●商品開発の経緯と製品の特長
 1951年、東京大学検見川厚生農場(現東京大学検見川総合運動場、千葉県)で、東京大学出身の植物学者、大賀一郎博士によって3粒の古い蓮の実が発掘されました。その後のシカゴ大学での分析結果によると、この蓮の実は少なくとも2000年以上前のものであると推定されています。その年の5月、大賀一郎博士はその3粒を発芽させることに成功し、そのうちの1粒が生育して、翌1952年7月18日に淡紅色の美しい花を咲かせました。
 博士の名前から「大賀蓮」と名付けられたこの蓮は、国内外に友好親善のために分根して送られ、たくさんの人々に愛されています。

 東京大学と化粧品メーカーは、1985年以降大賀蓮の香りの分析・研究を行い、香りキー成分に、2000年の眠りから覚めて水辺に凛と咲く大賀蓮の花のイメージをプラスして一代目の「蓮香」の製品を完成させ、2007年の発売後、大変な人気商品となりました。このたび、スタイリッシュな角型の瓶というパッケージの装いも新たに、二代目となるフローラル・グリーンの新しい香りの「蓮香」オードパルファムを発売いたしました。
 初代の香りと同様に、生命の神秘を感じさせる清らかな香りを含んださわやかで優しい香りは、年代を問わず男女ともに幅広い方々にお使いいただけるオリジナルの香りです。
 ハンドクリームは、さらりとした質感で、優しい香りがほのかに香ります。

●こんな人へ、こんなときにおすすめです!
・気分をリフレッシュさせたい時に
・ご家族共通に使える香りとして
・お洒落で気の利いたプレゼントに

<製品概要>
●商品名:蓮香 オードパルファム
・品名:オードパルファム
・原産国 日本
・内容量:28ml
・仕様: ガラス瓶入り スプレータイプ 化粧箱入り
・価格:2,500円(税込)
・発売日:令和3年6月1日

●商品名:蓮香 ハンドクリーム
・品名:ハンドクリーム
・原産国 日本
・内容量:40g
・仕様: チューブタイプ クリアケース入り
・価格:980円(税込)
・発売日:令和3年4月2日

<購入方法>
(1)店舗での購入
・東京大学コミュニケーションセンター(UTCC)
 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス内 赤門北隣
 TEL:03-5841-1039
 営業時間:10:00~18:00 定休日:日曜、祝日
 ※現在、ご来店は予約制で、平日のみ 11:00~16:00 の短縮営業中です。

・IMTブティック
 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 3階インターメディアテク内
 営業時間:11:00~18:00(金土は20:00まで) 
 定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)および年末年始、その他館が定める日
 ※現在、12:00~16:00 の時間短縮営業中です。
 http://www.intermediatheque.jp/ja/boutique/



(2)オンラインショップでの購入            
・UTCCオンラインストア
 https://utcc.u-tokyo.ac.jp/

※店舗やオンラインストアの営業は予告なく変更になる場合もございます。
 ご来店の際には店舗にお電話でお確かめください。

<お問合せ>
・プレスリリースの内容、取材に関するお問合せ
 東京大学社会連携部社会連携企画課 コミュニケーションセンター担当
 メールアドレス: utcc.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
東京大学
ホームページ
http://www.u-tokyo.ac.jp/
代表者
藤井 輝夫
上場
未上場
所在地
〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3-1
連絡先
03-3812-2111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所