スケッチブックのマルマン創業100 周年 大好評につき、第二弾限定グッズ発売決定! 2020年9月25日(金)発売

マルマン創業日9月21日は、「スケッチブックの日」として記念日に認定!

創業以来「紙」にこだわり続ける文具製造・販売会社のマルマン株式会社(代表取締役社長 井口栄一、以下マルマン)は、2020年の創業100周年を記念し2020年9月25日(金)より、100周年限定グッズ第二弾を発売いたします。キャンペーンも開催予定。また、マルマン創業日を記念し、「スケッチブックの日」が新たに認定されました。



◆復刻版も登場! 100 周年限定グッズ第二弾
5月に発売した、マルマン100周年を記念した限定グッズのご好評により、第二弾の限定グッズが登場。第二弾は、懐かしいあの商品や人気のあの商品を様々なグッズにしたアイテムを8種類発売します。思わず揃えたくなる、レトロなラインアップで、歴代の人気バインダーやルーズリーフが小さくなって復刻。見たこと、使ったことのあるデザインは、世代を超えて多くの方にお楽しみいただけるラインアップです。詳細は、9/17オープンの特設サイトよりご覧いただけます。
http://www.e-maruman.co.jp/maruman100th/item/

【100thマルマン×ミニミニバインダー】 (全3種)
手のひらサイズの小さなバインダーです。1971年に発売し、話題となった「do it yourself!」柄も小さくなって復活!
 

【100th マルマン×ミニミニルーズリーフ】 (全2 種)
歴代のルーズリーフのパッケージが手のひらサイズになって登場。筆記用紙と画用紙の2 種類のアソートパックにて発売。
  

【100thマルマン×カレンダー】
卓上カレンダーとしても使える、スケッチブックのカレンダーです。表紙付きなので、描いた1年間の思い出も保管できます。


【100th マルマン×YOJO テープ】 (全2 種)
手で簡単に切れ、水に強く、貼って剥がすことのできるデザイン入りのYOJO テープが登場。
身の回りの物をかわいくアレンジできます。


◆マルマン創業日9 月21 日は「スケッチブックの日」として記念日に認定!
 
日本を代表するスケッチブックの会社マルマンの創業日にあたる9月21日が「スケッチブックの日」として、この度 一般社法人日本記念日協会に認定されました。
記念日の制定に伴い『祝☆スケッチブックの日制定!画像投稿キャンペーン』を実施します。
<概要>
期間:2020年 9月 21日( 月)~ 2020年 9月 30日 (水)
当選人数:合計 16名様( Twitter Instagramそれぞれ 8名様)
賞品:グランプリ賞 「名前入り!制定記念スケッチブック 50冊」(計 2名)
   準グランプリ賞 「スケッチブックの詰め合わせ 10冊」(計 4名)
   特別賞 「限定缶バッジ2個セット」 (計 10名)
URL:http://www.e-maruman.co.jp/sketchbookday/

◆ありがとう100 周年!感謝を込めたスペシャルキャンペーン
マルマンは、100周年を記念し皆様に感謝の気持ちを込め、キャンペーンを実施予定です。
詳細は、100周年特設サイトにて順次掲載いたします。
http://www.e-maruman.co.jp/maruman100th/

<本件に関するお客様のお問い合わせ先>
マルマンお客様相談室: TEL03-5925-6155
受付時間 9: 00-17: 00 ※土・日・祝日除く
マルマンホームページ: http://www.e-maruman.co.jp/
本件に関するお問合わせ先
本件に関するお問合わせ先
<本件に関する報道関係者様のお問い合わせ先>
マルマン株式会社 担当:マーケティンググループ 小中、佐藤
TEL:03-5925-6162 / e-mail:m-konaka@e-maruman.co.jp

マルマンPR事務局(株式会社プラップジャパン) 担当: 大村、須藤
〒107-6033 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル33F 私書箱562号
TEL: 03-4580-9101 / FAX: 03-4580-9127 / E-mail: maruman_pr@ml.prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
マルマン株式会社
ホームページ
http://www.e-maruman.co.jp/
代表者
井口 栄一
資本金
4,900 万円
上場
未上場
所在地
〒164-0011 東京都中野区中央2-36-12
連絡先
03-5925-6150

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所