味の素㈱、持続可能な食資源を活用した 次世代ベジタブルドリンク「Mankai(R)[マンカイ]」新発売

~たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など60種類の豊富な栄養素※1~
2021年7月30日(金)より通販サイト限定で販売開始

味の素株式会社(社長:西井 孝明 本社:東京都中央区)は、次世代の食資源と期待される世界最小※2の葉野菜マンカイ(ウォルフィア)を主成分とする次世代ベジタブルドリンク「Mankai(R)[マンカイ]」を2021年7月30日(金)より新発売 します。本製品はビタミン、ミネラル、食物繊維だけでなく、筋肉や血液などのもととなる良質な植物性たんぱく質 (プロテイン)を含む60種類の栄養素が詰まった、たんぱく質(プロテイン)と1日の野菜摂取目標量の1/3以上※3を同時に チャージできる全く新しい次世代ベジタブルドリンクです。
※1) 植物性たんぱく質や、肉や野菜、魚などに含まれるさまざまな栄養素
※2) 出典:Skillicorn et al.,1993、筑波実験植物園HP 植物図鑑
※3)スティック1本当たり、厚生労働省が推進する「健康21」において1日分の野菜目標摂取量350gの1/3にあたる、約117g分の葉野菜 マンカイ(ウォルフィア)を乾燥させた原料を使用しています。


近年日本では、健康維持のためのたんぱく質摂取への意識や、野菜の栄養素を手軽に摂取できるグリーンチャージ(健康志向食品)製品の需要が高まっています(グリーンチャージ市場は約800億円※4規模)。
当社は、2017年3月にイスラエルのバイオベンチャー企業Hinoman Ltd. (CEO:Ron Salpeter 本社: イスラエル国 テルアビブ、以下ヒノマン社)との間で、同社が有する高たんぱくで優れた栄養価値のある 葉野菜マンカイ(ウォルフィア)の日本における独占販売権の取得について合意し、この度、その葉野菜マンカイを使用した次世代ベジタブルドリンク「Mankai(R)[マンカイ]」を発売します。
※4) 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧・No.2(2020年版)

「Mankai(R)[マンカイ]」は、スティック1本で、1日当たり推奨される野菜1/3以上を一度に手軽に摂取することができます。味は抹茶風味で、水や牛乳等に混ぜてお召し上がりいただけます。なお、素材である 葉野菜マンカイは水、光、肥料を用いた水耕栽培で、比較的短期間に収穫することが可能であるため、環境への負荷が少ないサステナブルなたんぱく源として注目されています。

当社は2020-2025中期経営計画で掲げる「食と健康の課題解決企業」というビジョンの実現に向けて、 気候変動をはじめとする“地球持続性”の課題解決や、持続可能な“食資源”の開発などを通して、生活者の 健康づくり、ならびに健康寿命の延伸に貢献していきます。
2021年度の売上目標は、約3億円(消費者購入ベース)です。

1.製品概要
(1)製品名:「Mankai(R)[マンカイ]」30本入り(約30日分)
(2)特  長:
①葉野菜マンカイ(ウォルフィア)4.8g配合<生野菜換算値で1日当たり推奨される野菜の1/3以上>
②鮮やかな緑色の粉末タイプ 
③手軽で持ち運びしやすいアルミスティック
(3)容量:5.4g/1本当たり
(4)価格:4,500円(税込)
(5)ターゲット:野菜やたんぱく質の摂取意向が高い方、毎日の健康を維持したい健康意識の高い方
(6)摂取方法:1日1~3本を目安に、水や牛乳などと一緒に摂取
(7)賞味期限:年月表示
2.発売日:2021年7月30日(金)
3.発売地域:全国(国内)
4.販売方法:通信販売(味の素ダイレクト社:電話、インターネットなど)

お客様問合せ先:味の素ダイレクト㈱お客様係 フリーダイヤル 0120-324-324
味の素ダイレクト㈱オンラインショップ:https://direct.ajinomoto.co.jp/supplement/ff/mankai/

参 考 
<Mankai(R)[マンカイ]について>
1.「ケール青汁」の約3倍、豊富なたんぱく質が凝縮※5【100g当たりのたんぱく質含有量の比較】
※5) 出典:Mankai®は当社分析値、その他は「日本食品標準成分表」(八訂)より計算

2.「Mankai(R)[マンカイ]」の栄養素
           ●60種類の栄養素

●「Mankai(R)[マンカイ]」は卵に似た理想的な
アミノ酸バランス【アミノ酸組成の比較※6

※6) 出典:「Mankai(R)[マンカイ]」は当社分析値、
鶏卵(生)は「日本食品標準成分表」(八訂)より計算



<主成分の葉野菜マンカイ(ウォルフィア)について>
1. 葉野菜マンカイ(ウォルフィア)とは
・Wolffia globosa(和名:ミジンコウキクサ)というウキクサの一種
・世界最小の「野菜」(葉の直径が約0.5mm)
・たんぱく質やビタミン・ミネラルなど現代人に必要な60種類の豊富な栄養素が凝縮
2. 葉野菜マンカイ(ウォルフィア)の生産の様子
・ヒノマン社独自に開発した、成長を最適化する
水耕栽培システムで製造
・栽培開始3日後には、収穫が可能
・環境負荷が小さく、サステナブルな栽培技術

■ヒノマン社概要
(1)社  名:Hinoman Ltd.
(2)所在地:イスラエル国 テルアビブ
(3)設立時期:2010年8月
(4)代表者:CEO Ron Salpeter
(5)事業内容:葉野菜マンカイ(ウォルフィア)に関する研究開発および製造販売
(6)従業員数:45名
(7)WEBサイト:http://www.hinoman.biz/
*Mankai®はHinoman Ltd.の登録商標です。

■2017年3月23日付プレスリリース
「味の素㈱、高たんぱく質で優れた栄養価値のある植物素材
味の素グループは、“アミノ酸のはたらき”で食習慣や高齢化に伴う課題を解決し、人々のウェルネスを共創する、食と健康の課題解決企業を目指しています。
私たちは、“Eat Well, Live Well.”をコーポレートメッセージに、アミノ酸が持つ可能性を科学的に追求し、事業を通じて地域や社会とともに新しい価値を創出することで、さらなる成長を実現してまいります。
味の素グループの2020年度の売上高は1兆714億円。世界35の国・地域を拠点に置き、商品を販売している国・地域は130以上にのぼります(2021年現在)。詳しくは、www.ajinomoto.co.jpをご覧ください。

Mankai(マンカイ)の日本における独占販売権を取得
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/presscenter/press/detail/2017_03_23.html

味の素グループは、“アミノ酸のはたらき”で食習慣や高齢化に伴う課題を解決し、人々のウェルネスを共創する、食と健康の課題解決企業を目指しています。
私たちは、“Eat Well, Live Well.”をコーポレートメッセージに、アミノ酸が持つ可能性を科学的に追求し、事業を通じて地域や社会とともに新しい価値を創出することで、さらなる成長を実現してまいります。
味の素グループの2020年度の売上高は1兆714億円。世界35の国・地域を拠点に置き、商品を販売している国・地域は130以上にのぼります(2021年現在)。詳しくは、https://www.ajinomoto.co.jp をご覧ください。
本件に関するお問合わせ先
本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:
https://www.ajinomoto.co.jp/company/jp/contact_us/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
味の素株式会社
ホームページ
http://www.ajinomoto.co.jp
代表者
西井 孝明
資本金
7,986,300 万円
上場
東証1部
所在地
〒104-8315 東京都中央区京橋1丁目15-1
連絡先
03-5250-8111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所