おむつ・おしりふきの補充の負担をなくして「保育の時間充実」へ貢献 『おむつお届け定額サービス』が4月1日スタート。

 王子ネピア株式会社は、株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研教育みらいと日本紙パルプ商事株式会社と協業し、保育園と保護者の「おむつに関わる負担軽減」を目指し、『おむつお届け定額サービス』を2021年4月1日よりスタートいたします。


 乳幼児をお預かりする園様では、個人ごとにおむつの管理を行い、おむつの不足や補充の連絡を保護者様ひとりひとりに行っています。また、保護者様も、園へのおむつ持参や、園のルールによってはおむつひとつひとつに名前を書くなどの手間が大きな負担となっています。

 その手間を、全国の幼稚園・こども園・保育園へのネットワークを持つ王子ネピアと学研教育みらいがタッグを組み、乳幼児向けに紙おむつをお届けし、さらに、日本紙パルプ商事と協力することで、おむつ替えに必須のアイテムであるおしりふきをセットでお届けすることで軽減いたします。

 『おむつお届け定額サービス』を提供することで、園様、保護者様双方の負担を軽減し、子どもたちとのふれあいや、保育に向き合う時間に変えていきたいと私たちは考えます。


【サービス内容】
サービス名:「おむつお届け定額サービス」
      定額料金で、保育園へ紙おむつとおしりふきを配送するサブスクリプションサービスです。
セット内容:紙おむつ「ネピアWhitoシリーズ」
      +おしりふき「ふんわり心地よい赤ちゃんのおしりふき」+配送などのサービス
料金   :月額3,278円(税込)

<ネピア Whito (ホワイト)の想い>
ホワイトは、1回1回のおむつ交換そのものに向き合い、たどり着いた商品です。この真摯な商品開発の想いを、純白/Whiteに重ね合わせて、Whito(綴りの最後はo)とブランドロゴ化し、ホワイトとネーミングしました。おむつ替えという6000分の1の一度きりのスキンシップを、もっと大切に、もっと快適に。「かざらない、誠実な、一度きりの1/6000」のブランドストーリーにはそんな願いが込められています。

■王子ネピア
肌ざわりや使い心地の良さ、機能性を追求する生活品質、森を守るために採用したFSC®認証紙をはじめとする環境品質、お客様の思いと共に社会に貢献していくCSR活動などの社会品質。王子ネピアはこの3つの品質を追求し、「やわらかハート」のスローガンのもとに、家庭紙事業および紙おむつ事業の領域で営業・マーケティング・生産が一体となって取り組んでいます。

■学研教育みらい
園・学校を通じ子どもたちが心豊かに成長し輝かしい未来を築いていくことを願い、より良い商品・
情報・サービスの提供による教育環境づくりへの貢献を掲げる、学研グループの会社です。幼保園、小・中・高等学校、大学、企業までの学びを一貫してお届けしています。

■日本紙パルプ商事
1845年の創業以来、産業や文化の発展に不可欠な紙を専門に取り扱う商社として成長し、現在は、国内卸売・海外卸売・製紙及び加工・資源及び環境・不動産賃貸と事業領域を拡大しています。今後も社会的課題の解決に取り組むとともに、紙の限りない可能性を追求し、新たな価値の創出に挑戦します。





この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
王子ネピア株式会社
ホームページ
https://www.nepia.co.jp/
代表者
用名 浩之
資本金
35,000 万円
上場
未上場
所在地
〒104-8319 東京都中央区銀座5丁目12-8号王子ホールディングス1号館
連絡先
03-3248-3111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所