近大発学生起業支援プログラム「OKonomi2020」 ビジネスアイデア審査会の合格チームに30万円の法人設立資金を授与



近畿大学(大阪府東大阪市)は、東大阪キャンパス内の学術施設「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」を拠点として、起業家の育成に力を入れています。
令和2年(2020年)5月22日(金)から、近大発ベンチャー企業の創出に向けて、学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」を開始します。本プログラムは令和元年度(2019年度)から実施しており、昨年は5件の法人化を支援しました。




【本件のポイント】
●ビジネスアイデア審査会で合格した起業をめざす学生に法人設立資金30万円を授与
●ビジネスの分野別専門家(メンター)の指導の下、学生に個別の成長支援サービスを提供
●開始初年度となった昨年は5件の法人化を支援、今年度は10件の法人化をめざす

【本件の内容】
本プログラムは、近大発ベンチャー企業の創出をめざして開講するもので、起業をめざす学生に対し、専門家(ベンチャーキャピタル、起業家等)による審査会を経て、分野別専門家(メンター)による成長支援と法人設立の資金支援を実施します。
学生は、全6回開催されるビジネスアイデア審査会に参加し、そこでビジネス性が認められると、個別の成長支援サービスを受けることができます。ビジネスの内容によって、「ベンチャービジネス型」「スモールビジネス型」「アトツギ(後継ぎ)ビジネス型」に分類し、メンターが指導にあたります。その後、実行可能なビジネスモデルであるか、再度、専門家による審査を行い、合格チームに30万円の法人設立資金を授与します。
本プログラムを通じて学生起業家予備軍の背中を押し、令和2年度(2020年度)は10件、今後5年間で100件の学生起業家の輩出をめざします。

【プログラム名称の由来】
「OKonomi(おこのみ)」というプログラム名は、大阪名物の「お好み焼き」をイメージして名付けました。「お好み焼き」の形や具材、味付けは、焼く人の好みによって自由ですが、「起業」も同じで、学生それぞれの個性と想いが自在に表現されるべきである、という考えからネーミングしました。

【開催概要】
日  時:令和2年(2020年)5月22日(金)開講(全6回)
     第2回 7月22日(水)/第3回 9月25日(金)
     第4回 11月27日(金)/第5回 1月22日(金)
     第6回 3月19日(金)
     各回 18:30~21:30
開催方法:新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、当面はZoomを使ったオンラインで実施
参加者 :近畿大学学生(全学部対象) 20~30チームの参加を予定

【ビジネスアイデア審査】
審査内容:ビジネスモデルの実現可能性について
審査方法:10分間のビジネスプレゼンテーション、10分間の質疑応答
審査員 :ベンチャーキャピタル、起業家等の専門家
審査基準:事業の成長性、事業の共感性、社会課題解決性、事業環境の理解度、起業家人物像について採点
支援内容:合格チームに法人設立資金として30万円を授与

【昨年度の起業実績(5件)】
・Ruten株式会社
自然豊かな地域に点在した多拠点型シェアサテライトオフィス事業を展開
https://ruteninc.com/

・株式会社404DESIGNERS
オンラインでリデザインを学習するサービス「404app」とウェブギフトサービス「ONEGIFT」を展開
https://company.404design.app/

・株式会社Velonics
ロードバイク用ABS(アンチロックブレーキシステム)の開発及び自転車関連部品の開発・製造

・株式会社マイユニ
LGBTQ当事者向けのコミュニティ運営事業や理解の促進のための講演会の開催等

・D harbor株式会社
店舗を増やしたい飲食店とキッチンの空き時間を活用したい者のマッチングプラットフォームを運営 関連URL:https://www.kindai.ac.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
近畿大学
ホームページ
http://www.kindai.ac.jp/
代表者
細井 美彦
上場
未上場
所在地
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所