暖色はトランペットを、無彩色はピアノを国籍を超えて連想~芝浦工業大学がアプリ開発のために色から連想する音を調査~



芝浦工業大学(東京都港区/学長:村上雅人)デザイン工学科4年松山聖太は、レゲエ歌手でアプリ開発者のDOZAN11氏(元・三木道三)、株式会社ビジョナリスト三木学氏、株式会社ディーバ青柳臣一氏、芝浦工業大学日高杏子准教授と共に、色彩から連相する音を日本語と英語で124名へアンケート調査。5カ国出身の外国人(アメリカ・台湾・ブラジル・オランダ・インド)と日本人は共通して、暖色はトランペット、無彩色はピアノと連想し、国籍・人種・言語を超えて共通することが分かりました。




ポイント
・暖色はトランペットなど高い音の楽器、無彩色はピアノの連想が日本語・英語両方から票を集めた。
・オンラインアンケート調査は、12色からイメージする楽器を調査。日本語79名、英語45名からデータを抽出。



<アンケート結果>
 日本語と英語のアンケートを2種類作成し、12色からイメージする楽器を調査。人は色彩や音を過去の経験を元に連想しています。そのため、生活環境や言語による違いがあるのか、日本語話者79名と英語話者45名で比較しました。暖色はトランペットなど高い音の楽器、無彩色はピアノの連想が日本語・英語両方から票を集め、言語による違いはありませんでした。寒色は日本語・英語共に、顕著に連想される特定の楽器はなく、相違点も少ない結果となりました。


<今後の展開>
 この調査結果は、「mupic」のバージョンアップに反映させるほか、知育玩具などのアルゴリズムを使う音楽のAI自動生成に役立ち、色に音を割り振るアプリ全般、デバイス全般の開発にも応用できます。



<芝浦工業大学 色彩・コミュニケーションデザイン研究室>
 デザイン工学部デザイン工学科 日高杏子准教授、配属学生10 名
■ 研究室スローガン 「色彩は言葉より多くを語る」
 色彩・コミュニケーションデザイン研究室の主な研究テーマは、色彩語、表色系、広告、字幕、映像、ゲーム、インタラクティブ・デジタルアート。
【参考】「mupic」 https://mupic.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
 芝浦工業大学 経営企画部企画広報課 担当:柴田
 〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14
 TEL: 03-6722-2900
 FAX: 03-6722-2901
 E-mail: koho@ow.shibaura-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
芝浦工業大学
ホームページ
http://www.shibaura-it.ac.jp/
代表者
村上 雅人
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒135-8548 東京都江東区豊洲3丁目7-5
連絡先
03-5859-7000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所