東京工芸大学カラボギャラリーが第6回企画展「光が重なるとき、新しい色が生まれる」を開催



 東京工芸大学カラボギャラリーは2020年9月25日(金)~2021年4月23日(金)まで、同大色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」(神奈川県厚木市)において第6回企画展「光が重なるとき、新しい色が生まれる When Lights Overlap, New Colors Are Created」を開催する。入場料無料。




 同館ではこれまでに5回の企画展を開催しており、第6回となる今回は「光の干渉」をテーマとして開催する。
 タマムシやモルフォ蝶の構造色、虹やシャボン玉などの不思議で魅力的な色彩の現象を解説するとともに、これらの現象を利用したさまざまなアート作品を展示。
 光の不思議な性質によって紡ぎ出される「色彩の神秘」を体験することができる。
 また、色の国際科学芸術研究センターによる支援のもとで実施された、同大の多岐にわたる「色」に関する研究成果展示「Color Research Lab. / カラー・リサーチ・ラボ」も同時開催する。
 概要は下記とおり。



◆カラボギャラリー第6回企画展
「光が重なるとき、新しい色が生まれる When Lights Overlap, New Colors Are Created ~タマムシ・モルフォ蝶・シャボン玉の色の秘密」概要
【会 期】 2020年9月25日(金)~2021年4月23日(金)
【開館日】 月・水・金 ※不定期に開館・閉館する場合があります。
【開館時間】 13:00~16:00
【入場料】 無料
【会 場】 カラボギャラリー(神奈川県厚木市飯山1583 東京工芸大学厚木キャンパス12号館2階)
【主 催】 東京工芸大学 色の国際科学芸術研究センター
【企画展出品作家】
・Christopher marley
・Chris Wood
・菱田真史
・比江島俊浩(同大工学部教授)
【予約方法等については公式ホームページでご確認ください】
 https://www.color.t-kougei.ac.jp/events/events28_23.html



※詳細は公式ホームページでご確認ください。
 https://www.color.t-kougei.ac.jp/gallery/index.html




◆カラボギャラリーとは

 東京工芸大学は「『色』で明日を創る・未来を学ぶ・世界を繋ぐ KOUGEI カラーサイエンス&アート」の取り組みによって文部科学省の平成28年度私立大学研究ブランディング事業(タイプB)に選定され、事業の一環として「カラボギャラリー」を設置した。現在は同大の「研究センター」として、「色」をテーマに同大の特長である工学部・芸術学部教員の共同研究・制作の成果を生み出している。
 カラボギャラリーは、国内初の「色」をテーマとした常設ギャラリー。アート作品を通じて「色」の科学的・芸術的な面白さや奥深さを体験することができる。


(関連記事)
・東京工芸大学が11月19日~2020年4月25日まで第5回企画展「色と対話する展 Talking with Color」を開催 -- 「色と対話する」をテーマに5作品を展示(2019.10.28)
 https://www.u-presscenter.jp/article/post-42448.html



▼本件に関する取材問い合わせ先
 東京工芸大学 総務・企画課 広報担当
 TEL: 03-5371-2741
 E-mail: university.pr@office.t-kougei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
東京工芸大学
ホームページ
https://www.t-kougei.ac.jp/
代表者
吉野 弘章
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
連絡先
046-242-9600

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所