オフィス・ビジネスシーンにおける密や接触を避けた環境づくりを東和エンジニアリングが支援。顔認証による検温記録管理や密の見える化、会議室の音響システムの工夫による感染予防対策が可能に!

 一進一退の状況となっている新型コロナウイルス感染症の流行下において、テレワークなどの新しい働き方が浸透している企業も少なくありません。しかし、まったくオフィスに出社せずにビジネスを進めることは困難ではありませんか?自社内に感染者はいないはずと思っていても、企業内で感染が起きてしまうなど万一の場合を考えると、検温、手洗い・消毒といった個人に任せた対策だけでは不安なこともあります。いかに“触れずに”、“密にならずに”、感染を抑えるかという先回りの対策をシステムで支援します。




◆サーマルカメラによる個人ごとの「検温・記録管理」
 エントランスや会議室の入口などに設置されたサーマルカメラと顔認証技術を連携させた独自のシステムにより、検温するだけで事前登録済みの従業員の検温結果を自動で記録します。記録を取得していることによる体調不良者の進入抑止効果、一定期間検温記録を保管することで万一の場合に個人の検温履歴を確認することができます。

 ◎出退や在室をスムーズに確認「スマートサインN@vi」
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/solution/eizou/smart-sn/index.html#01


◆人の集まっている場所が事前にわかる「密の見える化」
 オープンな執務エリア、食堂やラウンジなど人が集まる場所の机・椅子などに専用の人感センサーを設置することで、ディスプレイやスマートフォンで密集状況をリアルタイムに確認することができます。その場に行ってみなければ混雑状況や空席状況が分からない、という思いがけない密に巻き込まれる心配がなく、事前に密を避けられます。

 ◎人や設備の見える化で新たな働く・学ぶ生活スタイル「見える化ソリューション」
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/solution/other/mieruka/


◆会議室の密と間接的な接触を回避「距離を保てる会議環境」
 密を避けるために中規模~大規模な会議室に集まった場合に、ソーシャルディスタンスを保ったら発言者の声が聴こえづらくなってしまったが、大声を出したときの飛沫感染やワイヤレスマイクを共有した場合の間接的な接触などが懸念されます。会議室のマイクを収音声の高い置き型の会議マイクにする、天井にシーリングマイクを設置するなど、会議室の音響システムを最適なものにすると会議室を安心して活用しやすくなります。

 ◎BOSCH会議システム「DICENTISディスカッション<ワイヤレス>」
  ⇒ https://www.towaeng.co.jp/solution/kaigi/dcn/dicentis.html


 株式会社東和エンジニアリングは、オフィスの規模やご要望に合わせて、非接触や自動管理といったソリューションでビジネスシーンに安心をご提供します。その他、働き方改革やニューノーマルに対応するためのウェブ会議や従業員の見える化システムなど、効率的な業務推進を支援するオフィス環境づくりをサポートします。

 また、講演会やセミナー、式典の収録・編集・配信などコンテンツ活用もお手伝いできます。当社スタジオを利用しての収録や配信も可能となっており、対面と映像配信などを使い分けたより良いビジネス環境の構築をサポートします。

■本件に関するお問い合わせ先
 株式会社 東和エンジニアリング
 電話:03-5833-8310
 ホームページ:https://www.towaeng.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社東和エンジニアリング
ホームページ
https://www.towaeng.co.jp/
代表者
新倉 恵里子
資本金
63,384 万円
上場
未上場
所在地
〒101-8631 東京都千代田区東神田1-7-8
連絡先
03-5833-8300

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所