もちもち食感が病みつき!コロナ終息を願い、京の行事食“水無月”を食べよう!!横浜高島屋で“水無月”の販売開始!!


■販売期間:販売中→30日(火) 各日午前10時から午後8時まで
■販売場所:横浜高島屋 地下1階特設会場・和菓子売場 ※一部ブランドにより、販売期間が異なります。

“水無月”とは、1年の残り半分の無病息災を祈念する夏越(なごし)の祓(はらえ)(6月30日)に食べる京都発祥の和菓子のことです。三角の形のういろうの上に甘く煮たあずきが散らされた 、もちもち食感の“水無月”。三角の形は暑気を払う氷を表し、小豆の赤色は厄除けの意味があるといわれており、コロナ禍において、無病息災を願う方からの需要を見込んでいます。また、在宅時間の増加により、季節感を味わえるような歳時記や行事食を家族で楽しむ傾向が強くなっていることから、横浜高島屋では、夏越の祓をおこなう6月30日(火)に合わせ“水無月”の販売を開始。京都の老舗<笹屋伊織>や<五建ういろ>など、例年以上の酷暑と予想される今夏おすすめの10種類以上を取り揃えます。

【商品の一例】

■<京都・笹屋伊織>水無月 白・黒糖…各税込292円
もちもちとした生地には甘く煮た小豆がたっぷり。通常の白い生地に加えて、黒糖風味の黒生地もご用意。



■<京都・五建ういろ>水無月…税込173円
創業時より、ういろう専門店として名を馳せる<五建ういろ>が横浜高島屋に出店。厳選された材料をつかった手作りのういろうが魅力的です。



■<京菓子処 吉廼家>水無月…税込195円
京の四季折々の自然を和菓子に閉じ込め、昔と変わらぬ味を提供する<京菓子処 吉廼家>から素朴な味が飽きない“水無月”をご紹介。



■<仙太郎>水無月 白・黒(2個)…税込454円
素材にこだわり、製法にこだわり、こだわりを重ねた<仙太郎>の“水無月”。白・黒どちらも人気です。



■<たねや>水無月(2個入)…税込756円
滋賀県近江八幡市に本社を置く老舗菓子店がつくる“水無月”。柔らかい口あたりの葛製外郎に大粒の小豆をのせました。



■<とらや>白水無月・水無月…各税込238円
室町時代に京都で創業し、東京遷都にともない東京にも進出した老舗<とらや>からも“水無月”が登場。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社高島屋
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/
代表者
村田 善郎
資本金
5,602,512 万円
上場
東証1部,大証1部
所在地
〒542-8510 大阪府大阪市中央区難波5丁目1-5
連絡先
06-6631-1101

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所