デロイト トーマツと京都先端科学大学の包括的連携協定に 基づく、ものづくりDX推進と教育機能強化に向けた施策が始動

専門性と実践力を兼ね備えた京都発世界人財の育成・輩出と日本企業のものづくりDXを産学協働で推進し、企業改革と新ビジネス創出へ貢献

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長:佐瀬真人、以下「デロイト トーマツ」)と学校法人永守学園 京都先端科学大学(京都市右京区、学長:前田正史、以下「KUAS」)は、世界が必要とする学術と人材輩出に向けて連携・協力して教育研究機能を強化するために締結した、ものづくりDX推進と教育機能強化に向けた包括的連携協定(以下、本連携)に基づく具体的な施策を始動します。

本連携はKUASが目指す専門性と実践力を兼ね備えた京都発世界人財の育成と輩出とデロイト トーマツが目指す日本企業のモノづくりDXを産学一体で推進し、企業改革や新しいビジネス創出に貢献することに協働して取り組むものです。そのために、日本のものづくりDXの推進に必要な実践的な知識・体験を得られる仕組みをKUASに構築し、将来的には他大学での展開、利用を含めた教育、産学公への貢献をKUASおよびデロイト トーマツが連携・協力し実現することを両者共通の目的とし、主に次の3点の施策に取り組むこととしています。
  1. 専門力、実践力、グローバル力を兼ね備えた学生の育成、輩出を目的とした、教育連携に関する施策
  2. 日本企業のものづくりDX推進に必要な実践的知識、体験を得られるイノベーションスペースに関する施策
  3. 教育、産業界のDX活用、推進を後押しする仕組みづくりに関する施策

この度、協定に基づく具体的施策の第一歩として、KUASの学生を対象としたインターンシッププログラムを開始しました。大学の正課科目として単位認定される学生インターンシップの受け入れはデロイト トーマツとして今回が初となります。本プログラムでは「社会の即戦力となる人材」になるために必要なマインドセット、スキル等を体感できる場をデロイト トーマツが提供し、学生に疑似プロジェクトワークにて、クライアントの業務課題の特定、施策の検討、オペレーションの改善(概念実証)などを経験させます。

また、今秋にはものづくりDX推進に必要な実践的知識、体験を得られる125平米のラボを太秦キャンパス南棟に設置します。ラボは、KUASの学生がものづくりDXに関する実践的な学びを得る場として活用します。また、製造業を始めとする様々な企業、団体、教育機関などが、産学連携によるものづくりDX の推進を図る拠点とする計画です。

今後両者は、京都の地域社会や地場産業との連携を含む、教育、産業界のDX活用、推進を後押しする仕組みづくりのための検討も進め、日本企業のモノづくりDX推進に資する連携を深めていきます。

京都先端科学大学について
https://www.kuas.ac.jp/
本件に関するお問合わせ先
<報道機関の方からの問い合わせ先>
デロイト トーマツ グループ 広報担当 高橋、高木
Tel: 03-6213-3210  Email: press-release@tohmatsu.co.jp

学校法人永守学園 京都先端科学大学 研究・連携支援センター 久島、居永
Tel. 075-496-6211 Email: liaison@kuas.ac.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
デロイト トーマツ グループ
ホームページ
https://www2.deloitte.com/jp/ja.html
代表者
永田 高士
資本金
500,000 万円
上場
未上場
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
連絡先
03-6213-3210

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所