「猫用 グリニーズ(TM) 皮膚・被毛ケア*1スナック」を新発売

健康ケアに配慮したおやつ、猫用 グリニーズ(TM) の新ラインアップ
~ 自然由来*2の必須脂肪酸を配合し、愛猫の輝く被毛と健やかな皮膚をサポート ~

マース ジャパン リミテッド(本社:東京都港区、社長:後藤真一、以下、「マース ジャパン」)は、愛猫の健康維持をサポートするおやつを展開するブランド「猫用 グリニーズ™」から、新たに「猫用 グリニーズ™ 皮膚・被毛ケア*1スナック」を10月5日に出荷開始し、順次、全国のペット専門店で発売します。

「猫用 グリニーズ™ 皮膚・被毛ケアスナック」

「猫用 グリニーズ™ 皮膚・被毛ケア*1スナック」は、グリニーズ™独自の比率で自然由来*2の必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)を配合し、愛猫の輝く被毛と健やかな皮膚をサポートするおやつです。また、主原料に100%自然素材を使用し、凝縮したチキンやサーモンのおいしさに加え、外側のカリッとした食感と、中に入ったクリームのとろける食感の2種類が楽しめる愛猫が喜ぶおやつに仕上げています。おやつでありながら成猫用総合栄養食の基準をクリアしているため、栄養バランスを崩す心配をすることなく与えられます。

この「猫用 グリニーズ™ 皮膚・被毛ケア*1スナック」の発売により、「猫用 グリニーズ™」のラインアップは、噛むことで歯垢の沈着を抑える「歯みがき専用スナック」、毛玉の形成を抑えて健康な毎日をサポートする「毛玉ケアスナック」と合わせて3種類に広がります。マース ジャパンは、愛猫に合わせて健康ケアに配慮したおやつの選択肢を増やすことで、「ペットのためのより良い世界(A BETTER WORLD FOR PETS)」の実現を目指します。

*1 健康維持による
*2フィッシュオイル、亜麻仁


<「猫用グリニーズ™ 皮膚・被毛ケア*3スナック」>

製品特長
•グリニーズ™独自の比率で自然由来*4の必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)を配合し、
愛猫の輝く被毛と健やかな皮膚をサポート
•カリッとクリーミーの2つの食感にチキンやサーモンのおいしさを凝縮
•主原料は100%自然素材。自然由来の酸化防止剤を使用
•おやつでありながら成猫用総合栄養食の基準を満たす

*3健康維持による 
*4フィッシュオイル、亜麻仁





猫用 グリニーズ™について
「猫用 グリニーズ™」は、大切な愛猫におやつの喜びとともに健康上の価値を届けるブランドです。輝く被毛と健やかな皮膚をサポートする「猫用 グリニーズ™ 皮膚・被毛ケア スナック」、毛玉の形成を抑え、健康な毎日をサポートする「猫用 グリニーズ™ 毛玉ケア スナック」、噛むことで歯垢の沈着を抑える「猫用 グリニーズTM 歯みがき専用スナック」のラインアップを揃えています。「歯みがき専用スナック」は、米国獣医口腔衛生協議会(VOHC)*より、歯石の蓄積のコントロールを助ける効果があることが承認されている猫用歯みがき専用スナックです。(2020年1月現在)グリニーズ™のホームページは、http://greenies.jp/
*米国獣医口腔衛生協議会(Veterinary Oral Health Council、VOHC)は、米国の獣医歯科医師や歯科学研究者で構成されている犬猫用のオーラルケア製品の効果を第三者の立場で審査する機関

マース ジャパン リミテッドについて
マース ジャパン リミテッドは 1975年に設立、ペットフード事業とスナック菓子事業(スニッカーズ®やM&M’S®、BE-KIND®(ビー・カインド®)など)を展開しています。ペットフード事業では、「ペットのためのより良い世界(A BETTER WORLD FOR PETS)」の実現を目指し、カルカン®ウィスカス®、アイムス™、シーザー®、シーバ®、ペディグリー®等のトップブランドや、ニュートロ™、グリニーズ™などの主に専門店で扱われているブランドを展開しています。国内従業員数は約 320名。親会社のマース インコーポレイテッドは、世界 80以上の国と地域で事業を展開。世界における年間総売上高は 約350億米ドルで、その製品は世界中で販売されています。総従業員数は約 12万5千名。
マース ジャパン リミテッドのホームページは、 http://www.marsjapan.co.jp


この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
マースジャパンリミテッド
ホームページ
http://www.marsjapan.co.jp
代表者
シュミット カプーア
上場
未上場
所在地
〒108-0075 東京都港区港南1-2-70品川シーズンテラス7F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所