農業用UGV(無人走行車両)を使った、ブドウ収穫の実験動画を公開 〜ロボティクス技術を活用し、人手不足をスマート農業で克服〜

 ヤマハ発動機株式会社は、株式会社リュードヴァン(長野県東御市祢津)のブドウ畑において、開発中のUGV※(無人走行車両)を使った収穫および運搬作業の自動化を想定した試験を実施し、その様子をyoutube公式チャンネルにて公開しました。
※UGV:Unmanned Ground Vehicle







ロボットアームでブドウを収穫する様子


ブドウ畑で自動走行するUGV


 農業の担い手の労働人口不足は、先進国全体の課題となっており、 省力化・自動化が切望される分野です。当社はロボティクス技術を応用した農業分野における自動化ソリューション提供を目指しています。多彩な動きを得意とする垂直多関節ロボットと農業用UGVの組み合わせにより、現在は人の手で行っているブドウの収穫作業の自動化実証を進めています。

 当社はこれまでに静岡県浜松市でも、農業用UGVの走行試験を行っており、他の都道府県の圃場においても走行試験、収穫のための実証実験を重ねてきました。この度の動画は、高品質にこだわり効率化にも取り組む株式会社リュードヴァンの協力の元、ブドウ自動収穫の機能・性能検証を実施した試験風景をまとめたものです。

 当社は今後も多種多様な圃場でのUGV性能評価ならびに自動化・自律化技術の評価・知見の獲得を重ねつつパートナーシップの輪の拡大・強化をはかり、国内外におけるスマート農業の実現を目指します。

農業用UGVの実験を行った当社技術チーム

■株式会社 リュードヴァン 概要
代表者  :代表取締役 小山英明
所在地  :〒389-0506 長野県東御市祢津
主な事業 :葡萄栽培、ワイン醸造、販売
URL    :https://ruedevin.jp
こだわりを持ってブドウ栽培とワイン醸造に挑む小山代表

■関連リンク
・UGVに関する過去のリリース:
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2019/0723/hamamatsu-city.html

・社会課題の解決に向けた具体的な取り組み事例(統合報告書2020より):
https://global.yamaha-motor.com/jp/ir/integrated-report/integrated2020/pdf/j_integrated2020.pdf#page=16

■お問い合わせ先:
・先進技術本部 FSR開発部 事業企画グループ
 電話:0538-32-9778

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ヤマハ発動機株式会社
ホームページ
https://www.yamaha-motor.co.jp/
代表者
日髙 祥博
資本金
8,597,300 万円
上場
東証1部
所在地
〒438-8501 静岡県磐田市新貝2500
連絡先
0538-32-1115

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所