カスタマーサクセス取り組み企業実態 ”サブスク”、”SaaS”だけのためのものじゃない ー カスタマ―サクセス取り組みの有無で顕著な差が見えたビジネス業況

~バーチャレクスとアイティクラウドによる実態調査、2021年版第三弾結果~

 バーチャレクス・グループのバーチャレクス・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸山勇人、以下、バーチャレクス)は、アイティクラウド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:黒野源太、以下、アイティクラウド)と合同で実施したカスタマーサクセスに関する実態調査につきまして、第一弾、第二弾に引き続き、今回第三弾の結果を取りまとめました。

■第三弾調査結果概要

対象:第一弾の調査対象である21,526人の中で、自社において①「カスタマーサクセスに取り組んでいる」と答えた500人および、②「カスタマーサクセスに取り組んでいない」と答えた500人、計1,000人に対して、ビジネスモデルと直近1年の業況、コロナ禍における新たな施策展開、そしてそもそもの顧客対応業務のあり方等についての調査を行いました。

カスタマ―サクセスに取り組んでいるのは“サブスク商材“提供企業だけではない

 カスタマ―サクセスに取り組んでいる企業、取り組んでいない企業それぞれの対象者に、勤務先でサブスクリプション(サブスク)型の製品またはサービスについて取り扱いがあるかどうかを尋ねたところ、カスタマ―サクセスに取り組んでいる人の半数以上が何かしらのサブスク型商材を勤務先で扱っていることがわかりました。「サブスク/SaaSビジネスの成功・成長にカスタマーサクセスが必要不可欠である」という考え方が一定の浸透を見せている、と推察できます。

 一方、取り組んでいない人の半数近くはサブスク型商材を扱っていないということが示すように、「カスタマーサクセス=サブスク/SaaSビジネスだけのもの」というある種の誤解は、まだまだ根強いことが伺えます。ただ、2割を超える人が、サブスク型商材を扱っていないにも関わらずカスタマーサクセスに取り組んでいるということもわかりました。前述の”誤解”を乗り越え、「カスタマーサクセスのコンセプトはあらゆる事業において必要なものである」というその本質を理解した人が増えつつあるのかもしれません。

 その証左ともいえる結果があります。このカスタマーサクセスに取り組んでいる人の中でサブスク商材の取り扱いがあると答えた人、サブスク商材の取り扱いがないと答えた人に対して、直近一年間でのカスタマーサクセスに対する意識の変化について聞いたところ、いずれのグループでも「必要性を感じるようになった」と回答する人の割合が圧倒的に上回る結果となりました。実際にカスタマーサクセスに取り組むことで、その重要性を更に体感したということなのではないでしょうか。

        
          


コロナ禍の影響下、業況や新たな取り組みに対する意識にも大きな差が

 その重要性は具体的な成果にも現れているようです。カスタマ―サクセスに取り組んでいる企業、取り組んでいない企業それぞれの対象者に、直近一年の業況について、新規顧客数の変化、新規売上の変化、継続売上の変化それぞれについて聞いてみたところ、カスタマーサクセスに取り組む企業においては新規顧客数45.0%、新規売上43.0%、そしてカスタマーサクセスの肝とも言える継続売上についても38.2%の企業が「増加した」と回答しました。それに対してカスタマーサクセスの取り組みを行っていない企業においては、いずれの項目も「増加した」との回答は2割にも満たない結果となりました。その中でも特に「継続売上」に成功している企業は約1割となっており、コロナ禍において、カスタマーサクセスの実践状況が業況を左右したともいえる結果が明らかになりました。

 では、その差はどこに起因するのでしょうか。そのヒントは、直近の顧客接点での取り組み状況にありそうです。同グループに対し、「直近一年で新たに始めた取り組みはあるか」と尋ねたところ、カスタマーサクセスに取り組んでいる企業の方がより様々な取り組みにチャレンジしていることがわかりました。テクノロジー活用の延長で、オンラインチャットサポートやオンラインセミナーの実施、動画コンテンツの充実化などが特に目立った取り組みと言えます。また顧客からの要望収集を強化した、SNSの活用を始めたという企業も一定数見られました。そんな中でカスタマーサクセスに取り組んでいない企業の6割近くが、特に何も始めてないと答えており、その意識の差が大きく出る結果となりました。カスタマ―サクセス取り組み企業はコロナ禍で積極的に新たな施策に着手し、顧客との向き合い方において工夫を凝らしたその結果が業績にも表れたのではないでしょうか。


通常業務も個別にみれば“カスタマ―サクセス”にかかわる業務であるが・・・

 次に、それぞれの対象者に「(カスタマーサクセスの取り組みと定義しているかどうか問わず)自社顧客に対して通常行っている業務」の取り組み状況について比較してみました。カスタマーサクセスに取り組んでいない企業の多くでも、いわゆる一般的なCRMに関わる業務や、カスタマーサポートといった部類の業務は行っていることが伺えます。そんな中で、カスタマーサクセスに取り組む企業との比較において差がみられたのは、「顧客満足度管理」や「顧客からの意見収集」、「顧客ニーズに合わせた自社商品の見直し」など、顧客に寄り添ったプロアクティブな活動への積極性です。加えて、「テクノロジーを活用した顧客との接触」、「取引状況に応じた顧客セグメント化」、「顧客の取引減少時の対応」など、カスタマーサクセス活動において、特に重視される取り組みについては、当然のことながら、より顕著な差がみられる結果となりました。

 また、カスタマーサクセスの取り組みにおいては欠かせないとされる”テクノロジー(ソフトウェア)の活用”についても、やはり大きな差が見られました。

カスタマ―サクセスはすべての企業に求められる。「顧客の成功」の継続が業績を左右する

 今回の調査結果においては、カスタマーサクセスに対する意識・姿勢が、コロナ禍における新たな施策展開、そしてそもそもの顧客対応業務のあり方に影響していること、そして、その結果として、直近一年の業績を左右していることが浮き彫りになりました。カスタマーサクセスに取り組む企業が業績面での成果を上げる一方、カスタマーサクセスと銘打って取り組んでいない企業は伸び悩み。それぞれ顧客獲得や契約継続のためのアクションは同じく行っているものの、成否が分かれてしまうのは、そもそものカスタマーサクセスに対する意識・姿勢の差であり、取り組み体制や方法に改善の余地がある(例えば属人的になっていないか、テクノロジーを活用できないか)からなのかもしれません。

 バーチャレクスとアイティクラウドは引き続き、「カスタマーサクセス」の啓蒙と、これから取り組んでいく、あるいはさらに深化させていく、という企業様のサポートを行ってまいります。また、本調査においては近日第四弾結果を公開する予定です。また、バーチャレクスでは企業様のカスタマーサクセス導入や運用をサポートする様々なサービスを提供しています。
  • ワークショップ(経営者様向け/社員様向け等、カスタマーサクセスについての理解促進をサポート)
  • コンサルティングサービス(ショット/スポット型でのレビューや戦略立案等)
  • テクノロジーサービス(ツールやデータプラットフォームの導入/構築や利活用支援)
  • オペレーションサービス(カスタマーサクセスプロセス伴走支援)
 また下記サービスを無料でご提供しています。
  • カスタマ―サクセスビギナー向け入門ガイドダウンロード
  • カスタマ―サクセスの取り組み状況クイック診断
  • これからカスタマーサクセスの取り組みを検討する企業様の質問や疑問、お悩みにお答えするお悩みホットライン
 詳しくはこちらをご覧ください。https://customer-success.virtualex.co.jp/


参考:『カスタマーサクセス ―サブスクリプション時代に 求められる「顧客の成功」10の原則―』
https://www.virtualex.co.jp/corporate/customersuccess.html



【調査実施概要】
「2021年カスタマーサクセスに関する調査」
・調査方法  :インターネットアンケート
・調査実施期間:2021年2月19日~2021年2月22日
・対象地域  :全国
・対象者   :20代から 60代の有職者(パート・アルバイト、専業主婦・主夫、学生を除く)24,274人


■アイティクラウド株式会社について (http://www.itcrowd.co.jp )
アイティクラウド株式会社は、IT製品のレビューメディア事業展開を目的とし、SB C&S株式会社とアイティメディア株式会社の合弁会社として2018年4月に設立しました。「IT選びに、革新と確信を」をミッションにかかげ、企業がテクノロジーを活用する上で必要となる“信頼できる声”や“確かな情報”の集まる場である「ITreview」を同年10月に開設。リアルユーザーの製品レビューを収集・掲載することで、IT選定の透明性を高め、迅速で自信に溢れた意思決定のできる世界の実現を目指しています。

■ITreviewとは (https://www.itreview.jp/ )
ITreviewとは、法人向けIT製品・クラウドサービスのリアルユーザーが集まるレビュープラットフォームです。製品検討者においてはユーザーにより投稿されたレビューや製品情報の閲覧ができ、ビジネスの現場で受け入れられている顧客満足度の高い製品を確認できます。また、製品ユーザーにおいては、自身が活用する製品評価をレビューとして投稿でき、自身のIT活用にまつわるナレッジをシェアできます。情報共有、セールス、マーケティング、会計、ITインフラ、セキュリティ、開発などといった約330のカテゴリー、4,000製品とそれらに関するレビューを約4.5万件掲載しています。

■バーチャレクス・コンサルティング株式会社について (https://www.virtualex.co.jp )
バーチャレクス・コンサルティングのビジネスはコンタクトセンターが原点となっており、1999年以来約20年にわたってアウトソーシングサービスを提供しています。現在ではRPAやMAなどのテクノロジーを活用したお客様へのサービスやコンサルティングにも注力しており、「コンサルティング」「テクノロジー」「アウトソーシング」という3つのコアスキルを融合させ、”Succession With You”をタグラインにクライアント様と伴走し、カスタマーサクセスを目的としたビジネスを展開しています。
本件に関するお問合わせ先
専用フォームよりお問い合わせください
https://www.virtualex.co.jp/contact_form/service-agree.html

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
バーチャレクス・コンサルティング株式会社
ホームページ
http://www.virtualex.co.jp/
代表者
丸山 勇人
資本金
2,000 万円
上場
マザーズ
所在地
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル8F
連絡先
03-3578-5300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所