株式会社ジェイ・イー・ティのTOKYO PRO Marketへの上場に関するお知らせ

日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社ジェイ・イー・ティがTOKYO PRO Marketに新規上場

株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)がJ-Adviserを担当しております株式会社ジェイ・イー・ティ(以下、ジェイ・イー・ティ、 証券コード6228)が、本日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)が運営するTOKYO PRO Marketへ上場しましたことを、下記のとおりお知らせいたします。


1.TOKYO PRO Market上場の目的
ジェイ・イー・ティは、半導体洗浄装置の開発・設計・製造・販売をメインに、リチウムイオン電池検査装置等、新たな技術分野にも事業を拡大しております。国内4拠点に加え、海外では、韓国、中国、台湾、シンガポールに拠点を有しております。
新技術の開発や海外拠点の拡充等による今後の更なる発展を見据え、企業としての信用力向上や人材採用の強化等を通じて、強い会社・良い会社づくりに邁進することを目的として、TOKYO PRO Marketへ上場いたしました。
(※)TOKYO PRO Marketとは、東京証券取引所が運営する特定投資家等向けの株式市場です。



2.会社概要
■会社名:    株式会社ジェイ・イー・ティ
■本社所在地:  岡山県浅口郡里庄町新庄金山6078
■事業内容:   半導体洗浄装置、リチウム電池検査装置等の研究・開発・設計・製造・販売
■設立:     2009年4月
■拠点:     岡山、東京、大阪、大分、韓国、中国、台湾、シンガポール

※ジェイ・イー・ティのTOKYO PRO Marketへの上場申請詳細は、下記サイトをご参照ください。
(東京証券取引所:https://www.jpx.co.jp/equities/products/tpm/issues/index.html
(ジェイ・イー・ティ:http://www.globaljet.jp/ir/ir_board.asp



東京証券取引所にて上場セレモニーが開催されました(ソーシャルディスタンスを保っての開催となりました)

当社は、2019年7月にTOKYO PRO Marketの上場指導・審査・モニタリングを一貫して担う“J-Adviser”資格を取得しました。ジェイ・イー・ティは、当社における上場第4号銘柄となります。
今後も、多くの企業にTOKYO PRO Marketを活用した成長を実現していただけるよう、TOKYO PRO Marketへの上場をサポートするだけでなく、M&Aのリーディングカンパニーとして、一般市場への市場変更や海外進出、新規事業の創出等、TOKYO PRO Market上場のさらに先を見据えた成長支援サービスを提供していく所存です。また、金融機関、会計事務所等との連携もより一層強固にしながら、各地域に“スター企業”を創出することで、地域経済の活性化や雇用創出といった真の地方創生の実現に貢献してまいります。

(参考)TOKYO PRO Market 上場支援サービス:https://www.nihon-ma.co.jp/tokyopromarket/

■会社名:   株式会社日本M&Aセンター
■本社所在地: 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉃鋼ビルディング 24階
■事業内容:  M&A支援、上場支援
■設立:    1991年4月
■拠点:    東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、
        シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア

▼お知らせは、こちらからご覧ください
https://www.nihon-ma.co.jp/page/20210329release/


▼ジェイ・イー・ティについて
http://www.globaljet.jp/

▼日本M&Aセンターについて
https://www.nihon-ma.co.jp/
本件に関するお問合わせ先
株式会社日本M&Aセンター 広報担当 pr@nihon-ma.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社日本M&Aセンター
ホームページ
https://www.nihon-ma.co.jp
代表者
三宅 卓
資本金
250,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号鉄鋼ビルディング 24階
連絡先
03-5220-5454

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所