デロイト トーマツ、味の素株式会社の人財キャリアマネジメント基盤の構築・運用を支援

新たな人財活用、コミュニケーションモデルについて、構想策定、業務設計から、SAP Success Factors の導入支援、現場への浸透、人事体制の提起までを一気通貫で支援

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング(東京都千代田区、代表執行役社長:佐瀬真人 以降、DTC)は、味の素株式会社が、自律的な人財の育成・適正な人財配置を加速・強化する仕組みとして2021年7月より運用を開始した人財キャリアマネジメント基盤の構築支援を行いました。また今後の運用についても、継続的に支援していきます。
味の素株式会社は2020-2025期中期経営計画において「食と健康の課題解決企業」を目指しており、その実現に向けて「従業員と会社の共成長の実現」を重要な課題と位置づけています。この度、これまでの取り組みを活かしつつ、更なる人財育成や人財活用の実現に向け、人財キャリアマネジメント基盤の構築・運用を進めることになりました。
DTCは人事領域における国内最大規模の人事プロフェッショナルを擁し、多様な人財マネジメントを設計してきた経験を有しています。今回の取り組みにおいてDTCは知見・経験に基づき、グローバルの人事・人財に関するトレンドや、COVID-19等による人財の価値観やワークスタイルの変化等を捉えた人財マネジメントの仕組みの企画・設計について構想策定や業務設計から支援を行っています。また、これらの取り組みを支援するソリューションとして、グローバルで広く導入実績があり、デロイトが数多くの導入実績を有する、SAP社のSAP Success Factorsの人財キャリアマネジメント基盤としての導入を支援しました。本件はDTCにとってタレントマネジメントの構想策定から人事体制設計、システム基盤構築までをグローバル展開も見据えて一気通貫で支援した象徴的な案件となります。

DTCは味の素株式会社が目指す人財キャリアマネジメント基盤を活用した継続的な人財育成、適所適財の人財活用の加速や、従業員に対する様々な機会の提供について、当社のグローバルの知見を活用し、引き続き支援していきます。

【デロイト トーマツ グループの人事コンサルティングについて】
日本では国内最大の300名規模の組織・人事のプロフェッショナル集団がグローバル8000人規模の専門家と連携し、人事機能変革(HR Transformation)、組織変革(Organization Transformation、人材変革(Workforce Transformation)を始めとした多様な人事関連の課題解決を支援しています。また、デロイト トーマツ グループの多様な専門家と連携し、人事・組織の戦略・制度から業務や情報システムに至る幅広い組織能力によって、クライアントとともに、日本そして世界の未来のための新しい価値を提供しています。あわせて、デロイト トーマツ グループは組織・人事領域をリードする次のような情報発信を継続的に行っています。

グローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンド 2021
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/human-capital/articles/hcm/global-hc-trends.html

2020年 デロイト ミレニアル年次調査/コロナ時代にキャリアへの不安を強める日本のミレニアル・Z世代
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/about-deloitte-japan/millennial-survey-2020.html

「働き方改革の実態調査2020」
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/human-capital/articles/hcm/workstyle-survey.html
本件に関するお問合わせ先
<報道機関の方からの問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ 広報担当 真木・高橋
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
デロイト トーマツ グループ
ホームページ
https://www2.deloitte.com/jp/ja.html
代表者
永田 高士
資本金
500,000 万円
上場
未上場
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
連絡先
03-6213-3210

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所