''産学農共同開'' 馬有機堆肥で育てたお米から作った日本酒 生命科学に基づく土壌改善技術で、おいしく飲んで、持続可能な農業を応援 「清酒・勝利馬(しょうりうま)」新発売! -- 立命館大学



立命館大学と小西酒造株式会社(兵庫県伊丹市)は、一般社団法人SOFIX 農業推進機構(滋賀県草津市)と田渕農場(滋賀県草津市)の協力のもと、競走馬の馬フンから作られた堆肥(馬有機堆肥)で栽培した米を使った「清酒・勝利馬(しょうりうま)」を共同開発しました。2021年6月1日(火)より小西酒造オンラインショップにて予約を開始します (6月7日(月)より出荷)。




 これまで、立命館大学と小西酒造株式会社は、2013年より立命館大学生命科学部教授の久保幹(もとき)が考案した土壌診断技術「SOFIX(ソフィックス)」を活用し、競走馬の馬有機堆肥で育てた米を使った環境に優しい日本酒の開発を行ってきました。「SOFIX」は、土の中の微生物の働きを可視化・指標化する技術で、農家の経験と勘が頼りであった有機肥料を使った土づくりを、科学的な指標を持って行い、農作物の品質や生産性の向上を実現します。今回、第二弾となる「清酒・勝利馬」は、「SOFIX 土壌認定」でA評価を得た田渕農場の水田で栽培した安心・安全な高品質のコシヒカリを使い、前作よりも芳醇でボディがありながらも味わいのキレの良さが特長のお酒に仕上げています。



 また、SOFIX技術の活用により有機栽培が普及することは、土壌環境の改善、世界で問題となっている農地土壌劣化の解決の一助にもなり、「清酒・勝利馬」を美味しく飲むことは、持続可能な農業を応援することにも繋がります。

 立命館大学久保教授は「あまり知られていませんが、日本は化学肥料の使用量が多く、EUと比較して残留農薬基準値もゆるい現状があります。有機物と微生物を調和させる技術『SOFIX』による、できるだけ農薬を使わない土づくりを活かした『清酒・勝利馬』を美味しく飲んでいただくことでまたSOFIXが広まる好循環を期待します」とコメントしております。

 小西酒造株式会社代表取締役社長 小西新右衛門は「SOFIX技術で肥沃度を高めた土壌で栽培したお米を丹精に磨き上げ、仕込んだ純米大吟醸酒です。芳醇な香りとすっきりとした味わいが特徴で、冷やしても温めてお飲みいただいても力強さと余韻を感じることができます。このお酒が持続可能な農業の一助となることに期待しています」とコメントしております。


小西酒造オンラインショップ https://choujugura.com/
(商品ページ) https://choujugura.com/SHOP/01361.html

▼本件に関する問い合わせ先
立命館大学広報課
名和・中嶋
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
立命館大学
ホームページ
http://www.ritsumei.ac.jp/
代表者
仲谷 善雄
上場
未上場
所在地
〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所