【東芝】デザイン思考を体現した共創拠点「Creative Circuit(TM)」をオープン

アイデアを迅速に具現化するメイカースペースや、光触媒や紫外線による徹底的なウイルス抑制・除菌措置を採用

 当社は、お客様やパートナー企業との価値共創を実践する共創拠点として、本日、共創センター「Creative Circuit™」を神奈川県川崎市の当社スマートコミュニティセンター内にオープンしました。本施設は、組織や専門性の壁を越えて多様な人たちがつながり、一人ひとりが持っている創造性を発揮して、人・企業・社会に価値が循環する未来をみんなで共創するプラットフォームです。

 当社は、2018年にスマートコミュニティセンター内に共創スタジオK416(*1) を設置しており、同スタジオで共創・協働活動の実績を積んできました。Creative Circuit™は同スタジオで得たノウハウを最大限に活かしています。
 Creative Circuit™では、オンライン・オフラインを融合させた共創・協働スペースや、創造的コラボレーションを生み出す環境、アイデアを素早く具現化できるメイカースペース(*2)を整えています。また、太陽光や部屋のあかりでウイルスを抑制・除菌・消臭する東芝マテリアル株式会社製RENECAT®(ルネキャット)(*3)を利用した光触媒施工液の壁面塗布や、有人環境下で使用できるウシオ電機のウイルス抑制・除菌用紫外線技術「Care222®」を搭載した東芝ライテック株式会社製UVee(ユービー)(*4)の設置など、様々なウイルスの抑制・除菌措置を講じています。

 多様な専門性をもつ人材が集い、創造的なコラボレーションを生み出す環境で、一人ひとりの創造性を引き出し、価値を共創する当社独自のデザイン思考「カスタマーバリューデザイン™」のプロセスを活用することで、お客様やパートナー企業のみなさまとともに、ありたい未来を描き、課題を解決していきます。

1 カスタマーバリューデザイン™


共創センター「Creative Circuit™」の概要
コンセプト:一人ひとりの創造性をつなげ、みんなで 「うれしさの循環」 をつくる
レイアウト:
特徴:
場所:神奈川県川崎市幸区堀川町72番地3
スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル) 3
面積:508.3m2
収容人数:K121名 K29名(withコロナにつき現在は半分以下の収容人数で運用)
※本施設はお客様と当社グループによる共創活動に使用するもので、一般には貸し出しをしておりません。


*1 共創スタジオK416オープン時のプレスリリース:
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2018_10/pr_j1501.htm
*2 メイカースペース:
メイカースタジオ、ハッカースペース、ハックラボとも呼ばれ、ハイテクな機械から昔ながらの道具を用いながら、「つくる」「学ぶ」「探求する」「共有する」ということが体験できるスペースのこと。3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械が常設してあります。
*3 RENECAT®:
臭いの元を分解、菌増殖やウイルス活動を抑制する光触媒。
https://www.toshiba-tmat.co.jp/res/renecat/
*4 UVee:
ウイルス抑制・除菌用UV照射器。Care222®は、ウシオ電機株式会社の子会社であるUshio
America, Inc.の登録商標です。
http://www.tlt.co.jp/tlt/products/uv_lighting/uvee_universal_downlight/uvee_universal_downlight.htm


写真1 エントランスの様子

写真2 オンライン・オフラインを融合させた共創・協働スペース

写真3 創造的コラボレーションを生み出す環境


写真4 アイデアを素早く具現化できるメイカースペース

写真5 RENECAT®を利用した光触媒施工液を壁面に塗布する様子

写真6 エントランスに設置したUVee

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社 東芝
ホームページ
https://www.toshiba.co.jp
代表者
車谷 暢昭
資本金
50,000,000 万円
上場
東証2部
所在地
〒105-8001 東京都港区芝浦1丁目1-1
連絡先
03-3457-4511

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所