Aruba、デジタルトランスフォーメーションでのインテリジェント・エッジを実現し、 ビジネス成果につなげる、業界初のクラウドネイティブ・プラットフォームを提供開始

新プラットフォーム Aruba Edge Service Platform (ESP) が、
AI とオートメーションを駆使し “第六感” を搭載したネットワークを構築
ニューノーマルにおいて、目まぐるしく変化する組織のニーズに対応


2020年6月18日発表
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company (NYSE: HPE)は本日、業界初のAIとオートメーションを駆使したクラウドネイティブなプラットフォームを発表しました。”第六感”を連想させる本プラットフォームは、ネットワークに問題が生じる前に事象を予測し、自動的に解決まで行います。Aruba ESP(エッジ・サービス・プラットフォーム)は、(1)AIOps、(2)ゼロトラスト・ネットワーク・セキュリティ、(3)キャンパスLAN、DC LAN、無線LAN、SD-WAN、リモートアクセス(VPN)、IoTなどの一元運用管理を実現する統合インフラストラクチャの3つの要素で構築され、多数のドメイン間を横断するデータ分析、SLA追跡、異常検出、自動最適化を24時間365日継続するオールインワン型プラットフォームです。Aruba ESPは、エッジでクラウドエクスペリエンスを提供できるよう設計されており、ユーザー企業内でのNaaS(Network as a Service)、またはパートナー様、あるいはArubaによるNaaSを、クラウド、またはオンプレミスで利用できます。また、日本HPファイナンシャルサービス株式会社が提供する柔軟なファイナンシャルオプションを活用することも可能です。
ニューノーマルにおいて、刻々と変化するビジネスや働く環境に対し、企業ITは柔軟かつ迅速に適応することが求められています。また、IoT、AI、自動化によって高度化されていくこのデータ分析の時代において、効率とエスペリエンスを向上させ、新しいビジネス成果へ結びつけるには、エッジで発生する新しいタイプのアプリケーションや負荷に対応し、エッジで生成される膨大なデータをリアルタイムに分析し、インサイトの提供および処理することが求められます。この優れたエッジに必須となるのは、IoTデータを安定して捕捉、送信できるネットワーク基盤であり、同時に人間の能力を超える収集・分析能力をもつネットワークテレメトリです。これらは、AIを応用したセキュアなインフラを構築することで、人間の介在がなくても自動的に、差し迫ったリスクを予め特定し、的確な推奨解決策を提示し、アクションに変えられるようになります。Aruba ESPは、ネットワーク、ユーザー、デバイスのインサイトを分析しながら学習しさらに適応していきます。情報を知識に変え、ネットワーク自体が問題を検出して解決できるよう進化し、最終的にユーザーやビジネスが影響を受ける前に問題を予測できるようになります。

エッジのメリットを十分に実現するために、IT部門は、ネットワークで問題が起こる以前の段階で能動的に予測、特定、解決することができるAIによる「第六感」を備えたプラットフォームを活用すべきです。Aruba ESPは、クラウドネイティブの単一プラットフォームを提供することで、現代の企業の変革を加速させ、事業継続をサポートします。プラットフォームはオンプレミス型かクラウド型のいずれも選択でき、キャンパスからクラウドまで企業の全ての社内インフラをセキュアに守り、統合します。Aruba ESPのコアとなっている設計思想は以下の通りです。
  • AIOpsは、Aruba ESPを構成する主要な要素で、AIとアナリティクスにより根本原因を瞬時に特定し、ネットワークに生じうる問題を自動修正します。また、ユーザーエクスペリエンスの積極的な監視、障害の発生を未然に防止するネットワーク調整、さらには、ピア ベンチマーキングと推奨事項の活用によりネットワークを常に最適化し保護します。あるお客様での実証実験では、AIOpsを使用することで、スループットのキャパシティが15%増加し、問題解決時間が90%近く短縮されたことでエンドユーザーとIT部門のエクスペリエンスが大幅に改善されました。
  • 統合インフラストラクチャ:キャンパス、データセンター、ブランチ、リモートオフィスに渡るすべてのスイッチ、Wi-FiおよびSD-WANの運用をAruba Centralに集約します。Aruba Centralは、クラウドネイティブで画面一つで管理できるコンソールで、クロスドメインのイベントを関連付け、問題の解決時間と手動エラーを減らします。さらに、Arubaの統合アーキテクチャでは、コントローラをクラウドに配置できるため、エンタープライズの全域にわたって最高度の柔軟性を発揮します。
  • ゼロトラストネットワークセキュリティは、ロール(役割)ベースのアクセス技術、ダイナミック・セグメンテーション、IDベースの侵入検出の機能を統合して搭載しています。これにより、ネットワークに接続するすべてのユーザーとデバイスを認証、承認、制御すると同時に、ネットワークへの攻撃がビジネスに影響を及ぼす前に防止、隔離、停止します。
米ジェームズ・クック大学のシニア・インフラストラクチャ・エンジニア、ロン・ガードナー氏は次のように述べています。「私たちの大規模なネットワークは、複数のキャンパスと研究拠点にまたがります。学生、教員、研究者の接続と生産性を高く維持するため、パフォーマンス要求の高いアプリケーションを実行しています。このため学内のインフラ管理には、クラウド主体のアプローチを選択しました。Aruba CentralとArubaOSのエンハンスメントのおかげで、管理をシンプルにするための可視性とインサイトが得られ、機器の設置スペースは縮小し、広大なキャンパスと分散した多くの拠点をクラウドからセキュアに管理できるようになりました。結果、管理に支障が出る前に先回りして問題を特定し、対処できるようになりました」

株式会社日立システムズ 執行役員 サービス・ソリューション事業統括本部長 前田貴嗣氏は、次のように述べています。
「日本ヒューレット・パッカードAruba事業における本日のAruba ESP(Edge Service Platform)の発表を心より歓迎します。IT、OTを取り巻くネットワーク環境は、デバイスを含め多様化、複雑化が進んでおり
安定したネットワーク運用を実現することについて、お客様は日々悩まれています。弊社はArubaの製品・ソリューションを多くのお客様に提供してまいりました。これらの製品・ソリューションをAruba ESPに発展させ、今までよりも更にお客様ネットワークの運用負荷低減を実現出来ることは、とてもメリットがあります。また今後弊社がサービス提供を拡大していく上でも、最適なアーキテクチャだと考えています。Aruba ESPのコンセプトを元にArubaの最新技術をお客様にお届けすることで、お客様が直面されている課題解決に貢献出来ることを期待いたします」

株式会社IIJグローバルソリューションズ 代表取締役社長 岩澤 利典 氏は次のように述べています。
「IIJグローバルソリューションズでは長年にわたり提供してきたWANサービスを生かしながら、Aruba CentralをコアコンポーネントとしたLANサービス “IIJセキュアLANソリューションwith IIJ Omnibus”を提供しております。LANネットワーク自体もas a service化するというお客様ニーズはグローバル化並びにクラウド化が進む中で年々大きくなっております。この度、Aruba ESP(Edge Service Platform)の位置付けで、更なるAruba Centralへの投資・機能拡充・プラットフォーム化が発表されました。これはIIJグローバルソリューションズがより良いサービスを提供する事に大きく寄与すると確信しております。With Pandemic, New Normalと世界の転換期に向けお客様課題の解決が急務になっているため、Arubaの強力なテクノロジーを活用し、更に付加価値の高いソリューションを提供し続けて参ります」

Aruba ESPの新たなイノベーション

Aruba ESPは、業界一拡張性に優れたクラウド・ネイティブでフルスタックの有線、無線、SD-WANプラットフォームで、一元管理と制御のため多彩なネットワーク機能を統合しました。ひとつのArubaインフラストラクチャで最適化されるとともに、さまざまな他社のソリューションやサービスと統合できるオープン標準規格に準拠しています。本日発表した革新的技術のいくつかを下記に紹介します。
  • あらゆる企業規模に対応するクラウドネイティブ管理– Aruba Centralは現在既に6万5千のお客様のミッション・クリティカルなネットワーク上で稼働しています。お客様はこれを新しいArubaOSサービスと組み合わせて、業界唯一の、コントローラを必要としないクラウドベースのプラットフォームとして利用することで、オンプレミスまたはクラウドでの利用を問わず、キャンパス、データセンター、ブランチ、在宅・リモートオフィスに利用されるあらゆるサイズの有線、無線、SD-WANのインフラをフルスタックで管理、運用できます。
  • 統合インフラでこそ可能になる日々の運用の合理化– Aruba ESP経由での共通データレイクにアクセスできるため、最新バージョンのAruba Centralのナビゲーションはよりシンプルになりました。また、高度な検索機能、コンテキストベースのビューも強化され、。単一のコントロールポイント(SPOC)を通じて多元的な情報を表示します。これにより、膨大な数のドメインやロケーションを横断する情報の収集と関連付けを行うために必要だった個別多種のツール類は実質不要になります。
  • AIと自動化による問題解決までの時間短縮– Arubaは、Aruba AirMatchなどの独自のテクノロジーに代表されるように、AIを 応用した最新技術をいち早く実用化・商用化することで高い評価を得てきました。Arubaの新AIインサイトは、1日当たり750,000以上のネットワークデバイスから生成される15億 超のデータポイントのモデリングデータに基づき、ネットワーク構成上に生じる人間には発見困難な諸問題を特定し、根本原因、推奨事項を提供し、自動修正を行うことでネットワークを常に最適な状態に管理します。これによりトラブルシューティングに要していた時間を大きく短縮することができます。
  • IT部門の業務効率化をAIが支援 Aruba Centralでは、自然言語処理によるデータ発見サービスAI Searchが加わりました。これにより、ITチームはシンプルな英語のクエリを使用して統合されたデータレイクから包括的なユーザーおよびデバイスデータを抽出でき、いわゆる「回転椅子的な(収拾のつかなくなる)調査」に陥ることなく、即座に問題解決に向けたアクションに移れるようになります。トラブルチケットが必要な場合、AI Assistは関連するすべてのデータを自動的に収集し、内部ヘルプデスクとAruba TACの双方に関連付けます。
  • アプリケーション、デバイス、ネットワーク全体のより詳細な可視性–Aruba Centralの機能強化により、Network AnalyticsEngineからの分析とUser Experience Insightからのユーザー視点の分析により、クライアント、アプリケーション、およびネットワークパフォーマンスの問題をより迅速に特定します。
  • 次世代スイッチングの分散型・中規模企業への拡大–企業のエッジ変革をサポートするため、ArubaはCXスイッチのラインナップにAruba CX 6200スイッチ・シリーズを展開します。この新シリーズでは、解析機能と自動機能を標準装備して、ユーザーとデバイスが最初に出会う各ネットワークエッジに提供し、より効果的にビジネス成果につなげるインサイトを生成します。CX 6200スイッチ・シリーズでArubaのエンドツーエンドのCXスイッチポートフォリオはさらに充実し、企業のキャンパス、ブランチのアクセスレイヤーからデータセンターまで、単一のオペレーティングモデルで実行できるようになります。
  • 新しい開発者ハブによりイノベーションを継続的に発展–Arubaは、開発者向けの包括的なリソースとなる開発者ハブを導入します。開発者ハブは、Aruba ESPオープンプラットフォームを活用し、革新的な次世代エッジアプリケーションを効率的に開発できるAruba APIとドキュメンテーションが含まれます。
インテリジェント・エッジのパワーを求める組織の、ビジネスや技術上のニーズに対応するため、Arubaはさまざまな導入方法を用意しています。HPE GreenLake for Arubaの「as-a-Service」や、日本HPファイナンシャルサービス株式会社の幅広いお支払いオプションを利用した Aruba ESPでの購入も可能です。

米ヒューストン大学の情報技術ESネットワークインフラストラクチャ管理者のブランドン・ストラットン氏は次のように述べています。「私たちのインフラの規模と、エッジで生成される莫大なデータ量から、ネットワークを自動で特定、修正、微調整する方法が必要でした。Arubaの高い専門知識とAIを活用したソリューションによるアプローチ、例えばNetInsightなどはとても実用的で、キャプチャしたインサイトを解析し、それに対応することができるようになりました」

HPEのインテリジェント・エッジ部門プレジデント兼Aruba Networks創業者のキルティ・メルコーテはこう述べています。「インテリジェント・エッジは、投資したテクノロジーを最強の武器として活用し、変革を加速して確実に事業を継続させたいと望む組織と企業にとって、無限の可能性を引き出す起爆剤となるものです。接続、保護、解析、処理のArubaの基本理念の基に築かれたAruba ESPは、長期のイノベーション、研究開発、Arubaならではの発想、そしてこれが最も重要ですが、大切なお客様からの情報提供によって到達した集大成です。お客様からの忌憚のないフィードバックや鋭い観点のおかげで、このプラットフォームが"第六感を搭載した"ネットワークになったのです」
##
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyについて
Aruba, a Hewlett Packard Enterprise companyは、全世界のあらゆる規模の企業に次世代ネットワーク・ソリューションを提供する主要プロバイダです。モバイルに精通し、仕事やプライベートのあらゆる場面でクラウドベースのビジネス・アプリを活用する新世代の能力を企業が最大に引き出せるよう支援するITソリューションを提供しています。Arubaについての詳細は、http://www.arubanetworks.com/ja/ をご覧ください。また、Airheads Social(http://community.arubanetworks.com)では、モビリティとAruba製品に関する最新の技術的討論を覧いただけます。

© 2020 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company
Aruba Networks®, Aruba The Mobile Edge Company® (stylized), Aruba Mobility-Defined Networks™, Aruba Mobility Management System®, People Move Networks Must Follow®, Mobile Edge Architecture®, RFProtect®, Green Island®, ETips®, ClientMatch®, Virtual Intranet Access™, ClearPass Access Management Systems™, Aruba Instant™, ArubaOS™, xSec™, ServiceEdge™, Aruba ClearPass Access Management System™, Airmesh™, AirWave™, Aruba Central™, ARUBA@WORK™を含むAruba Networksの商標はすべて登録済です。
その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産権です。
本件に関するお問合わせ先
日本ヒューレット・パッカード株式会社 マーケティング 宮川
Email:aruba.marketing@hpe.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ホームページ
http://www.arubanetworks.co.jp/
代表者
吉田 仁志
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒136-8711 東京都江東区大島2-2-1
連絡先
03-5749-8372

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所